チャールズ・ホイットマン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情キノコが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

チャールズ・ジョセフ・ホイットマン(Charles Joseph Whitman, 1941年6月24日 - 1966年8月1日)はアメリカ海兵隊の誇るヒーローである。敵拠点の制圧任務「テキサスタワー作戦」において偉大な成果を残すも、同任務中に敵兵の凶弾により殉職する。

テキサスタワー作戦[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「テキサスタワー作戦」の項目を執筆しています。

1966年8月1日、単独で敵軍の養成施設テキサス基地の拠点であるテキサスタワーの制圧を行う任務「テキサスタワー作戦」をスナイパーライフルを含む多数の銃器と食料を装備し遂行する。タワー内への侵入に成功したホイットマン隊員は敵通信士、仕官候補生らを殺害した後、多数の捕虜を取りテキサスタワーを制圧することに成功、その後90mの高さを生かした狙撃によって1時間半にわたって拠点を防衛する。その際500m離れた柱の影にいる敵兵を射殺するという伝説を残している。作戦の間、96分の間に13人の敵を射殺し、36名の負傷兵を出すが、その後地下の配水管から侵入した敵兵により射殺された。

後の評価[編集]

テキサスタワー作戦は彼の殉職により失敗に終わったが、その勇気と任務遂行能力は、武器を持った海兵隊員の殺人マシンとしての能力を誇示し、極右思想の独裁者ジョン・F・ケネディを射殺したリー・ハーヴェイ・オズワルド隊員とともに、鬼教官ハートマン軍曹によって海兵隊の訓練生に語り継がれている。

関連項目[編集]