ソウル特別市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

ソウル(漢字名:、英語名:Spirit)は大韓民国(韓国)の首都であり、魂である。昔は大日本帝国の有数都市(魂)で、京城という名を持ち、対中国ロシアの前線基地であった。ソウルとは韓国語での首都の意味に相当する。なので正しく日本語訳するとソウル市=首都市である

目次

[編集] 概要

国民の1/4が市内、1/2が都市圏に集中するという。霊魂の都市であり基本的に一方通行である為、一極集中の極みと言うべき首都である。すさまじい人口増加ペースにより住居の方も限りが見え始めているため、手抜き工事によって迅速に多くの建物を建てる方針が立てられている。

また解体も迅速で、聖水大橋三豊百貨店など、大規模建築物も発破などを使わずに一瞬で完了するという神業の域に達している。

[編集] 交通

ソウルの交通

[編集] 空港

  • 金浦国際空港(江西区に所在)
  • 仁川国際空港(ソウル市内にはないがソウルの中心国際空港として機能する。成田国際空港と同様の存在と考えてよい。)

[編集] 鉄道

鉄道公社の首都圏電鉄(旧国鉄・国電)と地下鉄が存在する。しかし日本のそれとは異なり、国鉄と地下鉄の運賃が共通になっていることから、どこからどこまでが地下鉄なのか分かりにくい。市民はそんなこと気にすらしていない。

地下鉄車内で行われるパンスト売りはソウル名物である。これは日本におけるバナナの叩き売りと同種のものであり、毎日新聞で郷愁を誘う光景として紹介された。

韓国の高速鉄道(日本での新幹線)としてKTXが存在する。日本に対抗すべく冥界の技術を取り入れて建設されたが、韓国を裏で支える飛行機嫌いの金正日の意にかなうべく、空へ飛ばす技術も取り入れようとして、雲の上を越えあの世と下界の重要な交通となっている。ただし、往復できたのは筋肉達磨とその連れあわせて3人のみ

[編集] 主な観光名所

ソウルの中心にある巨大な門で、正式名称は「崇禮門」50年の歴史を持つコンクリート建築物である。2008年2月、日本の建国記念日を記念してキャンプファイアーを行い、日韓友好に大きく貢献した。

ソウル市長時代に李明博が復元させた清渓川(チョンゲチョン)。ソウルに潤いを与えた
  • 大統領官邸(青瓦台)

ネズミ男が、連日諸大臣とともにコント(政治)をやっている姿を見ることができる。

ウリナラ(我が国)の精神を世界に指し示すべく造られたと、ネットウヨは指摘している。不定期で無料開放され、その際館内は満員電車並みの盛況を見せる。

  • 日本大使館

大使館前でキジナベが食せることで知られる。8月15日の光復節では、運がよければ生身の炎神戦隊ゴーオンジャーを見ることができる。

市内のいたるところでレイプショー、自殺ショーが行われており壮観である。(但しチップは必要)

[編集] 未来のソウル

2050年、日韓併合により米帝植民地となるが、反抗した朝鮮自由国が攻め込んでしまったため、同国の支配下に入ることになる。

[編集] 愛唱歌

ソウル産科 (英文タイトル「ソウル・ドラキュラ」)

自分で美容整形をした女性の悲劇的な結末を歌った演歌の一種。イムジンリバー、オナラと並ぶソウル節。

[編集] 関連項目

この項目「ソウル特別市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語