トランクス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
トランクス
トランクス(喜).jpg
無視されることに喜びを感じるパンツ
基本資料
本名 トランクス 
通り名 パンツ 
身体情報 半分サイヤ人ブロリーの偽物 
好物 弁当無視 
嫌物 人造人間 
出身地 地球 
出没場所 地球 
所属 未来

トランクスとは、男性下着の一種。あるいはサイヤ人の王子、ベジータの息子。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トランクス」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トランクス (ドラゴンボール)」の項目を執筆しています。

概要[編集]

こっちはパンツのほう。この世に108種類あるとされるパンツの種類の中の一形態である。主に男性が着用するものであり、ブリーフと共に双璧をなしている。パンツライフサイクル論によると、主に中学生高校生頃から穿かれ始めることが多い。構造的には非常に大雑把な

剣を背負っていて、髪は紫色。母はブルマ。一発でフリーザを倒す戦士。こっちはベジータの息子のほう。

歴史[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

長所[編集]

開放感[編集]

 こっちはパンツのほう。まず最大の長所として。その開放感が挙げられる。ブリーフに比べ圧迫感が少なく、通気性も良い。

陰毛問題[編集]

 これはパンツのほう。トランクスでは陰毛を生え放題にしておいても「パンツからはみ出る」といった状況が無く、トランクスからのハミ毛はごく自然な印象を与える。 その為陰毛に気を使う必要が無く、非常に楽である。

デザイン性[編集]

 こっちはパンツのほう。ブリーフ等他のパンツの種類と比べ、デザイン性に富んでいる。構造上柄を入れやすく、華美な装飾によって己の権威を主張することが可能となっており、更衣室ではその秀麗さが競われる。また小学校中学年頃で穿いていると、ちょっと大人な感じがする。

短所[編集]

開放感[編集]

 こっちはパンツのほう。長所でもある「開放感」が同時に短所となってしまっている。ブリーフ等他の下着と比べて股間部の固定能力が低い。そのため、ズボン等固定能力の高いアウターを穿いている分には問題は殆ど無いが、仮にスカート等と併用して穿いた場合、股間が極めてフリーダムになってしまう。またその場合、階段などを利用した際パンチラでは済まなくなってしまう。しかしスカート併用による股間部の開放感はズボンの比では無く、「これを体感せずにトランクスを語るは愚か」とまで言った研究者も存在する。ある種エクストリームスポーツにも似た体験をすることとが出来る。

幼稚さ[編集]

 こっちはパンツのほう。先のパンツライフサイクル理論によると、真に成熟した男性はブリーフを好むと言われている。世界的に渋いことで有名なスナイパーもブリーフを着用していることが連載開始時の冒頭で確認されている。また近年ではボクサーパンツなどというブリーフの亜種が出現したため、トランクス人口が減少していると言われている。

地球人とサイヤ人のハーフ[編集]

なのに髪が紫だったり緑に近かったりと、今ひとつメディアによって安定しない。
彼(とセル)によって幾度も平行世界が生み出されたためか、時空管理局によって秘密裏に指名手配の準備が進められており、いずれ管理局の手の者がトランクスの元を訪れる可能性がある。(推定罪状・無許可の次元航法手段所持など) ちなみにこっちはサイヤ人の王子、ベジータの息子の方。

関連項目[編集]

スーパーサイヤ人3 おっす!オラ悟空。みんな!この記事「トランクス」に元気を分けてくれぇぇぇ!!! (Portal:スタブ)