ドツキズム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事は左右に寄っているのでバランスが保たれています。

ドツキズム(Dotskyism)とは、暴力的右翼過激思想の一種。

概要[編集]

新保守主義の一形態であり、ネオコンと同様に、暴力的極左過激派イデオロギーであるトロツキズム(Trotskyism)がさらなる過激化により思想の日付変更線を越えることにより右翼化したものである。但し、ネオコンはその暴力性が巧妙に隠蔽され、個人に直接向かうのではなく社会全体が徐々にそういう方向へ向かい、時に大掛かりな外への武力へと進むのに対し、ドツキズムにおいてはより直接的な暴力が個人に対して、言葉の上のみにおける美化を伴って行われる。

「愛の鞭」、「かわいがり」などがキーワードとして多用されるが言葉のニュアンスと実態にはかなりの乖離がある。

なお、伝統的な体育会的シゴキとは外観が酷似するものの、その拠って立つ理念は全く異なるものであると言ってよい。

著名なドツキスト[編集]

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「ドツキズム」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。


執筆の途中です 投稿者のあほどもえ
ドツキズム」のだいじななぶぶんはあづかった。このきじを加筆・訂正しろ。しなければ、怪人21面相が飲んどる青酸ソーダいれたる。    (Portal:スタブ)