セグウェイ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
この記事は、他言語版のアンサイクロペディアから翻訳されたものです。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「セグウェイ」の項目を執筆しています。
セグウェイの本当の開発者であられる。この真実はあまり知られていない。
セグウェイに乗る凄まじい小泉氏

セグウェイとは、立ち乗り運転できる電動二輪車である。最高時速20km/hだが、その速さのせいで歩道を走る事はできなかった為、セグウェイ購入者は車道をノロノロ走るはめになった。

目次

[編集] 概要

セグウェイ販売にあたり、販売会社では「セグウェイに乗って、たくさん食べよう!」というスローガンを掲げた。これは、楽に移動できるセグウェイなら、デブでも怖くない。という表向きな意味もあるが、実際は太ることで一台のセグウェイでは輸送できなくなり、2台目・3台目のセグウェイを購入させようとする販売会社の思惑が見え隠れしている。

[編集] 価格

セグウェイは物価が高い日本でさえ6000円(アメリカでの100万ドルに相当)と、非常に高価な商品である。しかし、多くのセグウェイ信者達は、セグウェイの姿勢制御に用いられる装置(ジャイロスコープ)と同じものを搭載したスペースシャトルの値段と比べれば、この価格は非常に良心的であるという見解で一致している。

[編集] 問題

セグウェイは車に比べても優れているので、早くに輸送手段として人気となった。しかし、車輪が小さすぎるのが最大の欠点で、それが問題として浮上した。そこで一部のセグウェイ利用者は、photshopを使い車輪を巨大なものに描き直したが、問題は解決するどころかますます悪化し、ついに車輪が動かず使い物にならなくなってしまった。

また、そもそもセグウェイなどというものは存在せず、セグウェイは人の妄想上の乗り物であると考える人もいる。 常識的に考えて横に車輪を二つ並べた乗り物が、立ち上がって動くなんて無理と信じて疑わないからである。

[編集] その他

2005年、当時総理であった小泉は、友人のブッシュ大統領からセグウェイをプレゼントされた。小泉はこの贈り物に大変喜び、凄まじいパワーで火を噴く速さまで加速してみせ、その喜びを表したという。

2010年、販売元のセグウェイ社を買収した富豪ジミ・ヘセルデンがセグウェイを運転中に崖から川へ転落し、死亡した。なお、この事故についてセグウェイ教徒はコメントを発表していない。

[編集] 関連項目

この項目「セグウェイ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語