トーマス・エジソン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「トーマス・エジソン」の項目を執筆しています。

トーマス・アルバ・エジソン(Thomas Alva Edison,1847年1931年)とは発明と言う言葉を世に知らしめた訴訟王である。

目次

[編集] 概要

歴史上にいる生涯で1300もの発明をしたとされ、そんなことできない凡人に「チッ、コイツ調子のってるな。」と思われても仕方ない発明ジジイ(超変人でもある)とされるが、実際のところは画期的な発明はあることはあるが、改良といったほうがよいものが多数含まれている[要出典][1]

また彼の発明の中には、彼が自分の頭で思い付いたものであるのか、それとも他人の考えやアイディアなどを改良、あるいは採用したものかが既に分からなくなってしまっているものもあり、彼を過剰に神聖視するのはよくない。

ほかに彼は初期の映画業界に深くかかわり、「映画の父」と呼ばれていたと言われているが、誰も気にしない。また、他人に関しても容赦なく、現在のアメリカ人のように訴訟を起こしまくったため、訴訟王の二つ名まで入手した。

[編集] どうしてこうなった

[編集] 幼年時代

彼は1847年2月11日、米国のオハイオ州ミランに生まれた。現在で言うところの学習障害(LD)、及び注意欠陥・多動性障害(ADHD)を患っていたとされたために当時の学校の教育になじまなかった[要出典]。その結果、小学校及び父から見捨てられる形となった。そのため、元教師とされる[2]母親により教育を受けることとなった[3]。そして母は彼の興味にはあまり口を出さず、それを伸ばす教育を行ったようである。そのことにより彼は科学に関する興味を持つことに成功し、後の神秘学への傾倒にもつながるのであった。

[編集] 社会に出てから

彼は12歳のときに社会に出ることになる。これは彼の病気が母親にも手が終えなくなったのか、それとも彼自身が社会に出てみたくなったのかは不明である。ただし、日本や朝鮮におけるこの状況の一般的な理由[4]ではないとされる[要出典]。 彼は当初列車内での新聞の売り子をしていたものの、その仕事は彼の性格に合致するものではなかったらしく、色々と事件を巻き起こしている。

彼が15歳のとき、ひょんなことから電信技士の知識を得、それにより収入を得ることとなる。1872年当時はまだ無線電話も開発されておらず[5]電信技士は花形の職業であり、彼の性格にも合致していたこともあり、頭角を現すことになる。

彼はその仕事において夜勤をしなければならない仕事に付いたとき、仕事をサボるための機械を作った[6]。これが彼の発明の第一であった。

そして、彼は電信技士を続けつつ発明を続け、「電気投票記録機」の特許を取得(これは各種事情により採用されなかった)[7]、株式相場表示機を発明し、その権利が思ったより高く売れたため、発明家への道へと舵を切り替えたのである。

[編集] メンローパーク時代

株式相場表示機の権利が高く売れたため、彼は1876年にカルフォニア州サンマテオ郡のメンローパークに研究所を設立し、発明を行う拠点とした。

それまでは一応発明を行っていたものの、それは電信技術関連の改良発明が中心であった。しかし、この研究所を設立してからはその枠を飛び越える発明を行うようになった。

まず、彼が開発しようとしたのは電信技術を応用すれば出来そうであった「電話[8]」であった。しかし、これに関してはグラハム・ベル[9]およびイライジャ・グレイ[10]により開発されてしまい、結局彼のやったことはカーボンマイクロフォン形式を受話器に採用した電話機を発明したことにとどまった。そして後に彼はこのことに関して訴訟を起こした。

また、電話開発にて得た知識を元に、蓄音機に関してもその原理を発明した。ここでも訴訟を起こす機会は存在したが、相手がすぐ謝ったので訴訟を起こし損ねた。

また、当時発明されていた電球の改良に手を出し、苦心しつつ、フィラメントとしてを使った炭素芯が友好であることを発見、さらに「エジソン効果」も発見する。また、発明者を相手取り、訴訟を起こすが、これは和解し、共同で会社を設立するにいたった。

[編集] 発明とエジソンの悪

彼は妻の死を以って研究所をウェストオレンジに移転した。そこから徐々におかしくなっていったとされる。 ここの研究所で行った研究としては電力の利用システム(特にトースター)や、以前の発明の改良、覗き見型映写機[11]、バッテリーの改良[12]、植物からのゴム抽出[13]などであった。

研究所移転と同時期、会社を起こす[14]が、これが彼の性格をゆがめてしまう大きな原因となる。通常会社の運営には危険な手段をとってでも、社員及び財産を守る必要がある[15]ため、そのために彼の訴訟王としての経歴からしてもものすごくあくどい手段をとらざるを得ないし、それが慣れっこになってしまうと感覚に麻痺が生じることはここの読者であればお分かりであろう。

[編集] 洗脳されたエジソン

彼は当時のインテリとしては当たり前のように降霊術などの神秘学にはまり込んだ[16]

さらには"私は発明をしたのではない、私自身は自然界の受信機にすぎず、「宇宙という大きな存在からメッセージを受け取ってそれを記録することで発明としていた」に過ぎない"とまで言うようになった。

しかし彼は高齢術の考えと異なる独自の考えをその考えに盛り込み、人間の魂もエネルギーであり宇宙のエネルギーの一部であると提唱したりしている。

[編集] 語録

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

[編集] エジソンを簡単にまとめると

彼は一部の独自研究の意見を信じるのであるならば「ADHDの星」といってもよいのではなかろうかと推測される。彼はその性格にもかかわらず、最高の地位を得たのである。また、「コミュ障TOPの見本」ともいえるかもしれない。

[編集] 関連

[編集] 脚注

  1. ^ たとえば有名なところでは電球(フィラメントの改良を行い実用化に持っていった)、電話機(彼は電話機を開発していたが、ほかにも開発者が存在し、発明したのはそちらであるとされる。しかし、電話機は彼の方式が採用された)等があげられる。
  2. ^ 現在、この経歴には疑問が発生している。彼女の結婚年齢と経歴が一致しなくなるためである。
  3. ^ このことがコミュニケーション障害の現況になったと指摘する意見あり[要出典]
  4. ^ 即ち、家が貧しかったため身売りされたり、丁稚奉公に出されたりすること。
  5. ^ この二つは後に彼がかかわることになる。
  6. ^ なお、この機械のおかげで仕事はサボれたが、悪事は露見して仕事を首になった。
  7. ^ その理由としては「牛歩戦術が出来なくなるから」と言うものであった。この発明は130年後、野党の牛歩戦術に懲りた日本の参議院に導入されたが、代返の問題が発生した。
  8. ^ 音声を波形に変形し、それを通信により遠方にて再生する機械
  9. ^ Alexander Graham Bell,電話機の発明者。ナショナルジオグラフィック協会の会長。
  10. ^ Elisha Gray、ファクシミリの原型、テレオートグラフを発明。なお、グレイ符号を作ったのは彼ではなく、別のグレイ(フランク・グレイ)である。
  11. ^ この発明に関しては部下の発明とされる。
  12. ^ これは電気自動車を作るためであったが、馬力が出て軽量なガソリンエンジンが普及したためなかったことになった。
  13. ^ セイタカアワダチソウからゴム抽出に成功していたといわれる。しかし、石油からのゴム形成が可能となったため、なかったこととなった
  14. ^ エジソン・ゼネラル・エレクトリック社、しかし彼は色々とやらかしたため、この会社の社長を追い出されてしまう。なお、この会社は後のゼネラル・エレクトリック(GE)である。
  15. ^ ミスター寄付金ハゲチャビンデブ等を見てもらえれば判るであろう。
  16. ^ ほかに有名な実例としてはニコラ・テスラコナン・ドイルなどがあげられる。
この項目「トーマス・エジソン」は、気違い死に物狂いで書いたものです。今はまだ狂った内容しかありません。ハイ狂わせてくれる精神異常者を探しています。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語