ドイツ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
ドイツ
独逸な記事
この記事は独逸な記事だよ。書いた本人とアトリフ・ヒヨコー総統閣下が言うんだから間違いない。より独裁的な記事にできるってんなら、してみやがってください。お願いしましたよ。
ドイツ連合
Deutsches tausendjähriges Reich
Banderaalemania.png 100px
(国旗) (国章)
国の標語 : "Sieg Heil!"
ドイツの位置
公用語 ドイツ語
首都 ベルリン
最大の都市 ベルリン
総統 メルセデス・ベンツ
面積
 - 総計
 - 水面積率
世界第位
357,121km²
人口
 - 総計(
 - 人口密度
世界第位
[[|]]人
人/km²
政府
国民的な英雄 ベネディクト16世ハンス・ウルリッヒ・ルーデル、ザッヘル・マゾッホ
独裁制 1933年
通貨 億マルク ([[USO 4217|]])
時間帯 UTC (DST: )
国歌 ドナドナ及びドイツ讃頌我が栄光、ヨドバシカメラのテーマ
宗教 ナチズム
 欧州一の戦争好き


「ドイツは滅びぬ。何度でも甦るさ!」
ドイツ について、ムスカ
「フランクフルト、ポリス、ドイツ、ポリスマン。と、私達は癒着をしてます」
ドイツの警官 について、ジミー大西総理大臣
「ドイツードイツー。今北アフリカにいるんだけど、靴ひもが結べないんだよ〜」
ドイツ について、北イタリア
「玉でも詰めてろ、じゃがいも野郎!!!」
ドイツ について、南イタリア
「ええい何度言えば分かる。私の名前はジョージではない、ゲオルグだ!!!」
ドイツ について、一般ドイツ人男性

独逸ドイツ (Deutschland, Germany) は、その昔、スカンジナビア半島から中央ヨーロッパへと民族ごと引っ越してきた、メラニン色素の薄い民族の集合国家。キーボードクラッシュが得意な人達が多い。


目次

[編集] 概要

戦時中でも、サザエさんを放送していた。

つい最近まで2つの国に分かれていた国。かつて、第三帝国として世界征服を目論んだが敗れ、逆にアメリカ領の西ドイツ、ロシア領の東ドイツとして領土を分断され、ようやく1990年に統一国家となった国である。19世紀に鉄血少女ビスまる子ちゃんが現れて以来の奇跡と言われた。

日本語に近い発声を持つドイツ語を話す人々が暮らす国のため日本人と性格が似ているに違いない。故に、親近感を持って果ては見習えと主張する間抜けな評論家もいるが、金髪碧眼という世界中の人が憧れる容貌を持ち、自国を果てしなく愛する愛国者の塊の彼らにしてみたら迷惑な話である。

また、この国の人間は、他人のことを覚える記憶力がなぜか欠けていて、その一方で民主主義を自ら崩して独裁者に身をゆだねるような危険な側面も持っている。だが経済力は盛んで、欧州一の帝国である。それでも首都ベルリンロンドンの1/3程しか栄えていない。科学力は世界一であることで良く知られる。

[編集] 国民性

有史以来、三度のソーセージ料理以上に戦闘を好む。旧約聖書で初めて紹介されたゲルマニアとは「戦闘を好む民」なのである(これホント)。無類の戦闘好きの割には、二度の世界大戦で連敗する。まずは、他国の諍いに首を突っ込む形で第一次世界大戦に参加し、敗れる。性懲りもなく総統の独断により第二次世界大戦を引き起こし、また敗れる。なんかもう下手の横好きである。みっともない。

基本的に言葉がインド・ヨーロッパ語族に属さないお隣のフランスと自分たちのルールを勝手に作って決して妥協をしないドイツ南部地方のバーバリアンを嫌う。

連邦制に移行しようと民衆が嘆願書を提出したものの、あっさり総統らに却下された。

また、ロバート・ロックウェルキーボードクラッシャーを国民は崇拝している。

「ド、ドイツと言えば金髪碧眼の人々が沢山いる国なんだからね!!」、と昔から広報を送っているが、当のゲルマン民族の血は他のヨーロッパ民族、ラテンアングロサクソンケルト・・・ 、との混血が進んでいてだんだんと民族の誇りが薄れつつある。更に、モンゴル帝国の英雄、フビライ・ハンのヨーロッパ進出が端を発しアジア系の血も何割か混じっている。(ドイツに限らず他のヨーロッパ諸国でも同じことが言える)

ドイツ人と言えばガチガチに固められた規則を遵守する日本人よりも規律にうるさい人々、との偏見がある(ヘタリア広報などが顕著な例)が実際はタバコはポイ捨て、食べ終わったハンバーガーの包み紙は丸めて道端にポイッ、通行人は赤信号でも対向を走る車がいなければ進んでしまう… 、といったフリーダムな精神が生きづいている。ゴミを捨てる事は悪い事、野生動物が間違ってゴミを食べてしまい死に至らしめてしまう、これによりヨーロッパの雄大な自然が壊されてしまい食物連鎖にも影響が出てしまう、そうなれば一つ下の階級にあるモノが大量発生してしまいさらにヨーロッパの雄大な自然が壊されてしまう。そのため、ゴミを街中に捨てるという事は恥ずべき行為であり慎むべきだ、と認識している人を筆頭に、規律を守る人々:規律を破る人々の割合=3:7、程である。ただ、他のヨーロッパ諸国の場合1:9~0.5:9.5なので、はるかにマシである。なお、日本で最もよく知られるドイツの規律はビール純粋令である。

北方ゲルマン民族は肌が弱いため、直射日光に連続して5分以上浴び続けると皮膚がんを起こす危険性がある。そのため、ドイツでは若者を始めとする「夜型体質」の人々が多く、週末にもなれば近所のBarでドンチャン騒ぎを起こす。また、塩素消毒を施したプールにも入る事が出来ない。しかし、ニートはそこまで多くない。

[編集] 食事

ソーセージジャガイモビールヴェルタースオリジナル、あとホットチョコレートがあれば一生戦い続けられる。ザウワークラウト(キャベツの古漬け)とアイスバイン(Eisbein、豚足の塩茹で)があれば死んでも戦い続ける。マスやニシンの漬物があれば極寒の地でも耐えられる。しかし、イギリス料理を摂取すると3日で死亡する。

ハリボという元祖こんにゃくゼリーも有名なドイツ料理であり、意外かも知れないがコカ・コーラも大好きである。

さらに意外なことには、なんらかの理由でコカ・コーラの摂取が不可能な場合は「コカ・コーラのような物」の摂取で紛らわせることができる程度のアバウトさも持ち合わせている。その気質に基づいて戦争中にはファンタ、現在ではアフリ・コーラのような名品を彼らは生んでもいる。炭酸水の様に味が無かろうとサイダーが含まれていれば問題ない。

[編集] 性文化

ドイツ人はエロに対して大変寛容である。みんなが全裸で歩き回るヌーディストビーチがたくさんあり、テレビでもポルノ映画や女性の全裸姿が普通に流されている。 さらに北部の港町であるハンブルクには、ヨーロッパ随一の歓楽街がありセックスミュージアムなるものも存在している。 また、三国同盟の後はドイツに日本文化が浸透し、古事記アメノウズメの影響でストリッパーが増えているとか。 アドルフ・ヒトラーことちょび髭伍長も日本のHENTAI文化が好きなようである。

ちなみに最近の流行はアマテラス×アメノウズメの百合展開。


日本のエロは世界一ィィィィィ!

[編集] 政治

この国の政治は立法から雑用まで全て彼一人で行われている。アドルフ・ヒトラー総統個人による独裁体制である。ワイマール憲法で有名なドイツにおいて一応きちんとした議会はあるものの、SP (Secret Police) ならぬSS (Secret Soldier) を自分の思うままに駆使し、議員全員に飴ちゃんを配ることをして、全て自分の思うままに国を治めている。また、国民投票においてもYesの項目はA4サイズに収まりきらないほど大きく印刷、逆にNoの項目はウォーリーを探すよりも難易度が高い場所に隠されていて、やはり自分の思うままに統治している。それにより、宣戦布告、大臣の任命、法律の制定や予算編成から、苦情処理、住民票発行、生活保護認定、役所の便所掃除に至るまで全て彼一人によって行われている。領土も彼の戦略及び策略により、ほぼ全てのヨーロッパ、そしてローマ帝国を上回る領土を手に入れた。

「ドイツ人はどいつだ」と言うと極刑に処せられる。このことを知らずに言って年間1000人はその刑を受けている。

また「レンテンマルク」を発行しており、1レンテンマルク=1000000000000ドル(それまでのマルク)と言う価値を持つ。これはインフレではなく総統のせいで発行しすぎていることから、95%は金銭感覚を麻痺している。中にはドイツ人でありながらも世界100周旅行を経験しているものを輩出しており、生涯ドイツにいないという武勇伝も持つ人もいる。

[編集] 理念

徹底したアーリア人至上主義、他民族排斥主義である。しかし総統自身はアーリア人種では無い。政治宣伝の為、総統による演説大会が連日行われている。毎回拍手喝采の嵐だが、難解過ぎる為に総統以外に演説内容を理解できる人間は存在しない。理解できる奴は独逸だ、という見出しがショボーデル紙に載ったこともある。ドイツ人に非ずは人に非ず、というあの有名な格言もこの時に生まれた。

[編集] 軍事

量より質・斬新さ・奇想天外さが重要視される。戦局や予算を無視してでも既成概念を崩した強力な兵器の開発を強行するため、新兵器が完成するより先に敗北する。

[編集] 外交

極端な排外主義政策を執っているため、国交を結んでいる国家は一部を除き存在しない。軍事侵攻が唯一の外交手段である。

しかし、日本イタリアと一時的に同盟を結んだことはあった。今もドイツと日本は他国の同盟をしのぐ最強の同盟国である。

特にロシアと仲が悪い。理由は約半世紀前、義兄弟の杯を交わした仲のオーストリアに対して暗殺者を送った事があるため未だにいがみ合った仲となっている。ドイツもこいつもおそロシアというとんでもないことになってしまうため。

[編集] 地理・風土

ドイツでは天然の地下ビール(黒ビール)が豊富なため、山脈から流れ出すビールによって河が作られている。有名なライン河なども、ドイツ領内では黒ビールが流れ込むことによって、アルコール濃度が上がっている。

上下水道は主にこの地下ビールを利用しているため、当然水道からはビールが出てくる。また、トイレの水なども勿論ビールである。これについては、便器の洗浄・消臭効果があり、世界便器学界でも注目を集めている。

ドイツ特有の植物としてソーセージの樹がある。ドイツでは非常に一般的な植物であり、多くの家では1~5本程度のソーセージの樹が植えられており、ここから取れるソーセージが頻繁に食卓に上る。特にウィーンで取れるソーセージは小ぶりで食べやすく、ウィンナーと呼ばれ世界に出荷されている。世界の他の地域では殆どこの樹が見られない。その理由とし、先述の地下ビールが上げられる。樹がこの地下ビールを吸い上げることにより、そのアルコール成分によって果実(肉)が柔らかくなり食用に耐えられるようになるのであり、地下ビールの乏しい他国では美味しいソーセージの生育が難しいという。なお、地下ウォッカがあるロシアでは寒過ぎてダメ。

このことに注目した日本では、牛にビールを飲ませることで肉を柔らかく美味しくすることに成功した。しかし、あまりに肉が美味しくなりすぎたため、ソーセージにしてしまうより肉のまま食されてしまう場合がほとんどである。

[編集] 交通

ドイツといえばアウトバーンである。ドイツ高速道路で、都市部以外では「エンジンがぶっ飛ばない程度で出せる最高速度」を事前に検査場で計測しておけばその速度がその車両の法定速度となるため、事実上速度無制限となっていたりする。それでもあまりに速過ぎると他の自動車が邪魔になるため、だいたい時速160Mm/h以上は出さない。

無論、地面を走行するものであれば何でも走って良いので、ユーロファイター タイフーンが走っても問題ないようかなり頑丈に作ってある。


日本とは違い、直線的で見晴らしがよいつくりのため、スピードを出しても結構行ける。 ただし、いったん事故(じこ)を起(お)こすと大惨事(だいさんじ)を招(まね)く恐(おそ)れがあるので注意(ちゅうい)しようね。

[編集] 黎明期

アドルフ・ヒトラー国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)総統に就任して、国内演説に向かった際の出来事である。当時のドイツ国内のあまりの道路のひどさに車酔いして、アレを吐きまくったのである。これに懲りた総統は、「早くなんとかしろ!」と命令。その結果当時敗戦国で賠償金で赤字まみれだったのに、僅か数年で数千キロのアウトバーン網を作り上げたのだった。

[編集] 技術

ドイツの科学は世界一ィィィとされている。軍事力の項目でも触れられていたが、ゲルマン人は非常に柔軟な発想をし、負傷した兵士をサイボーグとして復活させるなどは朝飯前。イギリスの財閥が小型化に成功した紫外線照射装置を除けば、世界一の名に恥じない発明が多い。これらの技術は、特に人体改造技術を中心に、ショッカー等の国際テロ組織に継承されている。

 しかし、証拠の提示を求められるのは極端に難しい。なぜならそのサイボーグ(仮にルドン・フォン・シュトロハイムとしておく)はスターリングラード戦線ですでに名誉の戦死を遂げているからである。一説では祖先がアメリカ大陸横断レースに出場していたとかどうとか。

[編集] 自動車

ドイツの科学は世界一ィィィィィィィィィと称されるよう、自動車の工業技術も世界トップレベルである。特に自動車評論家の間での評価は抜群で値段の違う日本車と比較し日本車を貶すことが自動車評論家どものステータスとなっている。自動車に詳しくない人でも、とりあえずドイツ車を褒めておけば評論家を気取れる。

また、怖いお兄さん達ベンツを、セレブマダムBMWを、ブラックバード島先生日産カルロスゴーンも自社の車ではなくポルシェを愛用しておりこれらのことからも、ドイツ車神話は健在であるといえよう。でもTNOKセンチュリーに乗っている。

[編集] オートバイ

自動車の生産が盛んなんだから、オートバイも・・・と思いたいが、オートバイメーカーは意外なまでに少ない。世界的に有名なのはBMWくらいである。そのBMWも、妙に凝った構造や電子制御技術、そして左右非対称のデザインを積極的に採用しており、世界一の科学力と変態性を遺憾なく発揮している。水平対向エンジン・シャフトドライブ・パニアケースは、もはや同社のアイデンティティと化している。

[編集] 船舶

ドイツは当然、海にも勢力を注いでいる。大戦中までにヴィルヘルム・グストロフカップ・アルコナ及びノルマンディーなどの豪華客船を就役させておりイタリアや日本と比べると比較的に短期間で国同士を往復できる。タイタニックよりデザインが乏しいとかいってはいけない。しかし、ヴィルヘルム・グストロフとカップ・アルコナは大戦中に被害を受けていたりノルマンディーは火災により就役が遅れたりと災難にあったりしているが、これはタイタニックで世界一ィィィxを奪おうとした某国の陰謀であるというのがもっぱらのうわさである。

[編集] ドイツ出身の偉人

[編集] アドルフ・ヒトラー

ドイツで一番有名な人物。詳細はアドルフ・ヒトラーを参照のこと。

[編集] ハンス=ウルリッヒ・ルーデル

ドイツ空軍業界のモンスター。詳細はハンス・ウルリッヒ・ルーデルを参照。

[編集] エルヴィン・ヨハネス・ロンメル

渾名は「砂漠の狐」。優秀な陸軍司令官であり様々なアフリカの戦線で活躍した。

[編集] オットー・フォン・ビスマルク

鉄血宰相。その偉業から軍艦や日本のアニメにも名前が使われる。

[編集] フェルディナント・ポルシェ

ドイツの大手自動車メーカーの創始者。

[編集] 少佐

本名モンテナ・マックス。世界のすべての社会科教科書の最初のページに印刷してあり、大学入試問題の出題率も高いあの「戦争演説」は彼の著作。 一千人ものぶっちぎりバトルヴァンパイアーズを率いてロンドンを一夜にして滅ぼしたことでも有名。

[編集] スポーツ

[編集] 乾杯

ドイツで最も一般的なスポーツ。2人以上の複数で行う。ビールを満たしたジョッキを持ち、「ぷろおおぉすとおおぉぉ」と乾杯の合図で飲み干し、に叩きつけて割るという競技。乾杯時の発声量、ビール一気飲みのワイルドさ、叩きつける際のフォーム、割れた破片の形などでポイントを競い合う。上級選手となると、乾杯の瞬間に互いの腕をクロスさせ、相手の顔面で直接ジョッキを割るクロスカウンター・乾杯などの高等技術を好む傾向がある。

[編集] ゲルマン流忍術

ドイツの一部で行われている忍術の一流派である。忍者界では比較的有名であり、忍術発祥の地日本からも留学生が渡っている。著名な留学生にはキョウジ=カッシュなどがいる。

[編集] サッカー

どうやらドイツ人はサッカーも好きらしい。

[編集] キーボードクラッシュ

ドイツにはこの競技のカリスマ的絶対王者が存在する。

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお 氏ねえええええええええええええ!!!!!!!

のフレーズでおなじみである。

[編集] 急降下爆撃

ハンス・ウルリッヒ・ルーデルにより発展。第二次世界大戦においては絶大な成績を上げた。


[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ドイツ」の項目を執筆しています。
Uncyclomedia Commons.png
アンコモンズに、ドイツに関するガラクタがあります。


  ドイツ
地理: ドイツ - フランクフルト - ベルリン - ハンブルク - ブレーメン - ミュンヘン - ハノーファー - ドレスデン
人々: ドイツ人 - ゲッベルス - カント - ゲーテ - ヘーゲル - アインシュタイン - ルター - エック - ベネディクト16世 - ハイデッガー - マルクス - ニーチェ - シューマッハ - ベッケンバウアー - エンデ - ケーラー - メルケル - キーボードクラッシャー
軍事: ルーデル - ハルトマン - ヴィットマン - カリウス - ヘッツェナウアー - シュライネン - マルセイユ - ビスマルク - ヒトラー - ヒンデンブルク - タイガー重戦車
言語: ドイツ語 - バイエルン・オーストリア語 - ウムラウト - エニグマ暗号
音楽: バッハ - ベートーヴェン - ブラームス - ワーグナー - ヘンデル - ノミ
歴史: 第二次世界大戦 - ナチス - ホロコースト - ベルリンの壁 - チェックポイント・チャーリー
その他: ビール - ウインナー - ドイツ無政府主義ポゴ党 - ヴェルタース オリジナル - ミュンヘンオリンピック

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語