ソクラテス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
ソクラテスを発明したプラトン

ソクラテス(紀元前470?年 - 紀元前399年)は古代ギリシアの哲学プラトンが創造した架空の人物である。このことは、彼の著作が一編も残っていないことからも明らかである。

[編集] 人物像

ソクラテスは、ある日デルフォイの神殿で「ソクラテスにまさる痴者はいない」という神のお告げ(くじ引き)を(カレイポンが)受けた(とプラトンは考えた)。これに驚いたソクラテスは、真意を確かめるため、ソフィストと呼ばれる自称ユーモアの達人たちを訪ねてまわった(とプラトンは考えた)。ソクラテスはソフィストたちに自分のわからないことを質問したが、その答えはソクラテスにとって納得がいくものではなかった(とプラトンは考えた)。ソクラテスはこのソフィストたちとのやりとりを経て、「私は自分が何も知らないということを知っている」と開き直ることにした(とプラトンは考えた)。この開き直りこそが、現在の哲学者にも見られる過剰な自意識の源流である。このような態度を「鞭打ち」または「ムチムチ」あるいは「無恥の痴」という。また、ソクラテスは自らを「フィロソフォス(知を愛する者)」と呼び、自分のふるさとを「愛知県」と名付けた(とプラトンは考えた)。

ソクラテスは、その哲学的な議論の際、相手に問いかけることによって、論争相手に自分で考えさせ、自らの無知を自覚させようとした(とツァラトゥストラは言った)。この方法を「産婦人科法」と呼び、相手の自尊心を大いに傷つけた(とプラトンは考えた)。

死に際し「おい、ピーピー泣くんじゃねえよブラザー。みっともねえだろ。俺はもう覚悟してんだ。分かったらさっさと出てけ」と弟子を諭すソクラテス(中央)

しかし、このやり方は人々の反感を買った。特に彼の妻である臭ン膣屁の逆鱗に触れ、「破廉恥罪」で起訴されることになった(とプラトンは考えた)。ソクラテスは、法廷においても自分の態度を変えず、最高裁が原判決破棄・高裁差し戻しの決定をした後も、自分の主張を貫き通した。そのため、彼は死刑判決を受けることとなった(とプラトンは考えた)。

ソクラテスは弟子たちの前で、「死を恐れることは愚かなことだ。本当に恐ろしいのは妻……もとい、まんじゅうだ。それから熱いお茶が一杯怖い」などと、死を受け入れる態度を示し、自ら毒杯をあおって死んだ(とプラトンは考えた)。

ちなみに、ソクラテスは昼間から街角で若者に論争をふっかけては無意味なたわごとを撒き散らすご近所の迷惑爺いであった。つまり、ソクラテスこそは世界最古のNEETである(とプラトンは考えた)。

[編集] ソクラテスの哲学

  • 「私は何も知らない。だから私が一番偉い」
  • 「ソフィストは何も知らない。だからソフィストはクズだ」
  • 「死は怖くないけど、妻は怖い」
  • 働いたら負けかなと思っている

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ソクラテス」の項目を執筆しています。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語