デオキシス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

デオキシスとは、生物兵器ポケットモンスターの一種である。ポケットモンスターの生みの親であるオーキド博士が長年密かに開発していた人間型の兵器。博士の持てる全ての知識が結集されたと言われている。正式名称は「OY-DE386XS」。また、「プレッシャー星人」と呼ばれている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「デオキシス」の項目を執筆しています。

能力・性能[編集]

デオキシス最大の特徴、それは形態変化機能(フォルムチェンジシステム)である。(以下FCS)デオキシリボ核酸

FCSとは、戦闘中状況に合わせて「'超変身'!!」の掛け声とともに姿形を変え、幾多の敵に対応できるように組み込まれたプログラムである。形態は4種類存在し、各フォルムごとに特化した能力を持つ。

通常形態(ノーマルフォルム)[編集]

通称サル。普段デオキシスはこの形態なのだが、1番人間に近い姿なので体に負担がかかりにくいためである。その他3つと戦闘能力を比べると少し見劣りするが、そこら辺の敵なら十分な程の能力である。一般的にはバランス型とされているが、実際には出力を抑えたアタックフォルムであることが分かってきた。

攻撃形態(アタックフォルム)[編集]

通称イカ。この形態は通常形態の各種先端を細く尖らせたような姿をしていて、4種類存在する形態の中で抜群の攻撃力を誇る。機動力も中々のもので、その圧倒的な戦闘力から1部のコアなファンからは「赤い彗星」と呼ばれていたりする。この形態時に繰り出す拡散超能力波動砲(後述)は最大パワーを溜めると街1つが火の海になってしまうほどの破壊力を持つ。

防御形態(ディフェンスフォルム)[編集]

通称ゴリラ。通常形態・攻撃形態・高速形態(後述)の唯一の弱点といったら装甲の弱さである。攻撃力、機動力に力を回すがゆえに、敵からの攻撃にはめっぽう弱いのだ。しかしこの防御形態は違う。機動力を捨てある程度の攻撃力を抑える事により絶大な防御能力を得た形態なのだ。見た目は他の3形態と違い少々太めでガッチリとした形態である。また、全体的に丸みを帯びることにより、攻撃を受け流す効果もある。この形態で宇宙絶対防御(後述)を何度も行っていると核や隕石などをくらっても無傷だという。

高速形態(スピードフォルム)[編集]

高速形態は、地球上に存在するどのポケモンよりも優れた機動力を持つ。その速さといったら、常人では目で捉えることもままならないだろう。この形態は空気抵抗を0.001%まで抑える形状になっており、攻撃形態を可能な限り細くしたような形をしている。この形態にやられた多くのものが、自分でも知らないうちに倒されたとされている。このフォルムで使用する高速移動をクロックアップもしくはハイパークロックアップとは絶対に言ってはいけない。 クロックオーバーなんて電子音も発しない。 振り切らないライオン トラ チーターのコンボでもない。BGMに「The People With No Name」も流れない。

主な武装[編集]

実弾・格闘兵器類[編集]

  • 神速突撃

99.9%の確率で相手より先に攻撃する技。原理は、デオキシスが持つエネルギーを足に集約させ脚力を上げたり摩擦の抵抗を減したりするなどのいろいろな技術で目にも留まらぬ速さで相手に突っ込む技。別名「しんそく」。

  • 爆発的黄金拳

体中のエネルギーを拳に集め、一気に相手の鳩尾に叩き込むという超荒業。どんなに体を鍛えている人でも、体の内側へ爆発的な衝撃が走るため、敵の内蔵が破裂する事もしばしば。多くのエネルギーを消費するため使用後は攻撃力と防御力がさがってしまうという欠点もある。この技のルートはオーキド博士がかつて極めたとされている馬鹿拳(うましかけん)にあるといわれている。別名「ばかぢから」。

光学兵器類[編集]

  • 拡散超能力波動砲

胸の結晶体に秘められている超波動エネルギーを両手の間で増幅させ、相手にぶつけるという技である。この技も桁外れな破壊力を持つため、使用後は超波動エネルギーの減少により光学兵器の威力が下がってしまう。この技は昔、オーキド博士サイヤ人と戦った時に身につけたものだという。別名「サイコブースト」。

  • 超電磁破壊砲

大きな電磁エネルギーを凝縮させ、高い威力の電磁砲を放つ。当たった相手は電子系統、もしくは神経系が麻痺・混乱状態に陥り行動が制限される。あまりにも大きな磁場のために手元が狂いやすく、命中率は五分五分。別名「でんじほう」。

補助兵器類[編集]

  • 宇宙絶対防御

宇宙よりエネルギーを分けてもらい、自分の防御力および光学兵器への対抗力を上げる技。一部の学者の間では、「世界中の皆からちょっとずつ元気も分けてもらっているのでは」という説がある。別名「コスモパワー」。

  • 自己回復再生装置

自分がダメージを受け手いてピンチの時に多用される。デオキシスに内蔵されている予備バッテリーよりエネルギーを取り込み傷ついた部分の修復を行う。ある程度使うとエネルギーが切れてしまうので充電が必要。別名 「じこさいせい」。

関連項目[編集]


こんな感じに捕まえてください。
WANTED デオキシス

この「デオキシス」は、研究中に逃げていきました捕まえてくださるハンターまたはトレーナーを求めています。よろしくお願いします、そこのあなた!
モンスターボールを持って、捕まえに行ってください。賞金は無量大数円です。 (Portal:スタブ)