トビラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「トビラ」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。

トビラとは、極端に大きな扉のことである。小さいものを「扉」と書き、大きいものを「トビラ」と書く。今、この言葉の使い分けに、国会は揺れている。

目次

[編集] 使い分け

自動トビラ
  • 大体大きな中華料理店の扉は「トビラ」である。ゆずのアルバム「トビラ」も「トビラ」である。この場合、大きい卵ではない。
  • 一般家庭の扉は「扉」である。金持ちの家の事情なんてわからないし、わかりたくもないが、金持ちの家は多分「扉」が少ない。もう一度書かせてもらおう。金持ちの家の気持ちなんてわかりたくもないよ。そこのボク。

[編集] 会話

「あそこの豪邸、本当にすごいですよ」

「トビラ、すごいんでしょうねぇ。きっと千手観音でもないと持ちきれないくらいなんでしょうねぇ」

「トビラを基準にするなんてさすが奥様……」

「お宅のうちの『トビラ』はどれくらいですか?」

「内のは『トビラ』じゃなくて『扉』よぉ。そんなにお金ないもの……」

会話上では何がなんだかわからないわ……まあ、でも、大きくはないのね……」

「そうなの。だって、内、マンションでしょ? だから、小さくてうんざりするわ。今度、買い取ってリフォームしようかな~と思ってるの」

「あら~、お金があっていいわね」

「お宅のは?」

「内は一軒家だけど扉よぉ」

「会話上ではわかりにくいわけね……」

[編集] 文章

当社の5件の住宅の資料がこちらでぇす。

まずAですが、非常に大きいトビラがあります。その他、各部屋にひとつずつ扉があり、非常に太陽光に浴びながら生活できるすばらしい住宅です。自信を持ってお勧めいたします。

Bですが、こちらは小さいです。敷地が小さいため、扉も小さいです。トビラはありません。ですが、お求めやすい価格となっておりますで……。

次にC……こちらは、非常に交通の便がいいところに建てられております。トビラはないですが、扉ならたくさんございます。バストイレはありませんが……。

Dなのですがねぇ、扉がないです。トビラしかありません。つまり、豪邸です。一軒しか建っておりません。お値段はかなりお高めですが、快適です。

Eはですね、非常に涼しいです。を出ればすぐ公園ですからね、マセた子供たちやひねくれた子供たちの元気な声が聞けますよ。 どの物件にいたしますか?

[編集] 問題点

非常にわかりにくいのが最大の問題点である。会話の節を見てもらうとわかるように、区別がつかない。しかし、相手の表情だけで違いを読み取ることができるマジシャンや心理学者なら、区別することは簡単である。いちいち「大きい」や「小さい」をつけることはないので、めんどくさ名人にはお勧めな言葉である。しかし、読み取ることのできない凡人は貧乏人でもあるので、結局は使う機会もない言葉である。しかし、もったいないので、一部の人々は首に「トビラ」や「扉」と書かれた画用紙をぶら下げて会話のときに使う。これらの人のことを「トビラー」と呼ぶが、定着していない。

[編集] 関連項目

この項目「トビラ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語