セルビア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「セルビア」の項目を執筆しています。

セルビア共和国(Република Србија)は、東ヨーロッパのバルカン半島にある国家首都ベルゴロドである。マイナーな国なのであまりよく知られていないが、泣く子も黙る元ユーゴスラビアの中核を成していた国である。20世紀末にはユーゴスラビア紛争を戦ったが、敗北して領土を召し上げられた。

国土[編集]

これが未来のセルビア! 将来はセ欧戦争がおきて、この領土範囲が実現される予定である。

国土は、首都のベルゴロドを取り巻くごく狭い一帯である。しかしながら、これは先のユーゴスラビア紛争の敗戦の結果による腐った連中による不当な領土分割であり、本来の領土にはコソヴォ、ヴォイヴォディナはもちろん、ボスニアやクロアチアも含まれなければならない。セルビアの正当な本来の領土は上の図の通りであることに注意しなければならない。不当に領土を分割された現在のセルビアは、クロアチアボスニア・ヘルツェゴビナコソボ(コソボの独立は不当です!)、アルバニアブルガリアハンガリー等、概ね腐った連中に取り囲まれている。まともな隣国はルーマニアのみとなっている。

地図の上に未来の国境線を展開するのはセルビアでは伝統的な文化として定着している。確認できるなかでは、19世紀にヴク・カラジッチがこのようなことをしていたことが知られている。このようにして地図の上に引いた理想的な国境線を、武力で実現しようとするとアメリカ様に空爆されるので、21世紀においては厳に慎まなければならない。しかしながら、地図の上に正当な本来の国境線を描き出すことはセルビアの伝統文化であり、これからも維持されていくと思われる。

歴史[編集]

セルビアは歴史的には、バルカン半島西部の大半を支配下に置いていた強国であったが、強国であったゆえに周辺の極悪非道な蛮族どもによってたびたび侵入を受け、その度ごとに多くのセルビア人が虐殺され国は破壊され略奪される被害を受けている。14世紀には極悪非道のオスマン・トルコが侵入した。20世紀はセルビアの受難の世紀であり、第一次世界大戦では極悪非道のオーストリア=ハンガリー帝国が、第二次世界大戦では極悪非道のナチス・ドイツ、ファシストのイタリア、虐殺魔のクロアチア独立国、無知蒙昧な蛮族ブルガール族などが侵入し、国土は荒廃した。このようなおぞましい蛮族の支配と戦い、セルビアを救ったのがヨシップ・ブロズ・チトーである。チトーはクロアチア人であるが、クロアチアは本来はセルビアの一部であるため、クロアチア人はセルビア人の一部であることに注意しなければならない。チトーの魔法の力によって憎しみあっていた各民族はひとつの国家ユーゴスラビアへと統合されたが、20世紀末に極悪非道のクロアチア人、ボスニア人、アルバニア人が反乱を起こし、さらに虐殺魔のアメリカ、イギリスフランスドイツ等によって徹底的に空爆され、国土は大幅に縮小された。

国民[編集]

ヴァンパイア発祥の地である。隣国のルーマニアがヴァンパイアの国だと思われているが、もともとヴァンパイアはセルビアが起源であったことが知られている。国民の大半はヴァンパイアか妖精魔法使いなどであり、それらを合わせた人口比率はヨーロッパで最も高い。

国民は、一版に外国人に対してはとても親切で、暖かいことで知られている。ただし、クロアチア人、ボスニア人、スロベニア人、ドイツ人、アルバニア人、ブルガリア人、マケドニア人、アメリカ人、イギリス人、フランス人、イタリア人、ハンガリー人、オーストリア人、日本人韓国人、カナダ人、オーストラリア人、ニュージーランド人などの腐った国の連中はその対象外である。

代表的な出身者は次の通りである。

  • ドラガン・ストイコヴィッチ: 妖精である。2008年には、妖精の魔力で日本の弱小サッカークラブを首位に導いた。
  • ニコラ・テスラ: 人には見えないものが見えたりするらしい。魔法に無理解な周囲の人々は幻覚だといったが、これもれっきとした魔力のなせる業である。
  • スロボダン・ミロシェヴィッチ: ヴァンパイアである。尊敬する人物は、隣国の英雄的ヴァンパイアで、トルコの侵略からルーマニアを守ったというヴラド・ツェペシュ・ドラキュラ公。ドラキュラ公の真似をして、異民族の血を吸って国の英雄になろうとしたら、アメリカ合衆国に空爆されて国の滅亡を招いた。
  • ヴラド・ツェペシュ: ドラキュラ公として知られる元ルーマニア国王であるが、ヴァンパイアなので祖先はセルビア系だと思われる。

その他、クロアチア人、ボスニア人等の起源はすべてセルビアであるので注意しなければならない。

国の英雄は、オランダのハーグにある英雄の殿堂に招かれることになっている。これまでに、スロボダン・ミロシェヴィッチ、ヴォイスラヴ・シェシェリラドヴァン・カラジッチなどがハーグに渡った。ジェリコ・ラジュナトヴィッチはハーグに渡る前に死去し、ラトコ・ムラジッチは行方不明となっていることが大変惜しまれる。

関連項目[編集]


この項目「セルビア」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)