タイムマシン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Mikuru Asahina.jpg 禁則事項です
ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、対象箇所は消去しました。


「「」が過去で 「」が未来 「」は何処にもない」
世界のロジック について、千代○
「タイムマシンなんていらない」
タイムマシン について、前田敦子

タイムマシン(航時機)は自由に時間を移動するための装置である。小説家のH.G.ウェルズが1895年に出版した小説「タイムマシン」でその概念を広め、長らく実現不可能な架空の装置とされていたが、日本の日本大学教授森昭雄が実用的なタイムマシンの開発に成功したことを2002年に公表した。

目次

[編集] 現在のタイムマシン

森昭雄が公表したところによると「2002年に私がゲーム会社に提案したことにより、ダンスダンスレボリューション(1998年発売)や太鼓の達人(2001年発売)が作られた」とされている。このことから、現在の実用的なタイムマシンの性能は時空をおよそ4年ないし5年程度さかのぼることが可能であると推測される。

現在は日本大学がタイムマシンの性能を公表していないため詳細は不明であるが、現在の社会に大きな影響を与えないところから、何らかの方法でタイムパラドックスの解消に成功しているものと思われる。

Yahoo!オークションで売られていると言う、都市伝説がある。

[編集] 藤子不二雄は偽タイムトラベラー

なぜならドラえもんで、600万円を大金として、何度も吹聴しているが、今の時代では住宅すら買うことができない。このことにより、実はタイムトラベラーであることを根拠とした、トキワコネクションの政界権力は手塚の遺作の推察どうり崩壊した。

[編集] タイムマシンの妄想史

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「タイムマシン」の項目を執筆しています。

英語ではTime machineと綴るが、タイムミシンとは呼ばれないので注意を要する。時のつづれ織りを引き裂くことは多いが、繕うことは滅多に無いためである。ハーブの一種であるタイムを機械化したものは「マシナイズド・タイム」あるいは「メカニカル・タイム」と呼ばれるので混同しないこと。

妄想家たちは、「未来人は、出合った現代人の記憶を消去するのだ」という苦し紛れのでまかせで口を濁している。脳に刻まれた記憶を消すには、どう考えても殺すしかありえないというのに。

また、「過去へ行って自分の親を殺したら、どうなるのか」というパラドックスについても答えることが出来ない。妄想家たちはこれについて、「パラレルワールドが形成される」という、これまた意味不明なでまかせを言う。

また、一部ではタイムマシンによる過去への干渉がタイムマシンを完成させた未来を変化させ最終的にタイムマシンが完成しない未来に落ち着くために、タイムマシンを完成させた未来は存在した瞬間に消滅するなどといったこれまた意味不明なでまかせもあるが、結局タイムマシンとは架空の乗り物である。

昔、田中裕二というhydeらしき人物が「赤いボタンで未来へゴー!」とか「青いボタンで昔へゴー!」とか「ターイームマシン しんとうじょうー」と言っていたCMがあったが、まもなく黒歴史にされた。

最近はドラム式洗濯機と酷似した、ドラム式タイムマシンもあるとかないとか言われている模様。

[編集] タイムマシン

ある猫型ロボットのせいでこんなにも価格が低下したタイムマシン。性能は保証されない。

あなたがこれについて多くを問うことを望まない。

黒歴史

このセクションに書かれていることは黒歴史です!
できることなら見ないでおいてあげて!!

[編集] タイムマシンのマジな考察

ここではタイムマシンをマジに考察する。あの頭の固い辞書でも書いてないまともな内容だったりするから中二病の診断を下された患者は特に注意して読んでおくように!

間違ったタイムマシン

一般的にタイムマシンと言うと、なんだかよく分からない機械に乗ってボタンを押すと、よく分からない空間を通って過去やら未来やらという元いた世界とよく似た世界に行き着く。 そこには元いた世界にいた人物とよく似た名前も同じ人物がいたりして、特筆すべきはタイムマシンの乗組員と年齢は異なるものの同一人物という者まで存在したりするのである。 そこで乗組員は過去の自分や未来の自分なる者と第三者として出会うことが可能なのである。


このタイプのタイムマシンは正確にはタイムマシンではない


彼ら乗組員が行った過去や未来の世界というのは、あくまで元の世界とよく似たまったく別の世界である。当然そこで出会った過去の自分や未来の自分というのも、自分とよく似た赤の他人である。勿論乗組員以外の過去や未来の友人というのも、友人とよく似た別人である。


これでタイムマシンに関する様々な矛盾パラドックスはまとめて解けたのではなかろうか。 当然このタイムマシンで過去(によく似た世界)に行って世界を変えてきても現在は何も変わらないし、未来(によく似た世界)へ行って帰って来ても、将来その通りの世界になるとは限らない。なぜならまったく別の世界なのだから。 むしろこのタイプのタイムマシンと呼ばれる物の凄いところは、そんなよく似た世界を見つけてきてひとっ飛びで行くことが出来る点であろう。

正しいタイムマシン

では正しいタイムマシンについて解説しよう。 まずは未来へ行くタイムマシン。これは割りと簡単である。乗組員以外の時間を早回しすればよいのであるが、逆に考えよう。乗組員の時間を遅くすれば相対的に周りの時間が早くなる。つまり乗組員を冷凍保存するなどして一時的に生命活動を休止させ規定の時間に目覚めるようにしてやれば未来へ送ることが出来る。またそれほど大掛かりな機材を用意しなくても簡単なタイムトラベルは可能である。そもそも時間は勝手に未来へ進んでいるものであり、近接な未来であれば待っていればそのうちやってくる。人間は寝てる間は時間は止まってるようなものなので、一晩寝て起きたり、授業中居眠りして目が覚めると昼食の時間だった、などというのもタイムトラベルの一種である。

次に過去へ行くタイムマシンであるが、これは少々難しい。 方法としては時間を逆方法に流すことが必要である。そのためには物理法則を変更して擬似的に逆方向へ時間が流れているような世界を作り出さねばならない。具体的にはビデオの逆再生の世界である。この逆再生の世界を物理的に説明することは難しい。例えば、散乱しているガラス片に手をかざすと、突如破片が一点に集まり始めてコップを形成し、飛び上がって手の中に収まるような現象である。このような逆再生の世界を生成することによって時間を逆方向に進めさせればいずれ目的の過去へ行き着く。

注意すべき点は2点。まず乗組員自体は通常の時間経過をするようにせねばならない。さもなくば乗組員がタイムマシンに乗った記憶も消えてしまい、ただ時間を戻しただけになる。そのためにタイムマシンは逆再生世界から遮断する装置として機能する。 次に、それで過去へ戻ったとしてもまったく同じ過去の世界へ行き着くことはない。あくまで逆再生の世界で時間を進めているに過ぎず、その中に乗組員は除いた状態で逆再生を始めるので、乗組員の学生時代まで戻っても、乗組員のいない卒業式に始まって乗組員のいない学校生活、乗組員のいない入学式と戻っていくことになる。その後また未来へ戻ろうと思っても、同じ未来に戻れることはない。


[編集] 時の検閲官

これは実は、「人間の恨み」であることがわかった。

たとえば、過去において、「なぜこんなことが」とか、「いくらなんでもひどすぎる」という事態が存在し、それを改善しようとする勢力に対して、もし、「タイムマシン」ができているのならば、なぜ、それで、自分たちの過去は救われなかったのか、という、一言を教える。すると、実際には、パラレルワールドが出現して、新しい世界で、無意味な不幸がなくなっているはずなのに、それを言われた人の思考が短絡化した場合、本来、自分たちの歴史を救ってくれる人たちを、攻撃してしまうという、心理的トラップ。

これの、もっとも強力なものは、金正日が作った

つまり、逆に考えるならば、無意味な不幸が存在するなら、「タイムマシン製作者かタイムマシン旅行者の親しい者、タイムマシン旅行者に喧嘩を売った者」ということがわかる。

本当は、全部、敵対者が作ったトラップなのに、味方が作ったとまず考えてしまう人間心理を上手くついたワナ。

そして、実は、時の検閲官や、タイムマシン製作者、タイムマシン旅行者は、協力するまで、現地時間での不幸がなくならないようになっていることを推察されたし。

さらにそこから、考察が広がり、実は、過去改変の坩堝の状態から、定常的安定歴史進化の中に落ち着いていくのではないかという考えが浮かび、つまり、あなたのいる場所が、複数の勢力の対立時空点だからこそ、戦争が存在すると理解できないかな?

これを、中東関係者に言うと、激怒するから、絶対に翻訳しないでくれ。

[編集]  パラレルワールド 

詳しくはわかっておらず、調査するには、多大な権力が必要だが、ある世界で、それがその世界の存続に、取り返しのつかないことであった場合、修復可能な時点まで、強制的に引き戻され、前の世界が、夢であったと思うという理論が存在する。 そして、それぞれの世界の人間が納得する理屈で、夢のなりたち、たとえば、現在では、催眠などという言い方で説明される。

そして、その引き戻された後の世界では、どう考えてもつじつまの合わない記憶が多発する。同一時点でのワルハラ出現とも言う。だが、もう一方で、それら全て経験した世界を、全部を夢とみなすこともできる。人間は、夢であることが疑いない世界と、現実であることが疑いない世界は、そういう風に認識するが、どちらかつかずの世界では、他人によってどちらが現実か選択されうる。物理的連続性も、同一世界の証明となる。そして、自己の内面を監視するものというのは、人類誕生から存在していたが、そのもの達の世界が、こちらに部分的に流出すると、夢を見てる気分になるという。

その人間が地球の存続に多大に迷惑である人間から、精神が現実から離脱していく。つまり、社会ではなく、地球のほうに理由がある。それを主体的に操るのは、電子生命体、魂魄である。そして、魂魄は、電子の集合体そのものだ。あまりにも常識のない人間とは、あまりにも悪影響の大きい人間のことだ。

引き戻される前に自分が起した犯罪について、到着ポイント以後の年代であれば、タイムトラベラーは多大な警戒をするが、現地時間内の警察が介入してくることは無い。

そして、夢は実はこの目的、世界を破壊しないために、そういう能力のあるものを調べるため存在する。

[編集] 関連項目


Wiki-globe.png この項目「タイムマシン」には、執筆者が大真面目に書いた可能性もありますが、今はまだ周知の事実しかありません。嘘を追加するか、ウィキペディアに転載して下さるボランティアを求めています。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語