チュパカブラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
こんなやつ

チュパカブラ(Chupacabra)とは、南米におけるUMAの一派である。

彼らによってカブ(カブラ)が盗まれるという被害が相次ぎ、日本語で「吸う」ことをあらわす擬音語の「チュパ」と「カブ(カブラ)」から、「チュパカブラ(独身男性がカブを女性の胸に見立てて吸っていると思われていた)」と呼ばれるようになった。英語ではカブをヤギに見立てて「ゴートサッカー(Goatsucker)」と呼ばれる。

[編集] 概要

そもそも彼らは日本からの移民とその子孫である。身長1メートル50センチ~1メートル90センチ程度。黄色い肌で、頭部や性器周辺等が黒っぽい毛に覆われ、黒い目をしており、やや胴長短足である。直立が可能で日本語とポルトガル語やスペイン語を話し、勤勉に荒野や山林を開拓し、カブなどを盗む。

カブを盗むのはUMAの活動の一環、パフォーマンスであると言われているが、それにどのような意味があるのかは不明である。そもそもUMAの活動ではなく日本政府が宣伝したほど楽な暮らしではなかった移民生活に端を発する、必要に迫られての野菜泥棒が元であるとする説もあるが、UMAの活動自体謎が多い上、統一された機関を持たないチュパカブラは広報活動に積極的でないためその真偽は不明である。

また、南米では「カブは日本に輸出すると乗り物になる。」という神話も信じられており。UMAではなく土着信仰を下敷きにした新興宗教団体による反社会的活動の一環であるという人もいる。

[編集] 迷信としてのチュパカブラ

ごく一部ではNASA米軍工作員、それらの実験動物、あるいは宇宙人だと信じている者もいる。彼らは『ムー』と呼ばれる古文書を聖典として崇めていることが多い。ただし、それらを裏付ける科学的な証拠が提出されたという記録はなく、それは美人で意地っ張りで優しい幼馴染の女の子の存在信じている者のようなものである。

[編集] 関連項目

この項目「チュパカブラ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語