ソフトウェア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「コンピュータはかけ算すら足し算の繰り返しとして計算する」
ソフトウェア について、立花隆

ソフトウェアとは、CPUが1人で遊ぶ双六のことである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ソフトウェア」の項目を執筆しています。

シングルタスク[編集]

シングルタスクシステムにおいては、CPUは1つの駒だけを使う。フローチャートと呼ばれる盤面に駒を置き、1マスずつ進めるだけである。その都度マス目の指示に従う。

1秒間に何マス進められるかを、通常はクロック周波数としてあらわす。

マルチタスク[編集]

マルチタスクシステムでは、CPUは6個の駒を使用する。マルチがサイコロを振り、出た番号に対応する駒を1マスずつ進める。CPUが6個あるかのように動作するが、個々の駒の速度は最良でも1/6となる。

なお、サイコロに仕掛けをして、特定の駒を進みやすくすることができる。これを相対優先度と呼び、優先度が高い駒が早く進む。ただし、すべての駒の優先度を高くしても意味はない。

マス目の種類[編集]

フローチャートのマス目には、主に以下のような種類がある。なお、ここでは日本語で説明しているが、実際にはそれぞれの処理に番号が割り当てられており、マス目には番号が書かれる。

転送[編集]

計算のためのマス目(アドベンチャーゲームブックのアイテム数欄のようなものである)に数を書いたり、他のマス目に書き写したりする。マス目にはアドレスと呼ばれる番号がついており、「5番目のマス目に書いてある数字を8番目のマス目に書き写す」のようなことができる。

転送先として、ディスプレイやスピーカ、ネットワークなどを指定することもできる。転送元としてキーボードやマウス、マイク、ネットワークなどを指定することもできる。

計算[編集]

1桁どうしの足し算のような単純な計算しかできないが、繰り返しができるため、問題はない。

なお計算で使う数字は、前述の「計算のためのマス目」から持ってくる。また、計算結果も「計算のためのマス目」に書かれる。

分岐[編集]

「計算結果が0だったら次は20番に進む」とか「振り出しに戻る」のような指示を分岐と呼ぶ。分岐によって繰り返しをおこなうことができる。

同期[編集]

マルチタスクの場合に、「他の駒がこのマスに来るまで休み」のような指示ができる。このとき、指示を間違えて駒が全部休みになってしまうと、ゲームが永遠に進まなくなってしまう。これをデッドロックと呼ぶ。

ソフトウェアの例[編集]

1[編集]

股間に触られたら、8に進む

2[編集]

1に戻る

3[編集]

主人公が動いた場合は、6に進む

4[編集]

主人公に話しかけられた場合は、8に進む

5[編集]

3に戻る

6[編集]

主人公の真似をする。

7[編集]

3に戻る

8[編集]

「ちぃ」と言う。

9[編集]

3に戻る

10[編集]

ブルースクリーン。

その他の技術[編集]

オンデマンドローディング[編集]

フローチャートが途中までしかない場合、フローチャートが書き足されるまでゲームは停止する。続きを外部メモリから読み込むか、ディスクから読み込むか、またはプログラマに書かせることで、ゲームを再開することができる。このように、はじめにフローチャート全体を用意せず、必要に応じて書き足す方式をオンデマンドローディングと呼ぶ。巨大なフローチャートでも最初の部分だけを読み込めばゲームが開始できるので、速度面で有利になる。


NOW LOADING .... Loading bar blue.gif
ソフトウェアの執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)