ダークライ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ダークライとは、悪魔の名を借りた、しぶとい攻撃が得意な嫌われ者のポケットモンスターの一種である。

スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、クラウド・ストライフはソルジャーではなく一般兵であることや、シャドウの本名はクライドであり、リルムの実の父親であることや、パパスがグランバニア王で、マーサはエルヘブンの民であったことや、ジョーカーの正体は、殺されたはずのエミリアの婚約者レンであることや、唐沢博士を殺したのはプロペラ団ではなくジャジメントであることや、ちなみとあやめは途中で入れ替わっていることや、主人公はカーリーとともに封印されているジェンカの弟を倒すために地上から送り込まれたことや、フィーナ・ファム・アーシュライトの母が探していたのはトランスポートシステムであることや、アンサイクロペディアウィキペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、Wiiリモコンやコントローラーを手放さないようにしてください。

降臨[編集]

1974年ぐらいに、魔都レアモンデで、彼は生まれた(そのときの名前はデスゲイズだった)。彼はレアモンデで生まれた最初のモンスターとして、数々の戦争に駆り出された。その翌年、レアモンデは彼の手により廃墟と化し、「魔」のための牧場となってしまった。しかし、デスゲイズはモンスターを制御することができず、ついにレアモンデを追い出されてしまった。彼はその後、ダークライと名乗るようになり、32年後のアラモスタウン襲撃のために邪悪の道へ踏み込んだ・・・。

アラモスタウンとの関係[編集]

はじめ、ダークライはアラモスタウンを襲撃しようと思ったが、彼の予想以上に現地のポケモンが強く、逆にダメージを負ってしまった。そこでとある少女と出会い、治療を受けながら改心した。その後、建築家ゴーディにディアルガパルキアの襲撃を知らせ、音波装置オラシオンを作らせた。それから100年後、襲撃は実際に起こり、アラモスタウンは消滅寸前となったが、一時的にワームホール送りになる代わりにディアルガパルキアの攻撃を停止させた。このあとはサトシヒカリと彼らの手持ちポケモンがオラシオン(小林幸子)を発動。無事ディアルガパルキアは休戦状態になり、アラモスタオンは救われたのだ。ちなみにダークライ自身は無事でした。本当にありがとうございました。この功績を買われ5年後テレビの世界警察庁次長となった。ちなみに息子もそれなりに改心し、その結果がseason13の最終回である。

必殺ダークホール[編集]

ダークライといえば、その必殺技ダークホールでポケモン界を震え上がらせていることで知られている。あるとき、大会で「ダークホールが強すぎるから禁止にして欲しい」という声が上がった。しかし、あるポケモンが、「ダークホールを使っているのはダークライなのだから、ダークライを禁止すべき」と反論した。それに対してダークライは「いや、俺は最初から幻のポケモンで禁止されてるから、他に使っている奴が居るならそいつも禁止しては」と答えた。するとそのポケモンは突然泣きながら平身低頭してダークホールを禁止することを大会の運営者に懇願し始めた。それを見た他のポケモンたちは「無意味な悪あがきをして、自分が恥をかいてしまった」と笑ったという。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ダークライ」の項目を執筆しています。