チコ (スーパーマリオギャラクシー)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

チコとは、星の形をした生物である。また、成長すると星になる。通称「衛星生物」

特徴[編集]

体長は約30センチから40センチと星とは思えないくらい小さい。色は基本的に黄色であるが、水色やピンク色などもいる。チコ自身の戦闘力は皆無だが、宇宙と重力を操ったり変身したりする事ができる。性格としては温和で義理堅いとされている。言語能力を所持していて、ほかの生物とも会話することが可能。チコの生息地は星の形どおり宇宙である。しかし、特に宇宙空間にしか住めないわけではなく、どんな環境の星でも住むことができる。好物は「スターピース」という宇宙の鉱物。成長すると体を発火させて、1つの星になる。ただし、そのときは普通の星となり意志が消えるため、これは「死」なのではないかという考えもある。

衛星生物[編集]

チコは一部の人間にはよく懐き、その人にずっとついていく事がある。その動きは衛星のように一定の距離でついていくという特徴から「衛星生物」と呼ばれている。懐く人間の条件は良くわかっていないが、餌であるスターピースを引き寄せる力を持っていたり、あるいはたくさん冒険してスターピースを入手する機会が多い人に懐きやすい、という仮説がある。懐いた人に頼まれて別の人についていく、ということもある。また、チコがこのような衛生的な行動をとるのは人間対象だけでなく不思議な力を持った建物などもある。

チコがついていく人間に対しては、「スピン」と呼ばれる不思議な力が与えられる。これは自身を激しく回転させ、高い威力の攻撃とする技である。また、スピンを使うことによりチコが変身した発射台(後述)を使うことができる。この力はただ単に人についていくだけでは申し訳無いと思ったチコが与える力である。ただし正確に言えば力を与えるわけでなく、チコ自身の宇宙と重力を操る力によりこの行為をサポートしている、という表現のほうが正確である。事実、チコが離れたらこの力は使えなくなる。

ただし、このようなチコは意外なことに少数で、大部分が普通に行動している。これは懐く対象となる人間が少ないからであり、また人間1人に着くチコは1体のみとされている。なので普通のチコたちは自分の行動範囲内でスターピースを集めたり、商売によってスターピースを手に入れたりしている。

発射台[編集]

発射台としての能力を発揮しているチコと飛び出した人間。

チコが変身するときによく変身するものである。これは星型の輪のような形で、その中でスピンすると飛び出すことができるものである。着地する場所はチコの重力を制御する能力により一定の位置となっている。この能力はチコ達自身には必要ないが、チコの衛星行動としての対象となっている人を別の場所に必要とされている。それでもこの能力を使うチコにとっては必要性が無いのでチコという種は協力精神が強いといわれている。

似た生物[編集]

チコに似た生物として「星の子」が挙げられる。姿形は似ているが、星の子は上記のような習性は無く、また攻撃能力を有している。

また、ヒトデマンスターミーダークゼロの系統とは何の関連も無い。

その他[編集]

マリオカートWiiではロゼッタとともに隠しキャラとして登場したが、そのとき重量級だったため、チコは重いというイメージが広まっているが、重力を操れるチコの体重が重いというのは間違いである。しかしこのようなデマが蔓延しているのはおそらくロゼッタが実は重いというのを隠すため任天堂とファンが結託うわなにをするやめろくぁwせdrftgyふじこlp

関連項目[編集]

Mario.png マリオ土管に入れません。
とりあえず早く入れるためにパックンフラワーを倒すか穴をあけてください。
できるだけ早くお願いします。 (Portal:スタブ)
Clay pipe.jpg