チェーンメール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

チェーンメール(英: chain mail, chain letter、日: 鎖帷子)とは、人類を幸運へと導く魔法の一種。女子中高生にかなりの人気があり、受け取ればほぼ必ず他の者に回すほどである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「チェーンメール」の項目を執筆しています。

目次

[編集] 概要

不幸の手紙メール版とも言える。これを回すか回さないかで人生を大きく左右されてしまう可能性もあるので注意しなければいけない。なぜなら、回せば告白されたり幸せになったり良いことがあったりするが、回さなければ好きな子にふられたり不幸になったり悪いことがあったりするからである。これらは、すべて魔法の力によって起こっている。

[編集] 類似品

「チェーン書き込み」や、「バトン」といったものも存在する。前者はほとんどチェーンメールと同じようなものだが、後者は「○人に回してください」と書いてあっても、適当な返事(「今、これを見ちゃった人」など)をしたり、勝手に止めてしまう人までいる。現代が暗い世の中になってしまった原因はこうして大多数の人がバトンを止めて、不幸になっていった人が多いからである。

[編集] 種類

「回せば幸せになるよ。回さなきゃ死ぬよ。」のような小学生の思いつきそうなものから、「テレビ番組で、北海道からスタートさせて、全国どこまでメールをつなげられるかやっています。必ず回してください。」といった凝った作品まである。

中にはいかにも良心的な感じのものもあり、「地震で物資が不足しています。送れる方は○○宛てに送ってください。このメールは必ず回(ry」、「珍しい血液型の患者が手術を受けることになり、同じ血液型の人間を探しているので(ry」といったものもある。

[編集] 現状

大抵の人は、飽きて回すのをやめてしまったらしい。そのせいで、世の中がどんどん悪い方向へ向かっている。しかし、それでは世の中に悪影響をもたらすだけなので、必ず回して、世の中を魔法の力でよい方向へと導かなければならない。

[編集] 関連項目


あなたがこの記事を一週間以内に面白おかしく編集すればきっと幸運が訪れるでしょう。もし編集しなかったら・・・わかっていますね? (Portal:スタブ)

 

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語