ドナルド・トランプ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事は、en:Donald Trumpから翻訳されたものです。
自身をとにかく実力者として強調するトランプは、たとえ誰かに髪型のことを言われても決して屈しない。

ドナルド・ジョン・"ザ・ドナルド"・トランプ・シニア™1946年6月14日 - )は全米を代表する叩き上げの実業家億万長者投資家、社交界の名士作家テレビタレント政治学者、ときどき共和党候補、歴史上で随一のバーコード頭を持つ人物の一人。現在は次期のアメリカ大統領に立候補中…だったが、2016年11月の選挙でまさかの勝利を果たして世界中を震撼させ、ついに先行き不明の第45代大統領となってしまった。

2011年、もしバラク・ケニヤッタ・オバマが再び選ばれれば、アメリカは新たな革命に直面することとなると予想し、「やがて銀行とカジノ経営者が蜂起して多数派をも圧倒する」と主張。そして、2016年には合衆国の大統領に出馬。支持者たちに対しては「アメリカに偉大さを取り戻そう」と呼び掛け、ひたすら支援を求めていたが、メキシコからの不法移民やムスリムをひたすら非難するという持ちネタでアメリカ衰退まっしぐらの運動を展開していた。

休暇などには、今や自分のものとなったアメリカのマンコを弄繰り回していることがもっぱら多いようだが[1]、資本家の子供たちに向けて童話の本を書くこともあるという。もっとも有名なものとしては「Seal the Deal」という作品が挙げられる。この「Seal」とはアザラシという意味で、作品名通り、アザラシがスコットランドの高額なマリーナを買収してゴルフ場を開くという内容になっている。

来歴[編集]

1946年・ニューヨーク生まれ(自称)であり、投票の際の精密検査に備えて出生証明書の複製を愛用のGalaxy(サムスン製)内に保存している。頭の上のほうは既に禿げあがってしまったのではないかと噂されており、現在は一応髪の毛が生えているようにも見えるが、実際はそういった見た目になるように繊維質の布地が代わりに生やされている。

不動産業のフレッド・トランプと、その妻のエセル・トランプ(旧姓マーツ)の裕福な家庭に生まれた彼は、家族が設立した会社の財産管理業に参加。会社名は彼の両親の名前を用いたものであったが、それは有名な借用者であったルシル・ボールのせいで悪名高いものになってしまったため、のちの1971年にドナルド・トランプの名を用いた会社名に変更された。

投資実績[編集]

人々の間で何らかの論争が起こると、それに関連するすべての財産を買収することでトランプは常にその論争を解決してきた。例として、ムスリムアメリカ同時多発テロ事件の発生場所の近くにモスクを建てようとした際には、トランプが代わりにその土地を500万ドルで買収し、モスク建設の話すら元からなかったかのようになっている。また、トランプは常にとても低いハンデでゴルフをしようとする熱心なゴルファーでもあり、ニューヨークのママロネックににゴルフコースを購入してゴルフプロまで配属させたが、オバマ大統領からは過去5年分のスコアカードを暴露すれば100万ドルを支払うと迫られている。そのほか、トランプはカトリック教義に従っているが、ニューヨーク司教区を不動産利益のために購入の後売却したとされる。

テレビ出演[編集]

『アプレンティス』[編集]

トランプはテレビタレントかつプロデューサーとして、NBCリアリティ番組アプレンティス』に出演していたことがある。この番組では出演者が一年契約のビジネスマンとしてトランプの非現実的な実在不動産企業や、実在しないサッカーリーグの架空チームを経営していくものだった。番組各回の終わりにはトランプが「お前はクビだ!(You're fired !)」という決め台詞を発し、クビにされた経験もなど当然ないような人材たちの中から一人を選んでクビにする。

アプレンティスの撮影班は出演者たちを追って、行列を作って建設許可を待ち、高級マンションの建設計画によってスラムを追い出されようとしている貧しい人々を辱め、建設作業員に向かって罵声を飛ばす。終わりにはボードルームでとんでもない不正が視聴者たちの前に明らかにされることすらあるが、もしこれが実際のものだったらよっぽど深刻なものである。

敗者はトランプの社員寮から追い出されテントの中で夜を過ごすこととなる。第7シーズンに限って敗者は一つの歯ブラシでトランプのトイレ掃除と歯磨きの両方をしなければならなかった。

スピンオフ[編集]

アメリカの流儀には、ヒットした商品の名前を、たくさんの劣化商品にも付けるというものがある。このようにしてトランプは2005年、叩き上げの億万長者で叩き上げの前科者でもあるマーサ・スチュワートを雇った。マーサ・スチュワート版のアプレンティスは、彼女のお気に入りの衣服の選択からカネの洗濯まで、なにもかもしてくれるような人材候補を集めて取材していくというものであった。しかし、視聴率やスチュワートの逮捕と裁判に関する悪評も相まって(しかも裁判に関してはこのスピンオフの映像が証拠の一つとなってしまった)、トランプとスチュワートの関係は悪く、そのため番組が調子を取り戻すということもなかった。

2007年にはアプレンティスは第7シーズンに入り、有能な人間が架空の会社で仕事を争う代わりに、舞台俳優らが賞金を巡って競うようになった。2010年にはさらに形を変えたスピンオフが登場し、トランプの妻の座を巡って出演者が競う番組になっていった。

政治[編集]

2012年[編集]

「君はクビだ」
ドナルド・トランプ について、共和党支持の予備選挙投票者

どれだけテレビ番組が上手くいかなくても、それまでのトランプは寄付でも受け取らない限りは政治に興味を示すことはなく、また政治的官職につくため運動を展開することもなかった。しかし、似たような運動はしたことがある。それらの違いというのは、彼の「運動」が合衆国の選挙計画ではなく視聴率調査の計画に沿っていたという点である。

そしてある討論会のとき、他の参加者たちが合衆国の政治に関して語る中でトランプは特に話すこともなかったためオバマの国籍陰謀論を蒸し返し始めた。やがてオバマはPhotoshopファイルを公開して出生を証明したが、トランプ自身はオバマに出生証明を提示させたことで勝手に勝利宣言をしてこの話を終わりにしてしまった。しかし、いよいよ2012年の大統領選が間近に迫ると、トランプはさらなる証拠が必要だと言い出し、大学の成績証明書を示せばオバマに500万ドルを支払うと申し出た(オバマの指定する慈善団体に寄付するとも言ったが、その月のブラックパンサー党は異様に忙しそうであった)。最近になると今度はその額を1000万ドルまで上げている。

2016年[編集]

2015年6月、トランプはついに共和党候補として大統領選に出馬する意思を表明し、民主党候補を打倒することに闘志を燃やした。結果としてトランプは、NBCからアプレンティスをクビにすると言い渡された。

脚注[編集]

  1. ^ 訳注: なぜこんな下品な文章があるのか弁解させてもらうと、トランプは女性差別的な発言でも知られており、2005年にブッシュ大統領の従兄弟とバスの中で話しながら「有名人になれば美女に何でもできるぞ、いきなり手マンだってできる」と発言していたことがバラされて大騒ぎになったことがある。あまりにも下品すぎて日本のマスメディアでは大っぴらに報道されなかったであろうが、こんな発言をしたような男でも大統領になれるものなのである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ドナルド・トランプ」の項目を執筆しています。


Potatohead aqua.png アンサイクロペディア特集記事
本項はアンサイクロペディア英語版メインページで特集されました。
Hito.png この項目「ドナルド・トランプ」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)