ダグラス・マッカーサー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

ダグラス・マッカーサーDouglas MacArthur, 1880年1月26日 - 1964年4月5日・死亡認定)は、美国の将軍(元帥)、美国日本植民地総督、中二病患者、マザコン、シリアルキラー、俳優である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ダグラス・マッカーサー」の項目を執筆しています。

目次

[編集] 父から受け継がれた中二病遺伝子

1880年、軍人である父の任地であったアーカンソー州リトルロックの兵営内の宿舎で生まれた。父のアーサー・マッカーサー・ジュニアも軍人であり、重度の中二病患者である。父の「戦争やりてえ」「人刺してえ」といった中二病発言や酋長怪獣ジェロニモとの一騎打ちの話を聞かされて育ったダグラスは、ほかの同胞たちが、程度の差はあれ、父を反面教師にしたのに対して、それらの話を真に受け、自分も軍人になろうと決意する。

「親父だってすぐに名誉大佐だったろうが」と言い放ち、インディアン戦争に従軍する父親に随行しようとするが、母親の必死の説得で、1899年にウェストポイント陸軍士官学校 (今の日本で言うなら、防衛大学校みたいなもん)に入学。渋々ながら1903年に陸軍少尉で卒業した。この時期、マッカーサーの母は学校の近くのホテルに移り住み、何とか父の轍を踏ませまいと生活に介入しまくった。お陰で、ダグラスはマザコンまで発症させる。因みに、軍人となった後のダグラスは、戦功を挙げるたびに「ママ〜ン、ボク頑張ったよ」と報告し、それを受けて、母は上司や大統領へ「ウチの息子をよろしく」と手紙を送り付け、それが息子の出世にも大きく影響したと言われる。

[編集] シリアルキラーとしての歩み

士官学校の成績は抜群で、特に恵まれた体格を生かした格闘技術に秀でており、性格と合わせて美陸軍史上最強のシリアルキラーになるだろうと早くから言われていた。卒業後、フィリピン総督の父の引きで、工兵隊少尉としてフィリピンに配属された。そこで、爆薬、火炎放射器、ブービートラップなどの特殊な技術を学び、シリアルキラーとしての資質に磨きがかかった。

1905年に父が駐日美国大使館付き武官となったため、ダグラスも副官として大日本帝国で勤務。父親とともに、日露戦争に観戦武官として赴く。その際に、戦場の混乱に紛れて、実際にロシア兵を何人も殺害。「日本軍はオレが勝たせた」と豪語する。父も自分の運の良さをホラ混じりにそう表現したが、息子のそれは明らかに殺人者としての迫力に満ちた言葉だったという。

その後に陸軍省に復り、第一次世界大戦においては、大佐として第42歩兵師団を指揮した。戦場において2回負傷し、15個の勲章を受章。もっとも、これらの勲章は、指揮官としてというよりも、多数のドイツ兵を手にかけたことによって得たものである。この大戦はシリアルキラーとしての才能を花開かせたといってよいだろう。母親の手紙攻撃の甲斐もあり、戦後、最年少で少将となる栄進を果たした。

こうして士官学校の校長に就いたダグラスは生徒たちに罵声を浴びせかけ、徹底的にしごきまくり、ハートマン軍曹のルーツ的な存在となった。さらに、1928年のアムステルダムオリンピックでアメリカ選手団長となり、新聞記者に囲まれた彼は「我々は勝つためにやって来た」と答えた挙げ句、「参加することに意義があるなんて、ヌルイことぬかしてるんじゃねえ。死ぬ気でかかってこい」と記者団を追い散らした。

1930年、美陸軍最年少の参謀総長に就任。母の手紙に辟易していたフーヴァー大統領は、正直、この人事には反対だったが、ダグラスの圧倒的な殺人者としてのオーラに圧倒され、泣く泣く辞令にサインした(というよりさせられた)。その場に居合わせた副官ドワイト・D・アイゼンハワー(後の大統領)は、ダグラスを一生、反面教師にしようと決意したと言われる。

1932年に、退役軍人の団体が恩給前払いを求めてワシントンD.C.に居座り、ダグラスの指揮による武力排除が行われた。「退役軍人たちは、アメリカ共産党の支援を受けてデモを起こしたのではないか?」と疑念を抱いたホワイトハウスが許可したのだが、ダグラスに深い考えはなかった。ダグラスはマスゴミマスコミに対して「むしゃくしゃしていた。人死にが出てもいいと思った。今は反省している」と記者会見で答えた。以後、マスコミからの糾弾はなりを潜めたが、もちろん、ダグラスが恐ろしかったせいである。

[編集] 父に次ぐフィリピン・ドリーム

1935年に参謀総長を退任して少将の階級に戻り、フィリピン軍の軍事顧問に就任した。これは、フィリピンが1946年に独立することが決まり、フィリピン国民による軍が必要であった……という口実で行われた厄介払いである。初代大統領に予定されていたマヌエル・ケソンはマッカーサーの友人であり、アメリカ政府のたっての頼みを引き受けて、軍事顧問を依頼したのである。

ダグラスは「フィリピン軍元帥」の称号を与えられ、1937年12月にアメリカ陸軍を退役。マニラ・ホテルのスイート・ルームを住居として要求し、高等弁務官を兼任して高額の報酬を得ると共に、フィリピン財界を制圧した。高額の報酬は、美国資本の在フィリピン企業への投資に使われ、更に多額の利益を手にした。すなわち、現在の発展途上国にありがちな、腐敗した軍高官の先駆けとなったわけである。

父が総督を務めたフィリピンで、濡れ手に粟の利益をゲットし、贅沢三昧の生活…。周囲はダグラスを持ち上げる側近ばかり。夢のような生活がそこにはあり、ダグラスは美国本土へ帰ろうなどとは露ほどにも思わなかった。

[編集] アジア太平洋戦争と俳優業の成功

1941年12月7日に、真珠湾攻撃によってアジア太平洋戦争が勃発。在フィリピンのアメリカ軍司令官も兼任し、ルソン島に上陸した日本軍と戦う。ダグラスは日本兵を殺しまくるが、戦況は全体的に思わしくなかった。日本陸軍戦闘機の攻撃で自軍の航空機を破壊されると、「猿が戦闘機を飛ばせるはずがねえ、戦闘機を操縦しているのはドイツ人だ」などの無茶発言をしまくる。ダグラス以外、美軍もフィリピン軍も戦力にならず、バターン半島とコレヒドール島に籠城するハメになる。だが、2ヶ月に渡って日本兵を殺しまくるダグラスを、ホワイトハウスは英雄として派手に宣伝し、生まれた男の子に「ダグラス」と名付ける親まで続出した。しかし、死にたくない、早く降伏したいと思っていた将兵たちは、ダグラスの人気に目をつけて、芸能界への転身を焚き付けた。

うっかりとその気になってしまったダグラスは「I shall return / 私は必ず戻って来る(俳優として)」と言い残して、オーストラリアに脱出した。しかし、この当時のオーストリアに自前の映画を作るような余裕があろうはずもない。俳優としての売り込みはことごとく失敗し、彼の自尊心は著しく傷つけられた。怒ったダグラスはハリウッドとホワイトハウスにねじ込んで、俳優兼南西太平洋方面総司令という無茶苦茶な肩書きをゲットする。こうして、ダグラスはニュースフィルムに多数出演し、銃後の美しい国で圧倒的な人気を博するようになる。

この人気にあやかろうとしたのが、サングラスのレイバンである。レイバンは「強そうだし、洒落も利いている」と日本の零式艦上戦闘機にあやかって「零番」と名付けられたブランド名だが、大ざっぱな美国人がこのような繊細なユーモアを解するはずもなく、売り上げはどん底だった。そこで、ダグラスにコラボレーションを持ちかけて、サングラスを提供。「このサングラスとともにフィリピンへ、I shall return 」というコピーを打ち、PR戦略を大々的に変更。これがヒットして、記録的なセールスをあげることに成功する。

1944年に、フィリピンへの反攻作戦が実行に移されるが、もともと上層部は「戦略上必要無し」と判断していたのに、ダグラスとレイバンにねじ込まれて、しぶしぶ呑んだと言われている。こうして、ダグラスはレイバンのサングラスをかけて、フィリピンへと帰還。「I have returned(私は帰ってきた)」という新コピーやダグラスの上陸風景を写したニュースフィルムも大ヒット。ニュースフィルム俳優として成功したダグラスも、さらに売り上げを伸ばしたレイバンも満足し、その後のフィリピン戦の成功も、対日戦争の勝利も、どうでもいいことになってしまった。

[編集] 日本植民地総督

ハリー・トルーマン大統領の指示により、1945年8月6日には広島が、8月9日には長崎核爆撃された。これらの核爆弾2発で日本帝国軍は断念めがつき、8月14日天皇裕仁は敗北を連合国各国に予告。トルーマンは、「勝利宣言は、夏休みの宿題が終わった後だ。」って美国民に通告し、蒋介石ウィンストン・チャーチルなどの盟友にもこれを通告した。

夏休みの宿題を終えたマッカーサーは、8月30日厚木に降り立った。例によってサングラスをかけてタラップを降りる。このシーンは残虐で狂信的な黄色い猿日本人には衝撃的とも言え、これによって、レイバンは日本にもサングラスの代名詞として刷り込まれ、レイバンの対日販売戦略も成功を約束されることになった。

そして、夏休みの宿題が終わった後の9月2日に、大日本帝国政府は敗北文書に調印し、主権を放棄した。既に満足しきっていたダグラスだったが、レイバンの要請に基づいて、トルーマン大統領から日本植民地総督に任命された。

ダグラスは野蛮で残虐な黄色い猿の皇帝天皇裕仁と会見写真を撮影したりしてはいるが、日本植民地化政策のような面倒ごとは、ホワイトハウスの指令で属僚が勝手に進めていく。ダグラスは象徴的な王のようなもので、総督職に非常に退屈を感じるようになる。再び中二病気質が頭をもたげ、「また戦争してえ」「オレが厨二病なら、この国のデモクラシーってやつは12歳の消防だな」などと不規則発言で属僚たちを困らせることになる。さらに、この時期、総督府の陰謀とされるいくつかの殺人事件や事故は、ダグラスが気まぐれに手を掛けたものとも言われている(もちろん証拠などないが)。

[編集] 朝鮮戦争と失踪

1950年6月25日に初代北の将軍様こと金日成率いる北朝鮮軍が南朝鮮に侵攻を開始し、朝鮮戦争が勃発する。中二病的衝動が抑制しきれなくなっていたダグラスには、待ち望んでいたシチュエーションだった。北朝鮮軍の侵攻を知らせる電話を受け取った際、ダグラスは「考えたいから一人にさせてくれ」と言って執務室から人払いをし、ドアの外にまで聞こえるほどの歓喜の雄叫びをあげたという。

南軍・在南美軍は絶望的状況に陥ったが、ダグラスは慌てず騒がず、仁川上陸作戦を決行。ダグラスは北の兵を虐殺しまくって、戦局は一気に逆転。国連軍はソウルを奪回することにまで成功した。ところが、中華ソビエト共和国が、人民抑圧軍で結成された「義勇軍」を送り込んで介入。彼らの人海戦術の前に、さしものダグラスも「ママ〜ン、連中、次から次へと湧いて出てきやがるよ。とても殺しきれねえよ、ウェーン」と弱音を吐くほどになる。挙げ句の果てに、「いっそ中華ソビエトに原爆を落とそうぜ」などの中二病発言も連発。ホワイトハウスも勇気を奮い起こして、終にダグラスの更迭を決定した。大統領以下の政府上層部の誰もが、ダグラスの復讐があるものと覚悟していた。しかし……

「老兵は死なず、ただ消え去るのみ(Old soldiers never die; they just fade away.)」

アメリカ本土へ帰還したダグラスは、この言葉を残すと、跡形もなく消えたように、失踪してしまう。1964年4月5日に裁判所は失踪死亡を宣告。21世紀を迎えた現在、さしものダグラスも確実に死を迎えているものと推測される。

しかし、アメリカの治安関係者は、シリアルキラーが跳梁跋扈するたびに、こう思うという。「ダグラスは体力的な衰えから、戦場から退いただけ。表面的に姿をくらまし、社会の暗部で今日も獲物を狙っているに違いない」と。

[編集] 各界からの語録

「アーサー(ダグラスの父)ほど尊大な人物を見たことはなかった……その息子に会うまでは」
ダグラス・マッカーサー について、父アーサーのフィリピン時代の副官
「どうしてこの男の写真を机に貼っているかだって? それはこの男のようにならないよう、自分を戒めるためさ」
ダグラス・マッカーサー について、チェスター・ニミッツ(太平洋艦隊司令長官)
「(太平洋戦域の司令官なのに)海軍の戦争理論を理解できない愚者」
ダグラス・マッカーサー について、アーネスト・キング(合衆国艦隊司令長官兼海軍作戦部長…つか、米海軍最大の性格破綻者
「キングに比べれば、マッカーサーなんてハイスクールの生徒さ」
ダグラス・マッカーサー について、キングを嫌う海軍軍人
「彼はベッドの上では三等兵だったわ」
ダグラス・マッカーサー について、ジーン・マッカーサー(奥方)
「ダグラス・マッカーサーは、他人を殺し・全人類を殺す者であるから、彼らの責任は当然、死に値する。
従って、ダグラス・マッカーサーは腹を切って死ぬべきである。
また、ダグラス・マッカーサーはただ死んで終わるものではない。
彼は無責任な悪人であり、唯一神又吉イヱスがダグラス・マッカーサーを地獄の火の中に投げ込むものである。」
ダグラス・マッカーサー について、又吉イヱス

[編集] 関連項目


Hito.png この項目「ダグラス・マッカーサー」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語