ツンドラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ツンドラとは、ロシアの寒い地方、もしくは、その地方の人々の性格のこと。ツンデレの親戚ではない。シンドラーエレベーターとも関係ない。ただし、ツンドラーのリストとは関係があるとかないとか……。

概略[編集]

ロシアでは、A級凍土と呼ばれる古からずっと凍ったままの土が存在しており、ウォッカの上質な氷として使われ、時々その中に化石が入っている。どのくらい寒いんだとか、どのくらいの期間にわたって凍ってたとか、どんな化石が旨い氷なのか、いちいち細かい箇所に興味もった人は、できたら自分で調べてほしい。とりあえず先を急ぐから。

B級及びC級凍土[編集]

類似の凍土としてB級凍土、C級凍土があり、B級凍土は朝鮮民主主義人民共和国に、C級凍土は中華人民共和国の旧満州に、それぞれ存在すると言われているが、詳細は不明である。C級はともかくB級は一般人が検証することは現状ではほぼ不可能と言われている。過去にB級凍土を採取しに探検に行った者が数名いるが、生還した者は1人もおらず特定失踪者(=拉致被害の疑いの濃い者)として扱われている。

問題点[編集]

A〜C級の凍土が温暖化の影響で溶け出すと、その地はドロドロの底なしの沼地へと変貌する。同じようにその地方の人の性格も一転してデレデレしたものへと豹変する。特に普段ガードの堅い美女ほどその傾向が強いとされ、俗にツンデレと揶揄される。一説にはウォッカをしこたま飲んで泥酔したおねーさんがそれだとも言うが、真偽は不明である。

とは言え、現時点においてB級凍土はますます硬化する傾向を見せており、今後の動向(北東アジア全域を凍結化させるか、ライス帝国による強制的な溶解が行われるか、C級凍土の影響下で緩やかな軟化へと転ずるか)は一切見通しが立たない。

なお、B級凍土の一部と思われるものが数ヶ国で、特にスポーツイベントの場で目撃されている(○○応援団)が、土質を同じくするより温暖な某国においてものの、見事に溶解してしまい、本国に持ち帰られるやいなや廃棄物処分場へと廃棄された模様。一説には溶解してデレデレ状態となった彼女たちの影響でB級凍土層自体がドロドロの底なしの沼地と化すのを恐れた将軍様の意向による、ともいう。

なお、将軍様の体の一部から派生したデブ凍土(♂、通称マサヲくん)も、日本の某鼠王国で見事に溶解してしまったため、C級凍土の地に留め置かれているとのもっぱらの噂である。

B級凍土の共和国では、マスゲームがあなたを参加する!

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ツンドラ」の項目を執筆しています。