デート

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
よくあるデート風景

デート(date)とは主に金品を持っている男性に対して女性が行う恐ろしい行為である。その犯罪めいた行為はしばしばデートレイプと呼ばれる。

被害に遭うのが主として男性(とくにいい人)であることが多いので、以下では男性を例として挙げる。

概要[編集]

出会い系合コンなどで知り合った女性に誘われ、いざ一緒に外出すると、食事や買い物などの会計をねだられるというのが典型的なパターンである。

誘われた男性側の「けちくさい男だと思われたくない」という考えや、「これって付き合ってるのかも…?」という心理を利用するのが一般的な手法である。さらに、レジで甘える演技をして割り勘させず、支払いを強制させるという悪質な手口も存在する。

また、デート後「また今度一緒にどこか行こうね♪」というやりとりをした後、連絡が取れなくなるというのはよくあることである。 近年の手口として、一度連絡すると「またLINEするね(顔文字無し)」と言い残しブロックされてしまうケースもあるという。

手口[編集]

  • 「今度ご飯ご一緒しませんかぁ〜?」と誘われ、食事をしたところ「今日持ち合わせなぃんですぅ〜。」と言われ、全額払うことになった。
  • 「お買い物付き合ってもらえませんかぁ〜」と誘われ、買い物に出かけたところ「アタシに似合うもの欲しいなぁ〜」と言われ、なぜかお金は自分持ちになった。
  • 「見たい映画があるんですぅ〜」と誘われる(以下略)

歴史[編集]

デートについての歴史は深く、人類史の始まりと同時期とも言われているが、今日では被害が明確化したのは戦後であるとされている。

また、バブル崩壊までのデートは男性側が女性を連れ出し、代わりに費用を全額負担するという形式をとっているため、現在のデートが確立したのはバブル崩壊後であるという説も存在する。

被害[編集]

被害に遭っても被害額が少額なため、泣き寝入りしてしまう男性や、騙されたことに気付いていない者も多く存在するため、被害人数は把握しきれていない。友人に相談しても、なぜ騙されたのかと糾弾され二次的被害をうける人も多い。

また、そういった失敗を繰り返すことで、三次元の女性に嫌気がさして興味がなくなる、またはアイドル二次元に向かってしまう男性も存在する。

公共機関の対応[編集]

1990年代〜現在まで、年々増加の一途を辿るデート被害に対し、国民生活センターでは注意を喚起するとともに、被害に遭わないためのアドバイスを挙げている。

  • こどもがきをつけること
    • しらないおんなのひとにホイホイついていかない。
    • でかけるときは、おかあさんとおとうさんに「どこに、だれと、なにをしにでかけるか、なんじにかえるか」をつたえてからでかける。
    • ひがいにあったとわかったら、おかあさんとたんにんのせんせいにそうだんする。
  • おとながやるべきこと
    • 悪い人のことをきちんと教える。
    • 毎日子供と話をする。
    • 異常事態に気付いたら110番に電話するか、消費者センタ—に連絡する。

関連項目[編集]

この項目「デート」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)