ドクター・エッグマン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ドクター・エッグマン」の項目を執筆しています。

ドクター・エッグマンは、自称悪の天才科学者にしてソニックの永遠の宿敵である。本姓は「ロボトニック」。

概要[編集]

IQ300の頭脳を持つ、セガが誇るマッドサイエンティスト任天堂オヤ・マー博士やカプコンワイリー博士とは敵対関係に当たる。体重128kgのピザ。胴体のデカさの割に足が細いが、その細い足で128kgの体をどう支えているのかは不明。ワリオみたいな鼻とヒゲを生やしている。

祖父は世界最高の頭脳と呼ばれたジェラルド・ロボトニック、子供にソリッド・スネークがいる。しかし、スネークとは絶縁しており、スネークとソニックが参戦した異種格闘技大会でもエッグマンは姿を見せなかった。このせいか、スネークもソニックに対して「あまり好きになれない」と語っている。

機械いじりが得意で時には宇宙船や巨大な要塞まで1人で作り上げてしまうほど。その頭脳と技術力を生かして、任天堂に対抗するべくメガドライブセガサターンドリームキャストなどといった数々の兵器の開発にも関わった。しかし、本人はエッグマンランドとかいうわけの分からない楽園を作ってゆっくりと老後を過ごしたいらしい。

表向きではソニックの宿敵であるが、実は任天堂からソニックをかくまくってくれた人物である。しかし、ソニックはエッグマンのことを「ただの遊び相手」だとしか思っていない。

かつて、ソニーの科学者だったコルテックス博士と同盟を組んで、そのままクラッシュをコルテックス兼エッグマンの手下にし、行く行くはソニーをエッグマンランドのスポンサーにしようとしたが、コルテックスはソニーをクビになってコナミへ転職、その後は海外へと逃亡してしまったため、この計画は失敗に終わっている。

現在は、オリンピックでマリオファミリーとの共演を果たしたのをきっかけに、クッパと手を組んで自分たちのオリンピックを作り、任天堂をそのスポンサーにしようと企んでいる。また、ワリオが経営する「ワリオカンパニー」をスポンサーに従えてメカ作りの資金源としている。

人物関係[編集]

  • ソニック ソニックにとってはただの遊び相手のようである。
  • ナックルズ その性格故にエッグマンにとって最も利用しやすいハリモグラ。
  • テイルス メカフェチとIQ300という以外に特に共通点は無い。
  • シャドウ 祖父の遺産。
  • ルージュ 条件によっては彼女と協力することがあるが、彼女は自分の計画の実行のためにエッグマンを利用しているに過ぎない。
  • メタルソニック ソニックの遊び相手にと作ったつもりだったのが、高度すぎるCPUを積んた結果、エッグマンに反逆したことも。
  • クッパ エッグマンにとって初めて機械じゃない友達ができた模様。
  • ワリオ 似たもの同士。
  • ソリッド・スネーク 実の息子であるが絶縁している。
  • セオドア・ルーズベルト 元ネタとなった元アメリカ大統領。

外部サイト[編集]


この項目「ドクター・エッグマン」は世界一の人民革命家ソニックに承認された。
さあ!ソニックと共に人民主義・社会主義へ進もう! (Portal:スタブ)
Sonic Cani.jpeg