トマト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
「トマトは好きだ。特にあの赤いところが。」
トマト について、オスカー・ワイルド
おしらせ
ゲシュタルト崩壊の危険性
この記事はゲシュタルト崩壊を起こす可能性があります!遺伝子工学の権威、ひよこ陛下殿が身をもって確認しました!!目に自信がない方、見るのを止めといたがいいとのことです!!! でも、意外に耐えられることが多いそうなので、見てみなさい、とのことでした。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「トマト」の項目を執筆しています。
いトマト
トマトの脳内。やはりい。
トォメイトォゥの秘密

トマトとは、こんなにいのに緑黄色野菜と呼ばれる野菜の一種である。

目次

[編集] 分類

トマトはその色によりピンク系と系に大別される。もちろんい方が本物である。系トマトの果実は濃いに近いオレンジ色を呈する。 果実の大きさによる分類では「大玉トマト」、「中玉トマト」、「ミニトマト」に分類されるが、どれもいので心配はいらない。

[編集] 歴史

日本には江戸時代長崎に伝わったのが最初とされる。そのさに見惚れる人が後を絶たず、当時は観賞用とされていた。食用として利用されるようになったのは明治以降で、さらに日本人の美的センスに合ったさになったのは昭和に入ってからである。

[編集] 特性

何はともあれとにかくい。実がなったばかりの頃は緑色だがそこからだんだんとくなっていく。稀に他の色のトマトもあるようだが、ほとんどのものはい。他品種として細長い形状のイタリアントマトや、実が小さいミニトマトなどがあるがいずれもい。農林水産省の品種登録情報ページによれば、120種を超えるトマトが登録されているがやはりほとんどがい。

[編集] 利用

トマトを用いた料理は数多くあるが、そのいずれもがい。もちろん加工されてケチャップになったりトマトジュースになったりしてもそのさは変わらない。例外としてカレーなど他の色の濃いものに入れられたトマトはさが視認困難になるが、目立たないだけであり、トマトとしてのは失われていないので安心して良い。似ているようだがハヤシライスのようにトマトを大量に入れる料理ではトマトのみを確認することができる場合もある。

美味しいトマトの見分け方としていものほど良いと薦められているが、どれも等しくいのであまり当てにならない。また、緑色がかった未熟なトマトでも数日ほど常温で置いておく事によりくなる。

[編集] 栄養

他の野菜と違い、いので栄養価が高い。トマトのい色素であるリコピンがん予防に効果があるとも言われている。また、ビタミンCも多く含んでいるがトマトのさには関係がない。

[編集] トマト中毒

蠱惑的にいトマトの中毒性に注意

トマトはあまりにくそして美味であるため、時に麻薬中毒のように中毒症状を起こす。一般にこれはトマト中毒と呼ばれる。

トマト中毒は患者が少なくない割に、栄養価のメリットも大きく色もいためにトマトの持つ危険性について語られることは少なく、DHMOと同じように規制する動きはほとんど見られない。 このようにトマトが世間に受け入れられているのもいからに他ならない。

[編集] 文化

い祭典「ラ・トマティーナ」
トマト嫌いの子供の目にはこう見える。

スペインには毎年、真っに熟したトマトを投げ合うトマト祭り(ラ・トマティーナ)」と呼ばれるイベントがある。

これは自分達もトマトのを全身に浴びて元気になろうというコンセプトのもと行われているものである。115tものトマトを投げあい、そこかしこをく染め上げる素晴らしいお祭りである。祭りの終盤にはつぶれたトマトの汁でできた真っプールで泳ぐ参加者の姿なども見られる。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語