テイルズオブシンフォニア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「テイルズオブシンフォニア」の項目を執筆しています。

テイルズオブシンフォニアとは、エニックスが作ったドラゴンクエストナムコインスパイヤしたものである。そのため、パーティは4人まで、ランダムエンカウント、ボスが弱いなど、完璧にパクっているということは誰もが分かることである。

目次

[編集] 概要

このゲームはさっきも述べた通りドラゴンクエストのインスパイヤであるが、戦闘が格ゲーのようになっており「めんどくさそう」「コマンド入力はできないの?」「使いますよ、イオナズン」等との声が上がっている。
ついでに言うと、ゲーム開始から十時間位迄の展開がファイナルファンタジー10にインスパイヤされ過ぎてオマージュと言っても過言ではないとか何とか。ゲーム後半に入手できる「キャラクター図鑑」内の説明文に「服飾デザイナー・ザナルカンド」なんて名があるのは一部スタッフの自爆テロだとか何とか。真相はスフィアの彼方である。
対応ハード
ゲームキューブプレイステーション2の2本立てであるが当初はゲームキューブのみの製作の予定だった。ちなみにプレステ2版の存在意義はライバル作品と販売力を競うためなので別にどうだっていい存在である。
因みにPS2版では追加サブイベント・追加ムービー・追加衣装・追加特技が加えられ、GCユーザーの怒りを買った。しかしハードの性能差故に画面が粗くなった、動きが鈍くなった、ロードが遅くなった、との劣化点も見られる為、意外と一長一短な所もある。PS2<GCだったことを忘れないであげて下さい。
尚、この移植はオリジナル版の売り上げがアレだった為に止むを得ず行われたものであり、「A」開発スタッフを引き込んでまで移植せざるを得なかったことを考えると、えらいひとの見通しの甘さを差し引いても情状酌量の余地は無きにしも非ずと言えないこともない。多分。
しかしこのオリジナル版の僅か一年後にソニー機移植版を売り出すという手法はこの後も「V」「G」で繰り返されており、「S」の追加要素が+α程度だったのと比べてこの二作のそれは正しく「完全版」、オリジナル版が未完成品というか有料βテストかよ、なボリュームだったため、ファンの怒りはより高まると共に、バンナムへの信頼度も底をくり抜くような結果となった。我々は一年待ったのだ!そんな貴方は勝ち組です。
3D
本作はシリーズで初めて全パートを3D化した作品である。が、まあやはり最初ということで、そのポリゴンモデルの出来会えは…一言で言うなら人形劇。リカちゃん人形とかが寸詰まりになったような感じである。
3D化したために衣装を変更するのも作業量的に容易となり、本作はシリーズで初めて、本格的な「着せ替え」システムを導入する事となった。ああ、一層リカちゃん人形ぽくなった…。
が、ファンからは概ね好評価であり、以後のシリーズ作品ではむしろコレがないとファンが不満を持つという何とも贅沢な状況となっている。特に水着はマストである。
しかしオンライン環境が整った「V」「G」では一着数百円程度のお布施を支払わなければ特殊な衣装を手に入れることが出来ない、と言う何ともえぐい商法を展開するに至ってしまったでゲイツ。特に「V」で衣装をフルコンプしようとすると新作ゲームを一本買うのより高くつくことを覚悟しなければならないでゲイツ。というかスキルもアイテムもガルドもレベルさえも日本円で買えるでゲイツ
戦闘パートも当然3D化。マルチラインなんたらかんたらバトル。前線に一人で突撃すると複数の敵に左右からタコ殴りにされて瞬く間に戦死、というおそろしくイジメじみた対応をうけるシステムである。気が突いたら前線で戦うプレイヤーを迂回した敵が後衛をイジメ倒しているという事態も頻発するシステムである。数人がかりでコンボしていると、味方CPUの攻撃で勝手に軸線がずれてコンボをミスるという惨事も避け難いシステムである。
こんな感じで発売当時は古参ファンの批判が止む事はなかったが、なんだかんだ言って3Dバトルはシリーズの主流となった。時流は変えられんのだよ。
鬱シナリオ
テイルズは厨二病患者向けだからそもそも鬱展開は多い、とか言われると二の句が継げないが、それでも本作の鬱展開は並大抵ではない。
とにかく人が死ぬ。全年齢対象なのによく死ぬ。
主人公サイドも殺しまくる。仲間の一人は半ば爆弾魔。仲間の一人を殺す展開も。
グロも多い。人が肉塊的な何かになったり、白骨化した父の亡骸を「看病」し続けたり。
「差別」もテーマの一つなのでそこら辺は全編を通してグイグイ突かれて来る。
ヒロインが人身御供な上に不治の病。
ラスボスが病んでるショタ。
細かく挙げればまだまだ行ける。因みにコレはシナリオライター実弥島巧の嗜好が原因らしく、彼はこの後の「アビス」でも大いに鬱展開を披露しており、「シナリオ協力」した「ラタトスク」でも序盤の主人公の迫害のされ方について、開発陣から待ったをかけられる程に強力な原案を用意していたらしい。
本作のヒロインは、実は義妹萌えを狙って生み出されたキャラクターである。
主人公から見て一つ年下の幼馴染である。
主人公より身長が0.096hyde低く、常に見上げられる(上目遣いで見つめられる)形となる。
中の人がアレの人である。
彼女のイメージソングとも言える主題歌を歌うのがmisonoである。
とまあ、妹的要素はふんだんにちりばめられているのだが、他にも余りにも多くの萌え要素を注ぎ込みすぎたせいか、俺の妹がこんなに可愛いわけがないと疑心暗鬼に陥ったプレイヤーから、義妹ではなくただの幼馴染である、とレッテルを貼られるに至ってしまった。
この反省から、続く「リバース」「レジェンディア」では主人公最愛の義妹キャラは案外主人公にそっけないというリアリティを投入。結局プレイヤーからの反応は両者共に、可愛いげない'と不人気に終わってしまった。義妹ヒロインとはテイルズにおける永久の課題である。
え、「グレイセス」のソフィ?あれはくっつかないし。むしろ「無知な姉」だし。
因みに、上記第四点目が分かり難い人に説明しておくと、デビュー当時のmisonoは妹キャラとして売り出していた、のである。今を知る者としては隔世の感があるが、紛れもない事実である。証拠?こんな感じ→http://www.youtube.com/watch?v=Klk3aS1aAPk&feature=related
その他
また、地名やキャラクターの命名がかなりいい加減である事でも知られている。特にコレットは「名前考えている時にさ、前に居た車にコレットって書いてあったからコレット」といういい加減な理由で考えられたし、車といったらプレセアだとそのまんまである。さらにジーニアスは英和辞典である。そのため、ゲームの出来とは裏腹にキャラクターの名前については不評である。
この作品の登場キャストは何故かメタルギアソリッドシリーズにも出演していたキャストが多い。発売当時に参加してなくともその後出演したキャストもいる。結果的に大抵がMGと被ってるが、まあ良くある話である。

[編集] システム

スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、アルバス・ダンブルドアセブルス・スネイプに殺害されることや、ロン・ウィーズリーはハーマイオニー・グレンジャーと結婚することや、パンティはストッキングにバラバラにされることや、弓塚さつきは吸血鬼になって志貴に殺されることや、神裂火織は天草式十字凄教を見限ってしまった過去があることや、まつざか先生の恋人がテロで死んでしまうことや、スカルマンの肉体がBG総帥に流用されたことや、ケロロは幾度か記憶を消されそうになったことがあることや、悪魔となった暁美ほむらが再構築した世界では鹿目まどかが転校生としてやってくることや、PJは死亡フラグを3つも立てた後ピクシーに撃墜されることや、イリッチはマルコフの親友で敵側のスパイであることや、日本は沈没することや、ライダーマンが実は生きていたことや、野上愛理の記憶喪失はハナの存在をカイから隠すためであることや、フェイト・テスタロッサは人造人間のような存在であることや、アポロは羽犬ポロンの生まれ変わりであることや、一条輝が最終的に早瀬未沙を選ぶことや、マサトの正体は羽根井優希であることや、ファイレクシアの侵食でミラディンがNew Phyrexiaに変貌することや、マザーK市にはもう誰も住んでいないことや、クリア・ノートは「シン・クリア」の術が破られるごとに完全体へ近づいていくことや、オレストス・モーズレイの正体はエルダでスカディの一員であることや、柊蓮司が無事に輝明学園高等部を卒業することや、ローランド・デスチェインは再び暗黒の塔を目指さなければならないことや、ウェインはキング牧師を暗殺することや、ジェットがファルガイアのサンプルであることや、しずくちゃんは空に帰らないことや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

[編集] セーブシステム

セーブのありがたさを知ってもらうため、このゲームにはセーブは一切無い。
よって停電によってデータが消えてしまい嘆く者、間違ってコンセントを抜いてしまう者、引っ越しても以前の家に残ってひたすらこのゲームをプレイする者、ナムコ本社に抗議しにいく者などが現れ、一時は社会問題までに発展したという。
後にセーブシステムがついたリメイク版が発売したが、「セーブのありがたさを知ってもらう」というコンセプトは完全に失われてしまった。いわばチーターマン状態である。

[編集] 好感度システム

ストーリーを進めるにつれて、何箇所かで選択肢が発生する。その内容で好感度が変化し、さらにはエンディングも変化する。 しかし間違った選択をすると即死なので注意が必要である。 なお、エンディングはバッドエンドを含め10通り存在する。 残念ながら、人気の高かったサブキャラクターの、ミトスやマーテルは攻略不可能である。

コレット編
「永遠の13歳」というコレットに憧れ、二人で自ら欠陥品のエクスフィアを装備し、成長を止めてしまう。
そして、彼らは永遠のアイドルとして、プロデューサーの元で仕事をするようになる。
ちなみに、アイドルマスターの中にはコレットらしき姿が確認されている。
ジーニアス編
対腐女子要員。ホラ、アレですよ、アレ、ニアとかと同じ位置ですよ。
と思ったら終盤にまさかの「お前、女だったのか!?」
この瞬間、全国幾万の貴腐人が血の涙を流しながらディスクを叩き割ったと言う。
バレット編
「クラウド・・・俺、ずっと前からお前のことが・・・」何でここにいるのかは不問。
リフィル編
「先生・・・」「ロイド・・・」脚本はA××Danger!!××監督
「ロイド・・・400点中25点か。お前は今まで何を学んでいたのだ嘆かわしい!」
と言う訳でほぼ全編ガチの補習授業。下半身の補修は期待するだけ無駄ですよ。
クラトス編
「ロイド・・・」「クラトス・・・」脚本は腐った女子。
ツンデレやら剣の修行やら裏切りやらが織り成す、目くるめく腐の世界。
でも終盤に「う、嘘だろ?クラトスが俺の…母さんな訳ないだろ。俺は信じない…信じられない!」
母さんはAAAカップでした。ハイやっぱり数万枚のディスクがへし折られましたとさ。
ゼロス編
ロイドは、ゼロスが下着泥棒に何件も連続で入り、その天才的な技術に魅了される。
ついにはロイドまでが下着泥棒をしてしまい、たっぷりと男のロマンを満喫する。
しいな編
そりゃこのボディーなら当然パ××Danger!!××
を期待した皆さんには残念ですが、全年齢対象でそれは無理ですよ。
でも他のルートよりは色気が多いかな。ドレスがはだけるとか水着ポロリとか温泉ドッキリとか。
不自然にコレットがコケたり水飛沫が弾幕みたいになったりして見えないけどな!
リーガル編
尿意をもよおし、公園のトイレへと向かっていったロイドは、ベンチに座っていたリーガルを一目見て、「いい男…」と思ってしまう。
その後、二人はトイレの中でアッー!
プレセア編
ロリ物のAVに出演させるため、エクスフィアで放心状態にしようと企むも斧で脅され逆レイプされた後に、
生涯を性奴隷として生きることを誓わされることになる。

[編集] ストーリー

[編集] あらすじ

シルヴァラント編
うら若き乙女を生贄に捧げれば繁栄が約束されるという、そんな怖い伝承が黄金律となっているシルヴァラント。生贄作戦が800年失敗し続けな為、住人は食うものにも困ってます。
そんな世界の片田舎イセリアではよくこける子が栄えある生贄に選ばれました。もう失敗してる余裕はないので脇チラが魅力的なアラサーと暴力事件で問題をおこしたサド教師が護衛として付けられます。
幼馴染の頭が残念な子は頼まれてもいないのに勝手に同行、サド教師のショタ弟も巻き込まれて危険な旅に加わる事となりました。さあ彼らは生贄をちゃんと送り届けることが出来るのでしょうか。
この後はまあ、暗殺者に狙われたり遺跡巡りをしたり強制収容所に爆弾テロをしたりしながら旅を続け、胸が不要なまでにデカイ忍者が出てきて月に住んでるのはウサギさんではなくお金持ちだったりすることが判明する訳ですが、結局頭の残念な子は妹分のよくこける子が惜しくなって生贄の儀式を妨害、シルヴァラントに居られなくなってお月さまに逃げ込む事になるのでした。ついでに言うとアラサーには儀式の場で裏切られました。
テセアラ編
さてはてお月さまテセアラに逃げ込んだ一行でしたが、よくこける子は旅の疲れで重い病気にかかってしまっていました。当面は彼女の病気を直すために右往左往する事になります。
一行は薬を盗むために月の立派な城に忍びこみ、案の上捕まりました。しかし歩く猥褻物の執り成しでなんとか釈放されました。しかも彼はお医者さがしの案内もしてくれるそうです。良い人すぎて何か裏がありそうですね。ついでに潜入に協力してくれたロリっ娘も釈放されるそうで、故郷に送り返されるのに同行する事になりました。
この後はまあ行ったり来たりしたのに結局医者は見つけれず、やけになった頭の残念な子が適当に処方したオリジナル調合薬を飲ませたらよくこける子の病状は若干マシになりましたとさ。でも下手な民間療法は後が怖いですからねえ。
さてはて意識の回復したよくこける子は生贄にならずに故郷を救う方法を兄貴分と共に探すことにしました。まあ死ぬのは怖いですからねえ。でもそんなに上手く行くものですかねえ。とにかく、一行は月の世界を冒険することになったのでした。
なんか手錠マニアも勝手についてきました。ショタ坊は手錠がロリ娘を見る時の視線が気に喰わんとご立腹ですが、旅は道連れですよね。ついでに言うと、一行は何故か冤罪を着せられたサドショタ姉弟を連行途中に強引に奪還してるので、月の世界でもお尋ねものとなってますからね。
で、例によって例のごとく当てもなく右往左往し、よくこける子がさらわれて取りかえしてを繰り返してる内に何となく故郷と月の両方を救う方法が見えてきた訳で。中途半端に繋がっている故郷と月を切り離せば良いとか。他に手もないので一行は危険な賭けに挑戦するのでした。
四つ葉のクローバー探しのお兄さんと協力することになり、故郷に一度帰って下準備をして、さあ一大プロジェクトがスタート!…見事に失敗しました。港町がまるまる一個壊滅する位の大失敗でしたとさ。
世界統合編
因みにそうこうしてる内によくこける子の病気が再発…というかかなり無理して我慢してたのが悪化してしまったので、妹分第一な頭の残念な子はまたしても世界を救うのもほったらかしにしてお医者探しにのめり込むことになるのでした。この頭の残念な子の中では基本的に、妹分>>>>>(越えられない壁)>>>>>世界です。とんでもない主人公ですね。
でまあしつこいけど右往左往してる内に一行は寄り一層深いレベルでこの世界の仕組みを理解することになり、よくこける子の病気が完治するころには、倒せば取り敢えずは何とかなる黒幕を見つけたのでした。テライケメンでノーマルもショタもOKなハイクオリティが相手でしたが、頭が残念な子は妹分以外には容赦ナシでしたとさ。
ついでにその頃には手が四本生えたマッチョから、世界を救うためには故郷と月を一つにするしかないなんて突拍子もない話を聞かされており、鵜呑みにした頭の残念な子は喜び勇んでそれに飛びついたのでした。それが成功するんだから、世の中分からないものですねえ。
後日譚
そういった次第でシルヴァラントとテセアラは文字通り一つの世界に融合して消滅の危機を乗り越えました。が、大抵の住民は裏事情までは知りようがない訳で。日常の細かい不満とかまでも全てが、この融合の首謀者である頭の残念な子とよくこける子のせいだ、なんて論法がまかりとおる時代は意外とすぐに訪れるのでした。こう、二年後位に。
尚、本作のヒロインは間違いなくよくこける子でありOPでもそのように遇されていますが、頭の残念な子の恋人或いはパートナーは自由に選んじゃって構いませんからね。彼の頭の中が妹分>>>>>(越えられない壁)>>>>>世界なのは事実ですが、それと恋愛はやはり別ですので。それが大人の恋というものです。

[編集] 世界観・用語解説

シルヴァラント
4000年ほど前に勇者ミトスがかっさばいた世界の内の片割れ。
衰退世界という不名誉な称号がなんとも似合う世界。食う物もろくにないし盗賊の類は横行してるしハーフエルフは徒党を組んでヒトを支配してるし挙句の果てにモンスターまでワサワサ居るし。因みに「国」「政府」という存在は800年来絶えて久しくなりぬれど。何それ美味しいの?
テセアラ
片割れその2。繁栄世界という贅沢な称号が似合い過ぎる世界。食糧は豊富で科学・文化の発展は並大抵でなく、モンスターなんて先ず見ることが無い。今に見てろよ…。でも別にユートピアではない。
デリス・カーラーン
↑の連星の周りを一定周期で周回する彗星。実は人が住んでる。
エターナルソード
「8年前」にクレスが使っていたアレ。とは随分デザインが違うなあ。
4000年ほど前に勇者ミトスが世界をかっさばいた時に使った剣。その名の通り時を司る魔剣だが、ついでに空間も好き放題である。遠く離れた彼女を盗み見する為に使う道具などでは断じてない。分かってるのかねクラース君。
オリジンの許可を得、アダマンタイトと神木とダイヤモンドで契約の指輪を作り、フランベルジュとヴォーパルソードを媒介にしてようやく自由に扱える・・・と思いきや、二刀流ロイドは二本分離状態で戦うものだからバトル的にはほとんど意味がないというガッカリウェポンだったりする。秘奥義の時に一応使ってるが、すぐに分離するし・・・
そんなプレイヤーの怒りが生み出した現象が、コレだ→http://www.youtube.com/watch?v=L2ONj2SHvKw&feature=related
精霊
エルフとかそういうの、ではない。地水火風その他のエレメントを統べる存在、というかそのもの。でも性格はアレな連中。
エルフ
耳のとんがった人々。1000年くらい生きる。魔法も使える。でもでシャイなので大抵隠れ里に引っ込んでる。たまに物好きが里を出てヒトとくっつくことがある。実は元々は異星人。
ヒト
ホモ・サピエンスと特に変わる所のない人々。魔法も使えない。
魔法
書いて字の如くのアレ。エルフとその血を引く者にしか使えない。つまり、そこら辺をうろちょろする盗賊魔法使いにもエルフの子孫がワサワサいるという訳だ。一応、ある粉薬をのめばヒトにも使える。
ハーフエルフ
エルフとヒトがアレコレした結果。寿命は1000年近いし魔法も使えるし割と積極的。でもエルフからもヒトからもハミ喰らわされて大抵悲惨。
ディザイアン
そんなハーフエルフたちが気合をいれた組織。ヒトをいびるのが表の活動目的。この豚が!何故かシルヴァラントにしか出ないのにはちゃんと理由がありますよ。
マーテル教会
両世界で普及率ナンバーワンという宗教。L・O・V・E・女神マーテル!
天使
羽の生えた偉そうな連中。衰退世界で再生の儀式とやらをしきりに勧めて来るというか強要してくる。
クルシス
そんな天使たちの組織。組織を組める程ワサワサいるそうな。マーテル教会はコイツらのいいなりです。
再生の儀式
空高くそびえる塔で密かに行われるという噂。コレが成功すれば、衰退世界と繁栄世界が入れ替わるのだが、800年ほど行われていない。
神子
再生の儀式をするべく選ばれた乙女。16歳限定。衰退世界中を旅して全ての儀式を行い、儀式を完遂した暁には天使に迎えられるであろう。でも故郷への帰還率は0%。
マナの血族
神子は基本的にこの一族からしか選ばれない。結婚相手はクルシスの指示で一々決められる。色々な意味でサラブレット。繁栄世界では最高位の貴族として扱われるが、衰退世界では食うものには困らなくて済む、といった程度。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

[編集] キャラクター

ちなみに、この物語に出てくる人物はほとんど変態である。

[編集] チーム・神子神子ナース

「攻略王」ロイド・アーヴィング
17歳 1.109hyde 58kg 小西克幸
言うまでもなく主人公である。
また中ニ病患者であり、数々の痛い言葉でメンバーをしらけさせる。
ミコ萌えショタ萌え先生萌え親父萌え巨乳萌えロリ萌えガチムチという広いってレベルじゃねーぞ!な守備範囲を誇る。
このゲームの中でも1、2を争う変態であり、好感度が最も高くなっている相手に対して異常なほど執着する。武器もあっちも両刀使いだぞ。
因みにシナリオ冒頭のコレットの置き手紙(遺書)で、「大好きなロイド」と事実上の告白を受けているにも関わらずスルーしてしまった理由は二つ考えられる。
1。大人っぽい方が好きだし胸も大きい方がいいよなあ。世界中を旅すればもっとハイランクなのに会えるよなきっと。…と言語道断な高望みをした説。
2。コレットがそこだけ漢字に振り仮名を振り忘れていて読めなかった説。
「1本の強さが100なら2本持てば200になる」というどうしようもない理由で二刀流剣士に。戦闘キャラとしては非常に使い易いのだが、シリーズ歴代のオーソドクスな剣技ばかりであることから、オリジナリティがないなどと酷い意見も多い。
が、そういう輩は大抵、ルークよりガイの方が使い易いとかルカよりスパーダの方が使い易いとかユーリよりフレンの方が使い易いとか言うものである。
「ウォールブレイカー」コレット・ブルーネル
16歳 1.013hyde 44kg 声:水樹奈々
シルヴァラントのミコ。ロイドとは前世からの仲。エクストリーム輪投げのプロでもある。
本人は16歳であるが、そのドジっぷり(転んだひょうしに他人の家のかべに人型の大穴を開けるなど)と可愛さから、「永遠の13歳」と呼ばれている。
ロイドに対する好感度が異常に高く設定されており、彼女以外を攻略する為には対象キャラの好感度をガンガン上げるだけでなく、彼女を徹底的に貶めなければならない。だが簡単な選択では下がらないし、どっちの選択をしても高感度が上がる場合もある。しかも、どんな選択をしても健気にデレ100%で接しようとするので、「下げる」作業にはミトス戦よりも根気が必要。あれ・・なんか画面がぼやけt・・・普通の神経を持つ人なら途中で辛くなるだろう。
コレットという名前に某大衆車のグレード名だと突っ込んではならない。そんなの分かっている。意外にもドアドアの実の能力者だが、未熟者故に空いた壁を治すことは不可能である。なお、分かってると思うが作中の登場人物のドアとは一切関係がない。
ちなみに立場上、パーティ離脱回数とさらわれる回数は歴代全ヒロイン中トップクラスである。これもヒロインの宿命か・・・。というか、ヒロインなのにまともな回復魔法が使えないからこそ離脱させられまくっている可能性もある。防御力は紙なのにそれでも前衛に突っ込んでいく困った子でもある。
戦闘参加率を限りなくゼロに近くしても何の問題もなくクリア出来るという、ある意味画期的なヒロイン。ただし敵からアイテムを盗めるのは彼女だけなので、出撃させれば金策にはなる。ヒロインの仕事とは思えないが。
「英和辞典」ジーニアス・セイジ
12歳 0.904hyde 29kg 声:折笠愛
アレな両親に「天才の(Genius)賢者(sage)」という中二病全開な名前を付けられ、さらには英才教育を施され、結果としてIQ250の天才となってしまった。
しかし本人は「天才と馬鹿は紙一重」という言葉があるためか、なるべく馬鹿な選択をするように気をつけているらしい。
また、あらゆる学問をマスターし、そのため12歳で大学院を卒業、史上最年少での卒業生となる。
攻撃はけん玉魔法を使用する。どちらも世界を破滅するほどの威力が秘められている。
かなり真面目な性格であったがプレセアに一目惚れしてから彼の何かが弾け、徐々に変態へと染まっていく。が、ミトスと出会いホモショタの道は走ってしまう。ゲーム終盤ロイドとミトスに挟み撃ち、ヒロインと化する。
また、阪神及び任天堂びいきの例の英和辞典とは全く関係ない。余談だが、テニスの王子様の表紙の端っこあたりを探すと必ず彼の名前が記されている。
TP切れを起こすと前線に突撃し、けん玉で果敢に敵と交戦を始める。で、大抵返り討ちに合って「姉さん…」と末期の言葉を遺す。こういった行動は以降のシリーズの魔法使いにも多々見られるものなのだが、彼の場合それらのキャラの誰よりも通常攻撃がショボ過ぎるため、「引っ込んでろ!」と多くのプレイヤーから怒声を浴びることとなった。
「ゴージャスウルトラクールビューティー女神様」リフィル・セイジ
23歳 1.064hyde 49kg 声:冬馬由美
名前の通り(Refill)回復担当。ただし、料理の破壊力は回復不能。非禁則事項ですなのでユニコーンには会えないらしい。
回復担当だが、その気になれば人間牧場をバーンとぶっ壊すほどのテロ行為を行うこと程の力を持つ。ついたあだ名がフエル爆弾であり、無尽蔵に爆弾を増やすことも可能である。
極度の遺跡オタクオナニーのおかずも遺跡らしい。遺跡を馬鹿にした奴は問答無用で蹴られる。
はははぁぁあ!!素晴らしい!!素晴らしいぞみんな!!(#^∀^)
弱点は水で正真正銘のカナヅチである。たとえ海水浴で水着は着ても、泳ごうとはしない。豊満ボディと水着が泣く。
上述の通り、回復魔法のエキスパート。従って、ボス戦には出さざるを得ないし、大抵のプレイヤーが彼女の戦闘参加率を高水準で維持している。即ち戦闘パートに関しては完全にヒロインのポジションを教え子から奪っているといっても過言ではない。
因みに弟同様、TP切れ後は杖を振りかざしながら果敢に前線に突撃して、やっぱり無残な亡骸を晒している。OPで華麗にぶちのめされている敵は実は撮影用のサクラであり、あのヤラレ役はファンクラブ公募で数千倍の倍率を勝ち抜いてあの場面に立てたのである。
「まさにダンディーなお父さん」クラトス・アウリオン
28歳 1.192hyde 78kg 声:立木文彦
通称ストーカー親父。4000歳以上サバを読んでいる。
4000歳以上年下の女性と結婚し、4000歳以上年下の子供をつくったことからかなりのロリコンだというのが分かる。
パッケージを見る限りはロイドのライバルキャラのようだが騙されてはいけない。
場合によっては物語中盤の裏切りを最後にフラグを立てない限りパーティには復帰できないというある意味気の毒なキャラ。
さにンディーな父さん、略してマダオ
メンバー内での扱い。
「( ゚∀゚)o彡゜おっぱい!おっぱい!」藤林しいな
19歳 1.051hyde 48kg 声:岡村明美
がトラウマというドジな暗殺者。じいちゃんは統領。相棒はコリン(ヴェリウス)。
かなり真面目な性格であったがコレットに一目惚れしてから彼女の何かが弾け、徐々に変態へと染まっていく。
ゼロスをぶちのめす事が彼女の日課だが、戦闘では弱い。イベントでは「魔導砲」と言う名のかめはめ波を放っているが、勿論秘奥義な訳がない。OPでは華麗に鬼みたいなのを倒しているが、ゲーム中ではあんな動きは出来るはずがない。
召喚魔法を使えるが、基本前衛。なのだが…リーチとか技の性能とかがアレ過ぎるので…恋敵諸共ベンチウォーマーが基本というプレイヤーは少なくない。
因みに「しいな」とは「粃」或いは「秕」と表記する場合、「殻だけで身のない籾」とか「実らないで萎びた果実」、とかを指す。要は中身のない奴、という意味で。バトルでの使えなさを如実に表しているといえない事もないが、酷い命名である。まあ、「シーナ(Sheena)」を平仮名表記しただけ、という可能性もあるが。というかそうであって欲しい。
「変態仮面」ゼロス・ワイルダー
22歳 1.147hyde 68kg 声:小野坂昌也
手背荒の「アホ神子」。ロイドの師匠。
通称「歩くわいせつ物」。もちろん意味は文字通りである。
もともとは純系の王子であったが、王子ブームのおかげで、自分が王子(ワイセツ王子)である、ということをすんなりと受け入れてもらった。
趣味は同人誌の買い歩きにフィギュア集め、コスプレ、エロゲーの転売であり、彼が極度のオタクであることは誰もが知っている事実である。
しいなに殴られるのが日課だという事実は、彼がかなりのドMだということを物語っている。
彼のルートだと最強レベルの変態同士が絡んでワケがわからなくなる。
スリのプロで女性をターゲットに話しながら物を盗む窃盗犯である。
プレイヤーがクラトスを選ぶ場合は4人がかりでフルボッコにされるという悲惨な最期を遂げることになる。
「マイトチャージ!」プレセア・コンバティール
禁則事項です歳 0.884hyde 24kg 声:桑島法子
見た目は子供、頭脳は大人!幼女。ツインテールが重力に抗い過ぎている。
今作のセーブ担当だが、セーブを呼び出しキャンセルをし続けると好感度が下がってしまう。
小柄に似合わず重たい斧を普通に振り回す。
体格に似合わない武器を振り回すのもまた萌えである。(by泉こなた
しかし相変わらず 台詞が原稿用紙・・・うわ!なにs・・・
趣味は彫刻作りでありそれを邪魔する者は誰であろうと血祭りに上げる。
彼女もあいつら程ではないがサバをよんでいる。
プレセアという名前について、あの自動車のパクリ説が浮上している。スクール水着を着てはくれなかった。
「私は帰ってきた!!!」リーガル・ブライアン
33歳 1.211hyde 85kg 声:大塚明夫
通称「スネーク」。ダンボールの扱いと料理が一際上手いことが、彼がかつてホームレスであったことを物語る。
ダンボールネタがなんと続編に。
彼が手枷をはめているのは趣味。ドMであることは間違いない。諦めずに毎日二足歩行で歩き続けた結果、足技(カポエイラ)をマスターした。
大企業の会長で年収は600億以上。だがメンバー全体の所持金につぎ込まない事からかなりの守銭奴だというのが分かる。
プレセアのとつきあっていたこともある重度のロリコンであり、ジーニアスから毛嫌いされているがどっちもどっちである。
最初は自分が変態であることを認めていなかったが、ロイド達の出会いで少しずつ真の変態として目覚めていく。
アメ車に詳しくないと知らないかも知れないけど、そこんとこは気にしなくていい。

[編集] クルシス

ミトス・ユグドラシル
14歳 身長0.98hyde 41kg
声:高山みなみ
本作のラスボス。青年モード、少年モード、最終形態、があるが、最強であるべき最終形態が弱すぎると専らの評判。コンボの標的でしかない。その弱さはPS版「D」ミクトランにも匹敵し、RPG界最弱ボスの座を奪ってもおかしくないほどである。
通称「バーロー」お姉さま(*´Д`)ハァハァな人。ロイドのことが嫌い。自分の姉以外の他者に存在価値を見出せない生粋のシスコン。
元々変態であったがジーニアスに一目惚れしてから彼の何かが弾け、さらに変態へと染まっていく。
これも4000歳以上サバをよんでいる永遠の中ニ病患者である。    

[編集] レネゲード

ユアン・カーフェイ
声:森川智之
ドジっ子。立木を暗殺(未遂)した帰りに婚約者との指輪を落としたり、ロイド御一行に薬を盛ったつもりで自信満々に出向くも薬が効いてなかったりといつもドジを踏む。彼のドジのせいで世界が微妙にピンチになったことも。
ミトスに内緒でレネゲードを結成、神子の暗殺による「マーテルの器」作成の阻止(=世界再生の妨害)を800年にも渡って続けた根気があり過ぎる人。これにより内実は茶番に過ぎなかった世界再生の旅が、生還率0の死亡確定ゲームに変貌を遂げ、シルヴァラントが衰退し過ぎる原因を作ってしまった。
因みにパルマコスタの大樹暴走も、その原因となった作戦の発案者は彼。クラトスに怒られて事後対応に慌てる辺り、彼は基本的に出たとこ勝負な生き方をしていることが解る。
またこいつも4000歳以上サバをよんでいるが17歳教に入信している上ドジっ子なので永遠の17歳である。四つ葉のクローバーを探しており、度々ロイドたちと出くわすこともある。
ボータ
声:黒田崇矢
ユアンの補佐。常識人。
上司がドジっ子なのでかなり苦労しており海水浴にも行けなかったため水攻めを食らった時泳ぐことが出来ず溺死した。


[編集] ディザイアン

ゲームではボスキャラクターだが漫画版では全員あっけなく死ぬ。特にフォシテスとロディル。考えてもみると五聖刃はアビスの六神将やリバースの王の盾等と比べると全く人気が無いのは女性が一人だけ、そして何よりも全員個性があまり強くないことやボスの割には弱いことが原因かもしれないことは突っ込んではいけない。

フォシテス
声:吉水孝宏
イセリア人間牧場の管理者。ハーフエルフ界の英雄と呼ばれているが、所詮敵キャラ、やられキャラ。漫画版では無残にも序盤でマーブルお婆さんの捨て身の活躍だけで死亡する。エクスフィア怖い。
ゲーム本編では後半まで生存、するだけであまり出番はない。ボス戦に勝利すると魔導炉に転落。何とか生還し背後から忍び寄りロイドを射殺しようとする、までは良かったが、コレットが身代わりになった為果たせず、逆上したロイドに止めを刺された。
3D化の影響か、今までは何となくお茶を濁していた殺人シーンがより生々しく表現された本作だが(まあ出血もないし人形劇の範囲で、だが)、主人公が人を刺し殺しているシーンなんてのが入っている作品が「全年齢対象」というのも意外な話である。
'マグニスさま'
声:川田紳司
パルマコスタ人間牧場の管理者。年中豚、豚と連呼し、豚を飼育してる豚マニア。特技は首コキャ。この豚が。
マグニス「さま」だ、豚が。
同僚に通信で嘲笑われながら死ぬ。だからどうした豚が。
五聖刃の中でも一番人気で、ついには「祝!予約特典ドラマ出演」を果たした。見たかこの豚が。
クヴァル
声:牛山茂
ルイン人間牧場の管理者。年中黙想しているのか、単に糸目なのかは不明。
シルヴァラントでのエクスフィア加工は彼の牧場で行われている。しかしベルトコンベアに乗せられた人々が次々と機械で処理されてなんやら良く分からないブツとして出てくる、なんて表現がある作品がよくもまあ「全年齢対象」になれたものである。
クラトスの妻にしてロイドの母アンナもこれの被害者。と言う訳で、ボス戦後はクラトスに滅多切りにされて死亡。血は出ないが、正直これも最近の基準だと危ない。
ロディル
声:青野武
まどうほうとやらを開発した人、階級は大佐。リーガルとの関係はまったくない。
マグニスに「ロディル」と名前を呼ばれたのにも拘らずテセアラで自分から名乗り出るまでメッセージウィンドウの名前の欄が「????」と書かれていた可哀そうな方でもある。
漫画版では序盤でクヴァルが死亡した際に裏切ろうとしていたことがプロネーマにバレて殺されてしまうというフォシテス同様不遇の扱いを受けている。
ゲーム本編ではストーリー中盤あたりまで生き延びるが、コレット同様に「永遠の68歳」を目指しハイエクスフィア(偽)を装着するもなんだかよく分からない肉塊になり死亡。
プロネーマ
声:牧島有希
リーダー。ユグドラシルに惚れてる。
「5人揃って、五聖刃!」という掛け声と共に、どこからか現れる正義悪のヒーロー。
専らお腹をすかせた子供にマグニスの飼っていた豚を当人に秘密でプレゼントしている。
かなり終盤まで生き延びるが、ロイドらに敗れた後、この役立たずがとユグドラシルに…

[編集] その他

アビシオン
アンビシオンなら野望である。魔将ネビリムの遺物を集める男。全部揃えると本性を現して隠しボスになってくれます。やりこみユーザーならタイマンノーダメージクリアとか色々出来なくもないが、基本的には初見殺し。ガードしてても5秒持たない位攻撃力が高い。「甘い!甘いぞッ!」うるせえよ。PS2版だと秘奥義まで付く。ほとんど詐欺。
ソードダンサー
隠しボス的な何か。何となく優雅で妖艶な響きの名前だが、基本骸骨なので期待は無用。魔界の実力者らしい。
計三回戦うことが出来、最終的にはロイド用の強力な武器をくれる。しかし毎回戦闘にイベント発生期限があるため、一度でも逃すとアウト。しかもギリギリの時期でもかなり強い。
というか、シナリオ序盤の簡単なダンジョンでなんとなく存在感のあるでけえ頭蓋骨に話かけたら戦闘発生、時期的に勝利は絶対不可能、なんてのは正直釣り以外の何者でもない。
何げにOPに登場している果報者。
ファイドラ・ブルーネル
コレットグランマだがキュアフラワーではない。その妹である。シルヴァラント・マーテル教会でも名の知れた存在。何気にコレットが礼儀正しいのは彼女の教育の賜物だろう。
フランク・ブルーネル
コレットパパ。やもめ。娘が神託を受けた為に、実の父ではないと村で肩身の狭い思いをする羽目に。入り婿。如何にも気が弱そうだ。
イセリア村長
イセリアでの憎まれ役の立場を一身に引き受ける気の毒な人。一応村長として色々真面目に考えてはいる。途中で姿が見えなくなるが、2年後たる続編でもしっかり村長は続けている。愛犬家。
アリシア・コンバティール
故人。プレの妹。会長の元カノ。さて一体二人は何歳の時に付き合っていたのか、と会長のロリ疑惑を焚きつける事になった人物。
イベントでは在りし日の姿を見る事ができるが、ロリ容姿+ツインテ+ミニスカメイド服と、会長の秘められた嗜好を露わにしすぎてしまった人物。
ダイク
攻略王の親父。父さんではない。見た目はちょっと頭の大きめな小柄なおっちゃんだが、この世界の人間は一目でドワーフと気付く。この感じだと某配管工兄弟はこの世界では間違いなくドワーフ判定である。
数少ないドワーフの生き残りで腕の良い職人。聖堂修繕なども手がける。が、割と仕事を選ばないので、聖像の贋作や美少女フィギュアの作成などもやってたりして息子を嘆かせている。
アルテスタ
数少ないドワーフの生き残り(テセアラ組)なんて情報がどうでも良くなるくらい髭が立派。ダイクより腕がいいらしい。クルシスお抱えの名匠。だがクルジスを裏切って山の中でメイドと二人?で暮らしている。
アレやコレやでプレからは仇認定されている。
自家用ロボメイドが何故ミニスカなのか、その謎は未だに明かされてはいない。
別の世界ではパーティメンバーとなって「愛してるぜぇ!」とか何とか言うようになったがそっちの世界でもやはり裏切った。
コリン
爆乳忍者のペット。肉球をつついて良し、毛並みを堪能して良し、立派な尻尾に戯れて良し、の立派な愛玩動物である。
召喚魔法では唯一オーバーリミッツに関わりなく使えるが、そんな事がどうでも良くなる位使い物にならない。やはり愛玩動物である。
ノイシュ
攻略王のペット。変わった犬。基本的にはいつも一緒にいる筈だが、レアバードに乗っている時はどうしているのか、とか色々悩みの尽きない存在。肉球を突付きたければどうぞ。
セレス
顔面猥褻物陳列罪の妹。病弱ツンデレブラコン。エクスフィアと余程相性が良かったのか、装着時は闘技場シングルスペシャルマッチの相手を勤める程に強い。
空気王
闘技場マニア。放浪王子。美少女二人を引き連れて何遊んでいるんですか?ライフボトルは詐欺ですよ。
ファラ
空気王のお供。リッドと喧嘩したのかもしれない。イラっとするほど強い格闘家。
メルディ
空気王のお供。キールと喧嘩したのだろう。八つ当たりメテオスォームが痛すぎる魔法使い。

[編集] テレビ番組

[編集] バラエティ「プレセアの一日」

ゼロスとリーガル、プレセアが勇者御一行様の金稼ぎのため(依頼での報酬が少なすぎるため)、テレビに出演している。 内容はゼロスがプレセアにさまざまなコスプレ(メイド巫女スクール水着うふふ等)をさせるだけの番組である。 しかし、萌えをとことん追求した番組となっているため、視聴率は高い。

主な放送局は以下の通りである。

  • シルヴァラントテレビ 毎週土曜日 午前10:00~11:00
  • テセアラ放送 毎週土曜日 午前10:00~11:00
  • テレビクルシス 毎週火曜日 深夜25:00~26:00
  • らっきー☆ちゃんねる 毎週日曜日 午後8:00~9:00

[編集] TVアニメ「ディザイアン五聖刃」

ディザイアンの組織の中には、ディザイアン五聖刃(フォシテス・マグニス・クヴァル・ロディル・プロネーマ)からなる戦隊ヒーローが存在する。 5人が出演し組織の資金を作っていたが、5人とも既に壮年期で体力も視聴率も減少しているため、2007年9月を以て打ち切られた。 当初予定していた第二期も製作中止になってしまったらしく、現在では「五聖刃」と言われても「何それ?」といった空しい返答が返ってくるばかりである。

このアニメを放送していたテレビ局は、以下の通り。

  • シルヴァラントテレビ 毎週水曜日 午後6:00~6:30
  • テセアラ放送 毎週月曜日 午後7:30~8:00
  • テレビクルシス 毎週日曜日 午前3:00~3:30

[編集] 名言

  • リーガル「性欲をもてあます」
  • ユグドラシル「何なんだよこいつら・・・これじゃまるでアニメじゃないか・・・」
  • プレセア「それにしても、こんな嵐の中でハインドを飛ばすなんて無茶ね」
  • ゼロス「苦境を装うのも楽ではありませんね」
  • リフィル「さぁ、誰か私を殺して!」
  • ミトス「真実はいつも一つ!」
  • ロディル「頼むっ!私にもムキ出しのコックを打ち込んでくれっ!」
  • ロディル「兄に勝る弟などいない!」
  • しいな「幸せパンチ(ハラリっ)」
  • ロディル「らりるれろ!らりるれろ!らりるれろ!」
  • コレット「堪忍袋の緒が、切れましたー!」
  • コレット「セーット、アーップ!」
  • マーテル「かかってきなさい!このデクノボウ!」
  • プレセア「相変わらず、物を知らない人達ね・・・」
  • ユグドラシル「エマ・・・エマ?・・・エマ!聞こえないのか!」
  • リフィル「私は・・・誇り高き軍人の娘・・・やっと、家族の元へ・・・逝ける」
  • リーガル「歴史のイントロンにはなりたくない、いつまでも記憶の中のエクソンでありたい。だが愛国者達はそれすらも私から奪おうとしている。私は愛国者達を倒して自由を手に入れる。まさしく、『自由の息子達』となるのだ!!!」
  • ロイド「お前が信じるお前を信じろ。」

[編集] 関連項目


全ては許されないかもしれません。でも、償うことはできます。あなたの中にもいるでしょう?執筆心っていう神様が ~ テイルズオブシンフォニア について、コレット (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語