チョーク

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「チョーク」の項目を執筆しています。

チョークとは、無限の可能性を秘めた魔法の筆記用具である。黒板消しというチョークに必須のアイテムと併用することで更に魔力の浴びた筆記用具となる。

目次

[編集] 概要

通常は教師黒板文字を書くのに使用される。投てき武器として使用されることもある。(この場合、急所に当たらない限り殺傷力は低い。)警察官が道にいたずら書きをするのにも使用されることがあるが、このいたずら書きからはいろいろあってお金が生まれるので、錬金術呪具の可能性もある。また、食べるとラムネの味がするとか、山羊母親のようになるとか、様々な効果があるようである。

[編集] 製法

水で練った石膏炭酸カルシウムを整形したものであるとされている。しかし、前述のように様々な効果を持っているので、それだけではない謎の原料が使用されている可能性は多分にある。 一説ではヨーグルトではないかと言われている。

さらにパナウェーブ研究所の最新の研究によるとカルピスと白い液体さらには白濁色の液体などの混合物であるとの研究結果を残している

[編集] チョークに関する考察

基本的には筆記用具として惜しげもなく使い捨てられるものである。が、チョークが前述のような効果を持っていることからすれば、通常簡単に使い捨てられるものとは思えない。この矛盾を解決するための考察を行おうと思う。

[編集] それぞれのチョークは別物である

つまりは筆記用具としてのチョークの他に、錬金術の呪具、おそらくは賢者の石としてのチョークと、ラムネ味のチョーク、声が変化するチョークが存在するという可能性である。

この説は一見妥当であるとも思われる。しかし、全く別物である4つのものに同じ名前をつける妥当な理由が見あたらないという弱点がある。賢者の石を単なる筆記具に擬態すると言うのはまだわかるが、ラムネ味のラムネのようなものであればラムネで良いではないか。

[編集] 筆記具としてのチョークと、もう一つのチョークが存在する

つまり、後ろの三つは同じものであるという可能性である。賢者の石は食べるとラムネの味で、副作用として声が変化すると言ったらバカバカしいが、賢者の石は万病の薬となるものである。声を変えるくらいなら朝飯前だろう。それでもラムネの味がするということに関して妥当な理由は見つけられない。

[編集] 実は同じものだ

チョークの真の価値をほとんどの人は知らない、と言うことである。しかし、警察官は白昼堂々錬金術を使用しているので、この説にも矛盾は残る。

[編集] 結論

結局のところ正体は謎のままである。簡単に正体がつかめないからこそチョークには無限の可能性があるのかもしれない。

[編集] 関連項目

この項目「チョーク」は、気違い死に物狂いで書いたものです。今はまだ狂った内容しかありません。ハイ狂わせてくれる精神異常者を探しています。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語