ソムリエ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情砂糖が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

ソムリエとはレストランなどでワインに味付けをする人のこと。また、転じて味付けをする人を指して日本酒ソムリエ、野菜ソムリエなどのようにソムリエと呼ぶ事もある。

ソムリエの仕事[編集]

料理人が調味料を使って料理に味を付けるのに対し、ソムリエは選ぶことで味を付ける。

また、それ以外にもワインについて語る、開栓する、注ぐなど様々な工程で瓶詰めされた状態のワインにはない風味を加え、ワインに関して詳しくない人でも分かるような味を付ける。

選ぶ[編集]

ソムリエの第一にして最も重要な仕事である。レストランにあるワインの中から料理や客の好みに合わせて最適なものを選んで提供する。

この際、勿体ぶって選ぶ事で味に格調を持たせるのと同時に、ワインの在庫や客の財布事情を読み取って最大限に利益を上げる事もソムリエの仕事である。そのためソムリエには経営や経理の知識が求められる。

語る[編集]

この工程は人によっては選ぶと前後する事もあるが、ほとんどのソムリエが行う。ワインの銘柄や産地、特徴などを語る事でワインの味にはっきりとした分かりやすさを付ける。

ただし、客がうんちく好きだったり、提供までの間に何か語っていたような場合には空気を読んで省略される。

開栓する[編集]

ソムリエナイフと呼ばれる特殊な刃物を用いてワインボトルを開栓する。使い込まれたソムリエナイフには高級なワインのエキス分が染み付いており、開栓時に高級ワインの雰囲気を足す事ができる。

ソムリエナイフは雑貨店などでも販売されているが、重要なのは高級ワインを何度も開栓する事で染み付いたエキス分であり、家庭で使用していてもソムリエの味を出す事は出来ないとされる。

注ぐ[編集]

まずグラスに少量を注ぎ、テイスティングという手順を行う。

テイスティングでは注いだグラスをその会の主催者に渡し、ここまでの手順で行った味付けを確認してもらう。これに対して「問題ない」と判断する事で、ソムリエの行ってきた味付けに主催者の風格が追加される。

なお、これに対して「駄目だ」と言った場合は新たに同じワインを持ってきて再度味付けを行うのだが、会計には最初に開けたワインも加えられる事が多い。そのため「問題ない」以外の回答がされるケースはほとんど無い。

テイスティングが完了次第、それぞれに対してワインを注ぐ。この時に無意味に高い位置から注ぐ、勿体ぶって少しだけしか入れないなどによって最後に高級感を添加する。

関連項目[編集]








「ヤツらはワインを飲んでるんじゃない。情報を飲んでるんだ!」
味付け について、ソムリエ