トロンボーン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「トロンボーン」の項目を執筆しています。
「1: Allegro con brio tacet. 2: Andante con moto tacet. 3: Allegro tacet.」
トロンボーン について、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
「1: Un poco sostenuto - Allegro tacet. 2: Andante sostenuto tacet. 3: Un poco Allegretto e grazioso tacet.」
トロンボーン について、ヨハネス・ブラームス
「すいません、今日は第4楽章は練習しますか?」
本日の合奏練習の内容 について、指揮者に尋ねるオーケストラトロンボーン奏者

目次

[編集] 概要

トロンボーン:Trombone)は金管兵器の1つ。主にミサイル発射などの役割を持つ。クラシック戦争やジャズ戦争をはじめ、多くの戦争で使用された。第二次世界大戦では、ほかの楽器が兵器に作りかえられていく中で、トロンボーンは唯一生き残った楽器であり、むしろさらに量産された楽器であった。

その音と、スペースをとる邪魔くささから、通称「ボーン」と呼ばれる。また、「どうせ俺には完璧なかっこよさは無理さ」といった自嘲から、奏者は「ボントロ」とも呼ぶ。「オンボロ」ではない。

略称は「tb」としたいところだが、テューバとかぶり、「trb」とするとトロンバ(イタリア語トランペット)とかぶり、「tbn」や、「pos(トロンボーンの名ポザウネから)」とすると何のことなのかもはや分らないという、やりきれない楽器。

見た目は目立ち、いろんな分野に駆り出されている割にはパッとせず、特にジャズにおいては他の楽器に比べて人口が少ない。奏者には総じて変人が多く、やたら楽器内での結束が強い。また、眼鏡を着用している人が多いのも事実である。多分銃撃する際に目を酷使するためと思われる。
トロンボーン奏者のことは「トロンボニスト」と呼ぶ。なんだか変な響き。しかし当のトロンボーン奏者はかっこいいと思い込んでいる。なお、「トロンボナー」とは決して言わない。

[編集] 構造

戦地でトロンボーンを構え、標的を見定める兵士(2014年10月撮影)。

スライドを動かすことにより、発電機のような仕組みで電力が蓄えられるようになっている。電力を放出することによって、ベル(砲口)から弾、砲丸、ミサイルが発射される仕組みである。つまりレールガン。今まで数多くの戦争に使用された。また、スライドを伸ばすことにより、竹槍のような使用法もできる。遠近両方使える兵器である。

大型の人輸送用トロンボーンもあり、「バストロンボーン」と呼ばれている。現在でもどこかの国ではバス停にこれがあったりする。

演奏するふりをしながら人を攻撃できる遠距離攻撃可能な武器であるため、楽団の中で嫌われやすい。マーチングの時に思いっきりスライドを振り回し、多くの人々を犠牲にするが、全くもって罪には問われない。

スライドによって音の高さを変える楽器であるため、ドレミ以外の音(良く言えば「微分音」、悪く言えば「調子っ外れな音」)を自由自在に出すことができる出る。これに加え、大音量を出せる楽器であるという事実は、一人で一つの合奏を台無しにできる破壊力を持つ最狂の攻撃武器として、「実は怒ると怖いんだぞ!」という奏者のプライドに磨きをかけている。

逆に、プライドがない人にとっては、スライドという構造は“例え音を間違えても後からごまかせる”という安心構造となっている。音痴な人があとからみんなの声に合わせるのと同じ感じである。

ケースにしまって立てると、ちょうど肘置きとしていい高さになる。座っているときは堅い抱き枕として使える。
ケースに入れて持ち歩くと、ギターだとかバイオリンだとか言われ、いかに一般の人にとってマイナーな楽器なのか思い知ることができるが、逆にそのことが、「トロンボーンケースを持ち歩いている人を見るとなんだか親近感を感じる」という妙な結束感のもとともなっている。

[編集] 種類

ピッコロトロンボーン
ピッコロが使っていた。
ソプラノトロンボーン
発電後、連射することができる小型のトロンボーン。そのため使用する弾は、ハンドガンの弾やきんのたまなどの小型弾である。
トランペットのせいで倉庫の奥へ追いやられた。
また、これとそっくりな"スライドトランペット"なるパクリ兵器も存在する。但し所詮ソ連のデッドコp粛清されました
アルトトロンボーン
手榴弾を放つために作られたトロンボーン。いわゆるグレネードランチャーである。
テナートロンボーン
トロンボーンと言えばこいつのはずなのに、主役の座をテナーバスにうばわれたトロンボーン。
体が小さい人には吹けない音がある、大人のためのトロンボーン。
これを買う人は高音のきれいさにこだわる熱烈な人か、お金をあまりかけずとりあえず買ってみた的な人に二分される。
テナーバストロンボーン
とりあえず便利だから使ってみる主要なトロンボーン。スライドの他、レバーを一つ備え、これによっても音を変えることができる。
ただし、左手の親指の負傷という代償がつきまとう上、「バルブ使ってやんのww」ともいわれかねない。
バストロンボーン
通称バストロ。なんかおいしそうだが、重く食べられない。
奏者の中に厚いマニア層がいる。まともなものを買うと車の軽が買える。
コントラバストロンボーン
ロケットを放つために作られた超大型トロンボーン。これを使うと宇宙まで行けるとか。
どっかの国では予算削減のためにテポ丼を中古のこれを使って飛ばしたとか。
ヴァルブトロンボーン
文字通りヴァルブがついているため連射が可能。要はマシンガン。
スライドが全くついていないためトロンボーンとしての需要が低くトロンボーン奏者の間でも知名度が低い。
熊蜂はこれが無いと普通の人は無理無理無理無理。

[編集] 音楽的な役割

クラシック
待機要員としてオケ内部に存在。時々思い出したように演奏を始める。時々思い出し忘れる。
でもあまり気づかれない
コラール
トロンボーン主役の場。ここでは神と呼ばれる。
時々緊張の余り悪魔がおりてくる。
吹奏楽
あるときは酸欠気味、あるときは後ろから周りの合奏の具合を聞く裏観客として存在する。
楽譜は初見で吹けるレベルか、慣れた人でもなかなか吹けないレベルのどちらかであることが多い。
通常4人必要で、1番下のバスパートは楽団内すべてのパートから独立したちょっとしたソロパートであることもある。
そのため、裏ヒーローとして己の道を進む熱狂者が存在する。
軽音楽
トランペットを助ける。目立つことはそうそうない。
ジャズ
何が何だか分からなくするやつが多い。
バンド
ソロは音が聞きづらいことが多い。下手な人はメロディが吹けず、他のメンバーが熱狂している際、一人置いてけぼりを食らう。
ビックバンド
1st - かっこいいが音は目立たない、トロンボーン“内”でのヒーロー。
2nd - サックスやトランペットから「その音で合ってんの?」と聞かれる孤独なハーモニスト。練習中は疎外感と自分への疑いを感じ、合奏でのみ存在意義を感じる。
3rd - 音の高低をうろちょろするパート。大変な割に、後で音源を聞いた時に自分の存在意義を自問自答してしまう。
4th - なぜか音が二つ記されていることもあるパート。1~3と吹く場所が違うときにはなかなか優越感を感じる。自分のパートの構成で作曲者の評価を決定する。

[編集] 自己紹介方法

「トロンボーン」と言われても、それがどんな音を出す楽器なのかが分らない人は多い。人に訊かれた時の自己紹介方法を何通りか紹介しよう。

  1. まんまな自己紹介
    「『剣の舞』で、♪タッタッタ タッタッタッタッ タタタッタッタッタッタッタッタッ タタタッタッタッ タタタッタッタッ ターラタッタッタッタッタッタッター たあぁぁああー たあぁぁああー の ”タアァァアアー”の部分の楽器!」
  2. あいまいな自己紹介1
    ドラえもんとか笑点とかクレヨンしんちゃんとかの曲で使われてる、なんか間抜けな感じの音のやつ」
  3. あいまいな自己紹介2
    トランペットより音が低いもの

ただし、2. の様な自己紹介をすると、「ああ、あのオナラみたいな音のやつ?」とけしからん反応が返ってくることが多いので、お勧めはできない。

2008年4月には、NHKの朝の連続テレビ小説で使われるという、なかなか画期的な事態が発生した。ボーンファンはこれに狂喜乱舞し、トロンボーンの地位と知名度と理解されやすさが上がることを誰もが期待した。この頃には、「朝の連ドラ『瞳』のオープニングテーマで使われている楽器です!!」と誇らしげに胸を張って言う者も少なくなかった。
しかし、同年9月にはこの番組は終了してしまったため、2014年11月現在では、トロンボーンの地位も知名度も理解されやすさも全て元に戻ってしまって――いや、そもそも放映期間中に上がっていたかどうかさえ、今となっては疑わしい。残念なことである。

[編集] 立場

これくらい目立つ格好をしていないと、トロンボーン奏者はバンドやオケの中に埋没してしまうことが多い。

いなくなっても分らないんじゃないかと思ってしまいたくなる曲も多く存在する。ソロもあまり多くないため、単に曲中にトロンボーンソロが出てきたというだけで奏者ははしゃぐ。

トロンボーンと名称が良く似ている楽器にトランペットがある。もともとトロンボーンはトランペットから派生した楽器であるため、素人目にはさながら“兄弟”のように捉えられているが、トロンボーンにとってはトランペットは永遠のライバルである。が、実際には、使用頻度・目立ち度・奏者の有名度とも、トランペットが圧倒的に差を付けてしまっている。このことを認めたくないトロンボーン奏者たちは、ハイトーンを研究して、「この音トランペットじゃないの?」と言われたりすると“勝った”と勝手に感じていたり、メロディーラインがあえて高音のトロンボーンだったりするとニンマリしたりしている。

また、トロンボーン奏者はユーフォニウムはもちろん、人によってはチューバやトランペット、ホルンなんかも吹くことができる。その逆は難しいということも、トロンボニストの誇りの維持に一役買っている。 「どうだ、おまえら、シの音を出してみろv」とか意地悪な人は言ったりするであろう。

音域が広いこともかなりのアドバンテージで奏者の自慢だったりするので、作曲者はぜひ広い音域で裏打ち以外の毛深い楽譜を作ってあげてください。ここぞというところでトロンボーンのみのところを一瞬でも作ると、ボーンファンが感嘆します。

移調楽器だが、楽譜はピアノや声楽と同じものを使うため、管楽器特有の「Bは1つあげるからCだよ」とかいう意味不明の話題についていけず、トロンボーンについての話はトロンボーンパートの中でのみ行われている。微妙な孤独がちらほらある楽器。 でも、たまにin Bの譜面に遭遇して、合奏の時に「お前らなにしてんの?」と白い目で見られることがあるので、注意しなくてはならない。

[編集] 注意事項

  • 狭い場所では吹けない楽器です。どうぞ皆さん、場所を譲ってあげてください。
  • ちゃんとメロディーが吹けていないと、手の動きですぐにばれます。出来ない人は練習してから本番に臨みましょう。
  • 扱いが大変難しいです。楽器ケースが倒れただけでスライドの動きが悪くなることがあります。トロンボーンケースが置いてあったら極力近寄らない方が身のためです。
  • この楽器はやりはじめても、曲の中でどこを吹いているのかを聞くのは困難なことがあります。多くの人の理解を得たい人は、迷わずアルトサックスに進みましょう。
  • テナーサックスと一緒に吹いていたりすると耳コピに困ります。これはテナーサックスの人も同じなので、スカの耳コピをするときは、変なプライドは捨てて二人で手を取り合って勇気を持って「どっちの音か分らないよね」と言いましょう。テナーサックスの人は音域は似ていますがライバル視するのはやめましょう。
  • とても怪我の多い楽器です。
    1. 指をスライドで挟む
    2. 唇、または歯をスライドを引きすぎて強打する
    3. 重さに耐えきれず左手の人差し指および親指が痛くなる
    4. 他の奏者に楽器をぶつけてそのことでけんかをする
      ――などが考えられます。
  • 管楽器の中で唯一準備体操が必要な楽器です。久々にやると筋肉痛になります。挑戦する人は体を丈夫にしてください。

[編集] 関連項目

戦地に置き去りにされたトロンボーン。奏者はどこに行ってしまったのだろう。


個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語