ティエリア・アーデ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ティエリア・アーデ(中の人:糸 色望)は機動戦士ガンダム00の登場人物。本名:間桐慎二、旧名および出生名:ティエリア・望・ピースクラフト

ガンダムマイスターの数がドンドン増えていくことに絶望した!!
軍として軸がぶれている
「絶望Phase、終了」
ティエリア・アーデ について、糸 色望

概要[編集]

マイスターのボス。ヴェーダ(後述)の化身。別名『ガンダムマイスター801』。
ライダーとギルガメッシュのマスターだったが、どっちにも愛想をつかされたので、しかたなくヴァーチェのマイスターになる。眼鏡は視力矯正の為の物かは不明。MSに乗ってる時に外してるので、伊達眼鏡という可能性が高い。
だが、絶望した!中の人自殺男なのに絶望した!
でも「俺は…僕は……私は」とか意味不明な事を口走っているので、装甲を外せばボクッ子な幼女が出てくる筈である。しかし額に石が付いていたり大海賊の子孫であることはない。
目に小型の光ディスクを挿入し再生することができる特技を持つ。融通の利かないガチガチの真面目君で性格も凄まじく悪そうな事から、かなり確実なギャップフラグが立っている。
きっと何か変な壺を集めたり、悪魔召還の儀式をしたり、義妹を手篭めにしたりするお茶目な趣味があるに違いない。
怪しげな体操をしたために、首の筋肉だけが異様に発達してしまった。 その首は、強烈なGがかかって内蔵が破裂しようとも決して折れる事はない。 これにより最もパイロットに負荷のかかるヴァーチェに搭乗する事となった。
ただでさえ訳の分からない連中ばかりのガンダムマイスターの中でも、本名が間桐慎二であるという事実以外、出身、経歴、性別、体重、スリーサイズ、好きな寿司ネタ、など全てが完全に謎というキング・オブ・不審人物。あ、身長は177cmね。 その正体については、死後ツンドラ地帯にかつて存在した王国のプリンスであると判明し、前述の旧名(出生名):ティエリア・望・ピースクラフトも、この時に判明した。ちなみに現在の本名・間桐慎二は、間桐家に養子入りし、日本人に帰化して以降の名前である。 ミリアルド・景・ピースクラフト及びリリーナ・倫・ピースクラフト(後にドーリアン家に養子入りし、本名自体をリリーナ・ドーリアンに改名)の故郷:ピースクラフト家とは従兄妹の関係である。ピースクラフト家の理想である「完全平和主義」の実現が不可能であると悟って絶望し自殺を試みるが、どうせ死ぬなら何かやってから死のうと考え、死んだつもりでCBに加入した。
CBに加入する前に某高校で生徒会長をやっており、高町なのはを敵視していた。ELSとの戦いの後、宇宙船から変形する戦闘ロボットにインストールされ、ウルトラマンゼログレンファイヤーミラーナイトらと共にカイザーベリアルの侵略から銀河を守った。そして無理やり宇宙警備隊に入隊させられた。

作中の活躍[編集]

問題の男みたいな声は、首吊り自殺の後遺症という事で大半の視聴者は納得済みである。過去にガンダムそのものになっていた事もあり、「俺がガンダムだ」を文字通り体現していた。この為、行動は常にガンダムを優先させ、場合によっては仲間のマイスターをも粉砕する。民間人がどんだけ死んでも構わないという彼の考え方は他のガンダムマイスター達を多いに絶望させた。刹那がガンダムマイスターとして不適切だと思った時は、刹那をスカイガールズに追放する変わりに一条瑛花をガンダムマイスターに入れようとさえ思った。好きな言葉は「破砕」「粉砕」「蹂躙」「消滅」「壊滅」「全滅」「絶滅」「死滅」である。
ロックオンが宇宙に散った後の反応を見ると、もしかしてロックオンにチョメチョメだったのではと思える。もし「この戦いが終わったらロックオンに尻を狙い撃ってもらうんだ。」と言ったら死んでいたかもしれない。
ミハエルと同じく、カップヌードルの手先としてCMに声の出演をしている。
FA作戦において、何故か「粒子蓄積量が少なく、トライアルシステムも無い」ナドレで出撃。コーラサワーと刺し違え、絶望的な最期を遂げ、てしまったのだろうか?確かに辞世めいた台詞を言ってはいたが。 その後、あげゃに発見されるもGNドライブを持ってなかった為、見殺しにされた。まあ、あげゃに人助けを頼むのが間違いだが。 とか言ってたら、セカンドシーズンの告知にて生存が確認された。後述のリジェネ・レジェッタとどんな関係があるか気になるところである。

女王様

セカンドシーズン[編集]

3話での行動が原因で一部では刹那とマリナのキューピッドとか言われている。真面目な意味でも丸くなっている。最終的には身体も丸くなる
ところでセラヴィーはキャストオフするのかな?ハイパークロックアップとかしそうだ。
アロウズの黒幕を調べるために男装を止め、女の格好にメイクアップすこしおおきいおっぱい声はお察し下さい)し、パーティーに潜入した。潜入したパーティーでは、敵のお偉い方々を前に「フン、そんなお粗末なアーン♥♥をぶら下げて私をエスコートだなんて、この野腐れ豚ども!」と女王様っぷりを発揮し、連邦のお偉い方々のマゾ心を鷲掴みにした。
13話でメメント・モリを攻撃する際、自機の尻にケルディムの股間が密着していたため、終始興奮しっ放しだったが、中の人がニールではなくライルであると己に言い聞かせる事により、何とか表面上は平静を保っていた。
リジェネとは文字通り血を分けた兄弟だということが判明。もしかしたら他のイノベイターとも広義の兄弟かも。 でもブリングのガラッゾをセラフィムで撃破。「僕は人間だーーーー!!!」名言ですね、わかります。 ミレイナとフラグを立てておきながら、思い人を言うシーンでは、ヴェーダと言った。 最終的には思い人との融合を果たしトチロー化した。
劇場版ではホモホモによるホモのための世界を創るべく、イオリア計画に代わるティエリア計画を発動し、ラッセ・アイオン、グラハム・エーカー、ビリー・カタギリらとともに大暴れする予定である。

関連項目[編集]