チョ・スンヒ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

チョ・スンヒとは、1984年に対米国用に製造されたアンドロイド型韓国兵器である。

[編集] 概要

韓国軍では1970年代に秘密裏にウ・ポムゴンの製造が行われていた。ところが、1982年4月26日、女性研究員が兵器に止まったハエを叩いたことがきっかけとなって、兵器が起動。この事故により研究員57名が死亡してしまった。その後、内務大臣が交代し、更なる兵器の開発の研究が行われていた。

1984年、遂に完全なる殺人兵器は開発された。この兵器は一見すると人間のように見える兵器であり、発情や好奇心による放火・ストーカーなどを行い、精神異常者の言動も出来るという超高度な技術を用いた新型兵器であった。この兵器の開発後、約8年間は韓国で倉庫に厳重に保管されていた。

だが、1992年に韓国ソウルからアメリカに向けて秘密裏に投入。その後、映画オールド・ボーイで主演のオ・デスを演じるなど映画俳優として活躍していた。また、イラク戦争をプロデュースするなど、その政治的手腕を買われ、アメリカ合衆国の政治を裏で牛耳っていた。そのため、「機械が人間を支配するなど人類滅亡の温床である」とアメリカ合衆国内で反スンヒ活動が行われていた。

だが、スンヒはこれに対し粛清を計画した。2007年4月16日、アメリカ合衆国バージニア州ブラックスバーグのバージニア工科大学で自らの兵器装置を起動させ、計32名(教員5名、学生27名)を殺害、17名に負傷させた。同日にヒューズ装置で自らの機能を停止させたことは前例どおりである。その事件における声明としてオールド・ボーイのポーズをとった事は非常に有名である。またイエス・キリストになることを宣言し、オサマ・ビンラディン金正日ジョージ・W・ブッシュらを名指しし、「革命を始めよ!」と全国民に呼びかけた。

この後、彼の活動に対し反感を持つ人は少なくなり、日本でも白正哲(日本名は城尾哲也)など、銃による政治的粛清が頻繁に行われるようになった。

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「チョ・スンヒ」の項目を執筆しています。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語