トクシマオオクイナ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ希望が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。
トクシマオオクイナ
Birdsbeak.jpg
分類
: 動物界
: 脊索動物門
亜門 : 脊椎動物亜門
: 鳥綱
: ツル目
: クイナ科
: トクシマオオクイナ G. tokushima
学名
Gallirallus tokushima
和名
トクシマオオクイナ
英名
Tokushima big rail

トクシマオオクイナとは、ツル目クイナ科の鳥である。徳島の固有種で日本で三番目に大きい。江戸中期に発見されており、さまざまな文献に残されている。徳島県の県鳥。

概要[編集]

現在は野生が1300羽、飼育されているものが200羽程度で絶滅が危惧されている。大正後期に狩猟が流行り、5000羽いたとされるトクシマオオクイナがその頃だけで2000羽に減ったとされる。今では日本には野生のトクシマオオクイナは居らず、ハワイに1300羽すべてが太平洋戦争の前までに移り住んだ。

2020年度の事故状況

  • 電線に絡まり感電死:3羽
  • 自殺:5羽
  • 自動車などによる轢死:2羽

四国野生動物研究所によると、トクシマオオクイナは自分の死期が近いのを覚ると、自殺する珍しい種である。

また、同研究所では、人工孵化に成功しており、今後が期待されている。

トクシマオオクイナは肉食で、主に昆虫などを捕食している。

イメージ[編集]

徳島の商店街では、トクシマオオクイナを基にしたマスコットキャラクター「トクイナ君」が作られるなどアイドルのような人気であった。しかし、トクイナ君をマスコットにした途端に地元商店街が潰れるなど、一時は貧乏神のような扱いでもあった。天然記念物のため、貴重な生物のイメージが強い。

この項目「トクシマオオクイナ」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。


この項目「トクシマオオクイナ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)