ダイソー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ダイソーとは、「大きなソープランド」の略 「ダイサクソーカガッカイ」の略 商品価値を消費者の想像力に委ねるまったく新しいタイプのアダルトグッズ専門店である。カタカナで書かれた店名を見るだけでエロい香りが・・。

概要[編集]

日本アダルトショップは、淫猥な・禍々しい外見の商品が陳列されている・消費者同士の対面を極力避けるために店内の見通しが効きづらいといった形態が一般的であり、消費者に対して閉塞感・抵抗感をあたえる原因となっている。また、アダルトグッズを製造・販売するにあたっても薬事法などの制約が多い。ところがダイソーの店内は一見して「雑貨や菓子類を取り扱った普通の小売店」のような体裁をとっており、既存のアダルトショップがもつデメリットをうまく解消している。消費者が、表向きは吸引力の変わらない唯一の掃除機などただの雑貨や菓子類を購入するので他者との対面を恐れなくてもよく、棚で通路を妨げておくような配置は必要ない。また、子供連れでも安心して訪れることができる。なお、ほとんどの商品(少ない例外としてコンドームが挙げられる)は表面上アダルトグッズではないので、薬事法などから制限を受けることはない。

上記の特長を鑑みても成功しやすい店舗であると考えられるが、ダイソーでは多くのアダルトグッズが100円(税抜)というリーズナブルな価格で販売されているため、あまりのニーズの多さに全国・海外でもフランチャイズ展開してしまっている。

商品[編集]

これまで開発されたアダルトグッズは約90,000種類。価格は主力商品である100円のものから3,800円程度まで。店舗の規模や時季によって陳列される商品は異なる場合がある。

また、ダイソーの商品販売における最大の特長は「商品価値を消費者の想像力に委ねる」という手法である。他のアダルトグッズがあらかじめ用途(性的満足)が指定されているのに対し、ダイソーでは「消費者の想像力によって約90,000種類の道具から選び出す・組み合わせる」という幅広いニーズに応えており、また多くの商品が100円であるため気軽に試せることから、消費者にとって大変魅力的である。こうした想像を広げやすくするため、ダイソー側が具体的な使用法・オススメの組み合わせなどを紹介しておらず、「ザ・ペン」「ザ・外反母趾」「ザ・盆」といった一般的な分類名を用いて案内を行うにとどめられている。しかし、どんなにカモフラージュしようが、不自然なほど鮮やかな原色カラーを惜しみなくまとった商品群で埋め尽くされている店内を見るにつけ、「やはりここはアダルトショップだな」、と分かる人には分かる

なお、ダイソーを前述のように利用することで多くの商品が掲げる「定められた目的外には使用しないでください」という但書が無視され、これが問題視されるかと思われたが、ダイソーにおいては、通常の雑貨店に同じ商品を陳列した場合と全く異なる売上の傾向を示したため、各メーカーとも静観しているような状況である。

店頭にて「大量注文承ります!」とのポップを見かけるが、それは後述するように、一部用途では大量購入が想定されるからである。「店内は撮影禁止」とされている理由は、もちろんアダルトショップだからである。

  • 漫画:そのまま読んで使用。このような漫画に性的トラウマのある者がおもに用いる。
    語学本:文法学習タイプではなく「フレーズを暗記するタイプ」は、きわどい例文も載せているため、旅先の街角・観光地等で知り合って一夜限りの国際交流に持ち込む事も可能。
  • CD
    ネイチャーサウンド:雑音消し、あるいは野外露出プレイを部屋の中で楽しむことができる。
  • インテリア用品
    :たくさん用いて羞恥心を煽るのに使用。熟練者は小さな鏡を瞬間接着剤で繋ぎ合せてラブホテルにあるような大鏡の再現も可能。
  • ガラス製品
  • 陶製品
    江戸時代、庶民の間で使われた「はりがた」は陶製であった。某・遊園地の木製ジェットコースターが独特の乗り心地で人気である事からも、復刻すれば現代人は新鮮味を持って迎えるだろうから、ラインアップへの追加が望まれる。「マツタケエリンギのオブジェ」などと称すれば花瓶や人形と並べて売れるであろうし、妥協すれば「灯台」とか「五重塔」の形でもよい。
  • 台所用品
    たわし:眺めたり、腰の辺りに吊るして振ったり(たわし踊り)、ザムンダ王国の王子のようにメイドにぴーの掃除に使わせたりして興奮する。
    まな板:沢山購入して木工ボンドで接着し巨大俎板を作れば、「本物の俎板の上で俎板ショー」を行うという粋な遊びが出来る。
    エプロン:女性が全裸の状態で着用する。
  • バス・トイレ用品
    風呂用椅子:ちゃんと中心部に穴が開いている。腕を入れる事はできないが、指の2、3本なら入る。しかしスケベ椅子はブラック企業の蔓延やホワイトカラー・エグゼンプションによる長時間労働=痔患者の増加や、老人介護に重宝され需要が高まっているので、今後、金色ではない無難なカラーで「ザ・スケベ椅子」として売るようになるかもしれない。なお、既に発売されている「缶入りスプレー塗料・金色」で本来の色に復元する事も可能。
  • ヘルシーグッズ
    バランスボール:本番用に腰を鍛えたり、フワフワ乗りながらのプレイも。
    各種マッサージ器:局所的に執拗に刺激を与えるのを目的とする。現在は手動式のみだが、かつては小型バイブ電池式マッサージ器(半球型・ペン型)、電池式ハブラシも売っていた。
    ダンベル:個人の体力に合わせて様々な重さが用意されている。男性はヒモでシンボルに縛りつけ、女性は挿入して落さないように注意しながらスクワットをする事で性器を飛躍的に鍛えられるとされている。元々適度な重みがあるので油断してぴーの代わりに使用した場合、特に筋肉量が少ない女性は手首を痛める恐れがあるので注意が必要。
  • 電気製品
    延長コード:緊縛用。ゴムの肌触りと鋼の強さを兼ね備える。針金と違い抜群の復元性を誇り断線するまで何度も使用可能。ただし100円(税ヌキ)のものは1メートルしかないため、高価格なものが売れる。商売上手。
  • 衣類
    下着など:化粧品とともに、手軽に女装・男装などを試すことが可能。
    ベルト:SM用の鞭として。ただし値段相応の出来である。体や床に打ち付けなくても、2つ折りにして両手に持ち左右から強く引っ張るだけで「シパーン!」と良い音がする。
  • 手芸用品
    裁ちばさみ:切れ味抜群で、簡単に阿部定になれる。でも本当にやったら刑務所行き。
  • 化粧品
    酒しずく化粧水(さけしずくけしょうすい)、ヒアルロン酸原液、コラーゲン原液の三点は、世界で30秒に1本売れるSK-IIの化粧水よりも確かによく売れている。ヒアルロン酸とコラーゲンを酒しずくに入れたお手製化粧水は局部の保湿に最適な逸品として、ドモホルンリンクル保湿液の僅か6%という価格に関わらず、これに匹敵する高い評価を得ている[1][2][3]
  • 家庭用品
    各種ロープ:緊縛用。ビニール紐がメートルあたりの単価が一番安いが使用感がイマイチなので、ナイロン紐が売れている(特に赤色)。
    洗濯ばさみ:色々なものを挟め、快感に通じる痛みを得られる。フレームに沢山ついているタイプは一度に複数個所を挟め、一気に引っ張る事で昇天できる。
    手鏡:若年女子は通常の姿勢では見れない自分のぴーを確認、自主的な性教育に使用。ノンケ以外の男性は自分の肛門状態のチェックに使用。あるいは痴漢プレイ用(本当の痴漢に使ったらアウト)。
  • 防災用品
    ロウソク:太さ・長さは様々揃えているが、どれもデザイン性は全く考慮されていない。100円(税ヌキ)の限界であろう。溶けた蝋により得られる快感は変わらないので低温ロウソクではないので、火傷の跡が残る事を気にせず安さに拘る人には向いている・・・
  • 文具
    ガムテープ:無駄毛一気剥がしプレーから、ぐるぐる巻きの緊縛まで。口を塞ぐ場合は鼻づまりによる窒息に注意。1巻の長さが短いの1人での複数購入も珍しくない。商売上手。
    定規:ぴーの大きさやぴーの深さを測ったり、刺し入れ自体をプレーに昇華させる。
    墨・絵の具:人拓・ぴー拓・ぴー拓を採ったり、ボディペイントなどの用途がある。
  • 玩具
    リコーダー:ぴーに挿入して‘茶色の小瓶’を演奏する芸を披露。
    こども銀行のお札:売買春プレーや、札束で顔やぴーを引っ叩くなど。
  • 日曜大工
    木工用品:板切れから釘、ノコギリ、金槌まで色々あり、その気と腕さえあれば、かなり本格的なにょたお察し下さい盛り用の小粋なお舟や、はては水責め用の人間水車まで作れるが、バルサ以外の木材は割高な上そりかえっている場合も多い為、工具類しか売れない。
    バルサ:カッターナイフや紙やすりで加工できる軽くて脆い木材。角柱ないしは円柱タイプを購入し、オリジナリティ溢れる世界に一つだけの張り型手動こけしを制作できる。
    木工用ボンド:初心者がぴーと勘違いしないようにバケツに入った大容量タイプは売っていない。バルサで作ったナニに途中から枝を生やしたいときなどに使用(木材に瞬間接着剤は使えない)。
    紙やすり:バルサ製手動こけしの滑らかな最終仕上げ作業などに。決して興味本位で身体のデリケートな部分をこすってはいけない。
    ノギス:男性のぴーの直径を正確に測れる唯一無二の工具道具。金属アレルギーに配慮してプラスチック製も売っている。
  • アクセサリー
    たわしネックレス(自作):タワシ踊り用。タワシと、ネック・ストラップに用いるヒモを購入して自作する。タワシがちょうど股間の辺りにくるようにヒモの長さを調節する。
  • 食器
    残念ながら女体もお察し下さい用の特大皿は無いため、刺身などと一緒にすだれに盛り付けるのが望ましい。
  • 食品
    片栗粉:片栗粉Xを参照せよ。
    粉末青汁:水溶き片栗粉に混ぜる事で金粉ならぬ青粉でメッシー・プレイのバリエーションが広がる。
    水で薄めるタイプのドロッとした原液カルピスは売っていない。プレイに用いるには高額すぎて不経済だからである。
  • 園芸用品
    軍手:片栗粉Xや手動こけしが上手く作れなかったときの代用品で男女兼用。イボイボ付きもある。
    植木鉢:「今夜 O.K. よ」の意思表示として女性が股間に挟んで仰向けに寝る。
    じょうろ:「今夜は駄目」の意思表示として男性が例の植木鉢に冷水を注ぐ。
    アレの代用にできる野菜のタネ各種:スーパーでは規格外(大きすぎる、形が奇抜すぎる等)の野菜は検品で除かれ販売されないので、家庭菜園で収穫できればラッキーである。栽培促進や規格外を誘発するアンプル剤も売られている。
  • 生活用品
    ティッシュコンドームなど通常の消耗品も置いてあるのが嬉しい。

関連項目[編集]

ダイソーのような形態は上記のように大変ニーズが多く魅力的であるため、 類似の商法を採用したアダルトショップも展開されている。