テンプレート:秀逸な記事

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

読みにくい文章(よみにくいぶんしょう)とは、読みやすさを重視する文章を書く際に気をつけなければいけない文章のことである。なお、あまりに読みづらい文章は読み手に不快感を与えてしまうため、注意しなければならない。

逆さまに書かれた文章

文章を上下逆さまにすると、大変読みにくいだけでなはなく、 読者が頭を動かしたりディスプレイを動かしたりすることで読者が運動するため、 その結果健康になって長生きし、高齢化社会を増長する危険性があります。

鏡文字の文章

このように、鏡に映ったように、左右反転した文章は非常に読みにくく、読み間違えることも多々あります。
特に、「いぬのさんぽ」等、ひらがなは読み間違えやすいです。一部、「山本山」のように反転しないものもありますが、どちらにしろ、左右反転はやめましょう。