テレパシー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

テレパシー(Telepathy)とは、超感覚知覚、略してESPの一種です。遠く離れた人と通信したり、他人の心を読んだりすることができる超便利能力なのです。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「テレパシー」の項目を執筆しています。

概要[編集]

テレパシーという言葉は、ケンブリッジ大学のF.W.H.マイヤーズ教授が19世紀……なんて長ったらしい説明をする必要はありませんよね。それは野暮ってものです。テレパシーの項目なのですから、全部テレパシーで直接あなたの脳にブッ込んじゃえばよろしいだけの話。それではいきますよ。精神を集中して……。

ホアアーッ!! ホアーッ!!

ふう。伝わりましたね? え、伝わらない? それはおかしいですね。私はしっかりテレパシーを送ったのに。実はちゃんと伝わっていたんじゃないんですか? いやいや、それは気のせいです。伝わらなかった気がするだけ。あなたの懐疑主義のなせる業です。

続きましては、日本におけるテレパシーの話をいたしましょう。明治時代に山村貞子のモデルとして有名な御船千鶴子を研究した福来友吉……おっと、また悪い癖が出てしまいました。こんなことも、テレパシーでやり取りすればいいのですよね。余計な手間と時間をかける必要なんて全くありません。便利な能力です。さあ、いきますよ。集中して、私の波長と同調させてください。どうすればいいかって? なんとかしなさい!

らめえぇぇぇぇ!! はずかしい電波でちゃうっ! あみゃあああ゙あ゙あ゙あああ゙!!

いやあ、あまりにエキサイトして、いい感じにバッドトリップしてしまいました。でも、これはちゃんと伝わったでしょう。なんともないですって? 変ですねえ。一度目の交感であなたと私の霊的チャンネルは繋がりやすくなっているはずなのですけれど。

実験[編集]

テレパシーの有効性を証明するために、「ガンツフェルト実験」というのをすることがあります。ご存知ない? それではご説明申し上げましょう。被験者はゴーグルやヘッドホンを装着して感覚を遮断します。この状態に置かれた被験者に、別室にいる超能力者がテレパシーを……おほん。テレパシーでお伝えした方が早かったですね。何度も自分で言っていたくせに、私ったら。それでは、「リモートビューイング実験」も併せて電波送っちゃいましょうか。行きます。

ビューティー・プリティー・ソサエティー☆

いかがでしたか?

批判[編集]

どうしてそんな、蔑むような哀れむような目で私を見るんですか。テレパシーを感じられないからって、私のせいにしないでくださいよ。あなたにテレパシーの才能がないのが悪いんじゃないですか。ちょ、ちょっと何考えてるんです! そんなイヤラシイ想像を私に見せるだなんて! あっやめなさい! 私をそんな淫らで汚らわしい格好にさせるなんて──ダメ、脱がさないで、お願い。ああ、私、そんなんじゃ……。やめて。私にそんな恥ずかしいことをさせないで!! 卑怯だわ。私のあんな姿を勝手に想像するだけでなく、変態じみた真似までさせるなんて……私はあなたの思い通りには……そんな、ああ、すごい……。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  • 2010年、『メガネは顔の一部です』理論から携帯電話インターネットで実装に成功している。
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
  • 大谷悟『心はどこまで脳にあるか』海鳴社
この項目「テレパシー」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)