田島ハル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「田島ハル」の項目を執筆しています。

田島 ハル(たじま- 1632年 - 1653年)とは、日本インドとの友好関係を築くためにインド・ムガル帝国の王シャー・ジャハーンのもとへ嫁いだ女性。たいへん聡明な美人であり、お家断絶を免れる条件として政略結婚を受け入れざるを得なかった彼女のその悲劇的な人生は「世界で最も美しい人質」と呼ばれた。日本にカレーを伝えた人物としても知られている。

[編集] 来歴

当初は王妃ではなく愛という扱いであったために気苦労もあったが、日本人らしい気配りや立ち回り、それに日本からのODA援助をとりつけるのに役立つなどの理由で、次第に重用され、ついには王の愛情を一人占めするようになった。しかし、その甲斐もなく実家の田島家はお取り潰しとなり、失意のままにヤムナー川に身を投げたのである。享年21歳。

ハルの死を大いに哀しんだシャー・ジャハーンは、彼女の霊を慰めるために、ヤムナー川のほとりに世界一美しい墓を作った。そのための建材は、インド中から1000頭以上もので運ばれてきたといわれている。大理石はラジャスターン地方産であるといわれている。運ぶのがたいへんで、象が156頭くらい死んだらしい。その他、碧玉はパンジャーブ地方から、翡翠は遠く中国から、トルコ石はトルコじゃなくてチベットから、ラピス・ラズリアフガニスタンから、サファイアスリランカから、紅玉髄アラビアから、とインドの周り中の国々から持ち寄られたものだという。その墓には、彼女の名をとって「タージマハル」と名付けられた。

[編集] その後

ハルの死を嘆き哀しむあまり、シャー・ジャハーンはそののち一切の政治的活動を行わなくなった。そのためにムガル帝国は財政苦に陥ることとなる。彼女の墓と川を挟んで対になるように自分の墓を建てる予定であったが、予算が底をつきそれはかなわぬこととなる。結局のところ、王は没後、ハルの墓に共に眠ることとなった。

タージマハルは現在、ユネスコ世界遺産に指定されている。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語