チャールズ・ダーウィン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第16回執筆コンテストに出品されました。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「チャールズ・ダーウィン」の項目を執筆しています。

チャールズ・ダーウィンとは、進化論を提唱したことで有名な地質学者・生物学者であり、ニート寸前の生活を送っていたにもかかわらず社会的成功をおさめた稀有な人物でもある。

目次

[編集] 経歴

[編集] 生い立ち

1809年、チャールズ・ダーウィンはイギリスの名門貴族の家に生まれた。父は医者であったため、彼もまた医者になるための学校に入学させられたが、外科手術を見るのが怖くて逃げ出すほどのヘタレだったため、医者になることを諦めてしまう。仕方なく牧師になるための神学校に入学させられるが、そこでも宗教の勉強について行けず、生物学や地質学に没頭することとなる。

[編集] 航海

卒業後、彼は海軍の船に乗せてもらい、5年間の自分探しの旅に出た。その途中でガラパゴス諸島に立ち寄り、後の進化論につながるアイディアを得た。彼はヒューマニストだったので、船で黒人奴隷が働かされているのを見てうんざりし、これ以降は海外に出る事もなく一生イギリスで過ごすこととなった。

[編集] 帰国後

旅の経験をもとにして論文を出すと、彼はたちまち生物学者の間で有名人となり、いろんな大学から誘いを受けた。しかし、彼はそれらを全て断って、一生無職で過ごした。体調が優れなかったことに加え、父の財産で一生遊んで暮らせるだけの金があったので、特に職に就く必要がなかったのである。生物学の実験は自宅に実験施設を作って行い、学者との意見交換も手紙のやり取りで済ませた。

[編集] 結婚

1838年に結婚。多くの子供を授かる。1851年に最愛の娘を亡くしたことがショックで、後に『種の起源』を書いたのは、神への嫌がらせのためである、という説もある。

[編集] 種の起源

ニート生活を満喫するダーウィンであったが、進化に関する論文だけは発表に慎重だった。有名な著書『種の起源』に書かれている内容は、だいぶ前からダーウィンの頭の中にあったのだが、内容が宗教的にアレだったので、怖い団体から批判されるのを恐れて発表出来ずにいた。しかし、生物学者仲間から「お前と似たようなこと言ってる奴いるんだけど、早くしないと手柄横取りされるんじゃね?」と言われて仕方なく論文を出すこととなった。その後に『種の起源』を出版したところ、案の定、批判が噴出した。しかし彼は、体調の悪化に加えて、ヘタレでもあったため、論争に参加することはなかった。

[編集] 他の研究

自宅でニート生活を送りながら、フジツボミミズサンゴなどの研究も行った。どれも超一級の研究であったが、進化論のイメージに隠れてしまい、誰も気にしない。1882年、自宅で死去。

[編集] 功績

  • コペルニクスの時代に始まった科学界と宗教界との対立は、ダーウィンの進化論によって決定的なものとなった。この対立は今日でも、学園都市バチカンとの対立などに形を変えて続いている。
  • 自宅に居ながら優れた功績を残したため、ニート界の救世主と称えられている。今日注目されている「在宅勤務」の先駆け的存在であったと言えよう。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語