セリーヌ・ディオン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「セリーヌ・ディオン」の項目を執筆しています。

セリーヌ・ディオン(英:Celine Dion v2.03)は、カナダ連邦政府およびケベック州政府の主導で開発・製造が行なわれた、第三世代型人造人間の最初のプロダクションモデル。歌唱全般、およびステージパフォーマンスに特化された仕様となっており、そのあまりに人間的な立ち振る舞いから、実はヒトではないかとの噂も絶えないが、歴とした人工物である。一回のセットアップにつき、連続5年間の稼動、最大で約725回の完璧なステージを敢行することができる。

初期インターフェイスはフランス語のみであったが、ベルリッツ社(Berlitz International, Inc)によるプラグインを導入することで、英語にも対応した。なお、「セリーヌでイーオン」などの都市伝説が囁かれたこともあったが、実際には、イーオン社は全く開発に携わっていない。

クライスラー社(Chrysler LLC)との共同開発タイプは日本のみで限定生産され、世界中のユーザーからの羨望の的となった。なお、同タイプの開発担当責任者は、日本人の太郎博士(Taro Hakase)である。

2005年には、その功績を称えて「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム」に名前を刻まれたが、これはゴジラあのネズミあのクマの名前が刻まれたのと、ほぼ同じ根拠によるものである。

目次

[編集] リリースバージョンの概略

  • 1.0 - ファーストリリース。(1981年)
  • 1.1 - 多言語化インターフェイス実装。(1983年)
  • 2.0 - インターナショナルバージョンの正式リリース。(1991年)
  • 2.0.1 - D型装備にオプション対応し、水中での活動が可能となる。(1998年)
  • 2.0.2 - 動力部の見直しにより、最大活動時間が延長される。(2003年)
  • 2.0.3 - 4年ぶりのアップデートバージョン。(2007年)

[編集] 主な活動・功績

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

[編集] 姉妹機・後継機

[編集] 関連項目


NOW LOADING .... Loading bar blue.gif
セリーヌ・ディオンの執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語