チーター

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「チーター」の項目を執筆しています。

チーターとはサバンナからインド、そしてゲームの中と広大な範囲を生息範囲としている動物である。ネコ科である。

概要[編集]

ニャンコの仲間だが、愛猫家はチーターを猫と同じく分類することに否定している。 サバンナに生息する個体は足が速く、他の動物と桁違いなため、ドーピング行為を行っていると疑われているほどである。(この行為はチートの語源となっている。) そしてゲームの中では悪質な個体が多いらしく、そのゲームの初心者をどん底へ突き落としたり、そのゲーム自体のイメージを悪くしてしまう(そのゲームのプレイヤーの民度が悪くなってしまう)などゲーム自体のイメージに害を与える事も少なからず存在する。

生態[編集]

サバンナ内でのチーターは、チートである高速移動を用いて狩りをしているゆえに、狩り成功率が高い。しかし、全て上手くいくはずもなく、狩った獲物は目を話した瞬間に他の動物に食べられることもある。 ゲーム内でのチーターがする行為は大半の場合違法であり、警察沙汰になることが多い。そのため刑務所ではチーターが多くいて、彼らの餌となる肉が高いため日本はチーターのために多くの税金をかけている。だがこれはいわゆる税金の間違った使い道である。

結論として[編集]

ゲームはもちろん自分の力でせいぜい堂々とプレイするものである。チート行為を行っている人は自身の力で狩を行っている野生のチーターを見習うべきである。

関連項目[編集]