トロッコ問題

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

トロッコ問題 (-もんだい) とは倫理学の思考実験。「ある人を助けるために他の人を犠牲にするのは許されるのか」がテーマとされている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トロッコ問題」の項目を執筆しています。

前提条件[編集]

図で表すとこうなる

以下のような状況を考える。

  • 線路を走るトロッコが制御不能となった。このままでは線路の先で作業する5人が為すすべもなく轢き殺され確実に死ぬ。
  • あなたは線路の分岐器の近くにいる。分岐器を操作し、トロッコの進路を変えれば、5人は死なない。
  • しかし別路線にも作業員が1人おり、路線を切り替えれば、やはりこの1人が確実に死ぬ。

で、どうする?という問題である。

主にこの問題は義務論と功利主義の対立によって捉えられるが、そこから得られる回答は、いずれも強い批判を免れず、どちらを選んでも袋小路である。

まずは、その一般的な二つのアプローチを見てみよう。

義務論によるアプローチ[編集]

こうなる

義務論に基づくと、「何もせず、5人を犠牲にする」という回答が導かれる。これは、いかなる目的のためであっても、人のを利用してはいけないという考えによるものである。

これは、自らの手を汚したくないがために、救えるはずの命を犠牲にする自己中心的極まりない愚者から支持を集める愚策である。犠牲者は5人よりも1人の方が良いに決まっている。犠牲者を減らすことをあえてしない、進路を変更できるにもかかわらずあえてしないということは、救えた4つの命を能動的に奪ったも同じである。

この殺人鬼!シリアルキラー!

功利主義によるアプローチ[編集]

こうなる

功利主義に基づけば、「進路を変え、1人を犠牲にして5人を救う」という回答が得られる。この行いが非人道的であることは言うまでもない。5人死ぬより1人死ぬ方がマシという思考は、命をまるで物のように扱っている。命を天秤にかけることなどできないし、してはならない。自分の選択で命を5人の命を救うという自己陶酔的な思考により、1人の命を手段として用いることなど、倫理的に許されるはずがない。

ところが、多くの調査では、このような選択を行うという者が多数派なのだ。

この異常者!サイコパス!

その他のアプローチ[編集]

以上のように、トロッコ問題に対し上記の二つの回答をしようものなら、人でなしの誹りを受けかねない。そのような事態を回避するための、合理的かつ理性的なアプローチをいくつか紹介しよう。

量子力学によるアプローチ[編集]

粒子が自分の運動エネルギーよりも大きなエネルギー障壁を通り抜ける現象をトンネル効果と呼ぶ。これは、原子電子の持つエネルギーが不確定で、ある瞬間には通り抜けてしまうほど大きくなることがあるために起こる。これに従えば、人がトロッコに激突したとしても、ある確率でトロッコは体を通り抜けることがあるのだ。

もしもトロッコが作業員の体を通り抜ければ、誰も犠牲にせずに済む。理想的な結末である。しかし、この回答の唯一の欠点は、このトンネル効果が起こる確率は極めて低いことである。天文学的な思考回数を積み重ねても、1人の命を救えるかどうか怪しい。しかし努力することが大切だ。命を諦めてはいけない。

平等主義によるアプローチ[編集]

全ての人間はあらゆる状況において公平・同等に扱われなければならないというのが平等主義の考え方である。これをトロッコ問題に当てはめると、「全員平等に死ねばいい」ということになる。人によって死に方に差異があるのも不公平なので、全員トロッコで轢き殺すのが最も公平公正で万人が納得する結論だろう。まず5人がトロッコに轢かれて死んだあと、トロッコを戻し進路を切り替えて残りの1人に轢かれてもらう。もちろん、1人だけ傍観者として安全地帯にいるのは不公平であるから、最後にあなたもトロッコに轢かれて死ぬことで、みんな平等、幸せな社会の出来上がりである。

1=2によるアプローチ[編集]

1 = 2
両辺から1を引いて
0 = 1

よって、作業員が1人いるということは、作業員が0人であることと同義である。すなわち、線路を切り替えた先には誰もいないことになる。

また、上の式の両辺に5を掛けて
0 = 5

したがって、作業員が5人いるということは、作業員が0人であることと同義である。つまりトロッコの元の進路の先にも、やはり誰もいない。

つまり、線路上には最初から人などいなかったのである。誰にも危険は迫っていないし、あなたは難題に頭を抱える必要もない。誰も傷つかず、誰も死なず、誰も苦しまない。ただ線路をトロッコが走っていて、あなたはそれを眺めるだけ。平和な日常がいつまでも続いていく――。

おわりに[編集]

すでにお気づきの方も多いと思うが、この問題を持ち出すのは、他人の困っている顔が見たいサディストだけである。そして、それに応えるのは、他人とは違う視点を持っていると評価されたいがために、突拍子もない答えを述べる斜に構えた似非インテリだけである。両者の無意味な応酬は延々と続いていくのだ。

こんな禅問答に関わって時間を無駄にするのは、やめようね!


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第36回執筆コンテストに出品されました。
神人
流行記事大賞 銀賞受賞記事

この記事は2016年流行記事大賞にて銀賞を受賞しました。
この賞は神人ぐらいの神通力があるかもしれません。