ディエゴ・マラドーナ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

ディエゴ・アルマンド・マラドーナDiego Armando Maradona1960年10月30日 - ???)は、アルゼンチン出身の世界一サッカーのうまいDQNネ申の手を持つ、数少ない人間の一人。

[編集] 略歴

ブエノスアイレスの貧しい家庭に降誕。生まれながらにしてネ申の手を有し、降誕にあわせ彼の家の上空に星が輝いたと言う。ディエゴ少年は手ほどではないが足にも恵まれサッカー選手となった。

1986年のワールドカップメキシコ大会準々決勝・対イングランド戦では、ネ申の手でゴールを決め、新たなサッカーのプレー方法を世界に示した。審判にも彼のプレーは認められた。しかし、その直後に鮮やかな5人抜きを披露し、彼が従来ルールでも天才であることを世に示した。

ネ申の手を持つが故に、そのパワーの維持のため不可欠なコカインを摂取していたところ、それは通常の人間には許されない行為で、彼がネ申の手を持つと認めない異端者達によってDQNとみなされ、出場停止の後は転落していく。1997年にサッカー選手を引退した。

アルゼンチンではまさにネ申として崇められているが、ネ申がかったパワーを維持するのは並大抵の事ではなく栄養摂取を積極的に行ない、人類的には肥満と見なされる体型となった。そのためアルゼンチンにおける超人気テレビ番組の司会者兼プロデューサーを務めているのにも関わらず、「あれ替え玉だ」と数度に渡り死亡説が飛び交い、アルゼンチン政府が真剣に調査を行ったが、2009年時点で存命しているかは不明だった。2010年再び姿を現す(近況を参照)が、W杯後またも生息の確認が困難となっている。愛息リオネル・メッシにもらった誕生日プレゼントの自家用ヘリで、真のペンギンダンスを修得するため南極に旅立ったとも言われている。

[編集] 近況

2008年4月、エクストリーム・聖火リレーに参加する予定であったが、予告なく直前でキャンセルとなった。これでまた死亡説が強く囁かれるようになるものと思われる。

2008年11月、青白団(「アルビセレステ」)の団長になったと言う噂が立つがこれも未確認。

2010年6月頃、FIFAワールドカップにおいて、アルゼンチン代表チームの公式マスコットキャラクターとして愛嬌を振りまく姿が全世界にTV中継され話題を呼ぶこととなる。彼の役割は、同大会で活躍できなかったメッシを慰めるためにピッチ上で抱き締めたり頭をなでなでしたり、歌やダンスを披露したり、アメやアイスを可愛らしく食べて見せることだった。日本では主にJKや20代のOLたちがディエゴのぬいぐるみをカバンや携帯電話のストラップとして着け歩くのが流行した。

[編集] 関連項目


ExSport.png この項目「ディエゴ・マラドーナ」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語