ドナルド・マクドナルド

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
マクドナルド > ドナルド・マクドナルド

ドナルド・マクドナルド(本名:ロナルド・マクドナルド)は、世界的に信仰されている宗教団体でありファストフードチェーン店であるマクドナルドの教祖兼マスコットキャラクターである。あのアヒルとは同名なだけで関わりはない。

概要

人物像

ハンバーガー店マクドナルドのマスコットキャラクターとしてさらにマクドナルドランド出身なのが有名であり、泣いている子供を慰めたり、子供に玩具を配るなど無償の愛を振り撒き、世界中の子供たちから愛され、優しいピエロとして世界から知られている。他にもマクドナルド基金を設立し、「発展途上国への食糧支援」や「上下水道の設備」「農業の普及」「孤児院の設立」等の活動を精力的に行っている。マスコットとしては世界中のマクドナルドチェーン店に存在する為、世界にドナルドは店舗数と同等に存在すると推測されている。タイ王国のマクドナルドにおけるドナルドは仏教を愛する仏教徒であり、店頭で合掌をして立っている。ハンバーガーの普及にも貢献し、自社以外のハンバーガーの味までも保証している。

「ドナルド・マクドナルド」という名は、実は日本のみで使用されている偽名で、本名は「ロナルド・マクドナルド」である。これは、マクドナルドが初めて日本に進出した際、日本人にとって「ロナルド」という単語は発音しにくく「ドナルド」の方が発音しやすいという意見が出たためである。 このため、日本国内ではドナルドダックと混同することがしばしばあるが、近年『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』で「ロナルド」という本名が紹介された後も、区別をつけるために「ロナルド」と呼ぶパターンはほとんど存在しない。 なお、日本マクドナルドは「『ドナルド』と『ロナルド』、どちらも正しい名称である」と公言している[1]。そのため、日本国内でも容器のデザインに関する版権表記の部分などにはロナルド (Ronald McDonald) の表記が見られる。

評価

最近はドナルド教祖の真の姿やその魂胆等がネット上から大きく晒されてしまったせいでニコニコ動画およびYouTubeの動画共有サイトで馬鹿にされる事となってしまい、マクドナルド教信者達も、その一部にウィキペディアや動画共有サイトで布教を行う様な投稿行為を行う者がいる事から、そのサイトのコミュニティ上で一方的な弾圧を受けている。特に最近は動画共有サイトにおける東方Project信者との対立が激しい。

業績

マクドナルドの普及

ドナルド・マクドナルドが宿敵バーガーキング暗殺される様子。幸い、ドナルドは復活した。

ドナルド・マクドナルドは、強力な洗脳技術を駆使して世界にマクドナルドの教えを広めた。彼は、テレビを始め、ラジオインターネット等あらゆる分野のメディアを通して、多くの世代の人間の脳に繰り返しマクドナルドの教義を刷り込ませた。洗脳が通用しない人たちも存在したが、これらもドナルドが独自で開発した超能力「ドナルドマジック」によって弾圧された。 現在もドナルドはバーガーキングを始めロッテリアケンタッキー、はてはドムドムバーガーモスバーガー等の反マクドナルド勢力と戦い続けている。

地球を守ったドナルド

北京オリンピック時代、世界の住民には公表されなかったが、ドナルドは地球を守るため戦ったのである。彼はまずドナルド一味たち(後述)と大砲を利用して宇宙艦隊を砲撃していった。(その砲台は花火を打ち出すための弱い大砲だったが、ドナルドマジックを利用して宇宙まで届く大砲にした。砲丸もメラゾーマ級の超強力に変えた。)その次にドナルドは、ドナルドマジックを利用して、ただの野球の球でUFOたちを破壊していく。反撃として、UFO艦隊は超巨大レーザー砲でドナルドを攻撃し、ドナルドは蒸発したように思われたが、ドナルドは作戦本部に「ドナルドはいつも、元気いっぱい!驚いた?」と勝利宣言をしながら本部へ直接攻撃するようすを生中継し、ドナルドマジックを用いてUFO艦隊を破滅に導いた。また、このときのドナルドの巧妙な挑発と逆転勝利はカーネルまでもが恐れをなした。つまり、この地球は教祖様の物であり、教祖様が一度引退する事により、復活し、イエスと同じ力を持ち、西暦は終わり、犯バーガー暦が始まるのである。この物語はニコニコ動画における布教の為に公式的な聖典となって公開されたものではあるが、最近になって投稿者によって削除された事が分かっている。

チキンイーター作戦活動

第2次世界大戦終結後、食の世界は東西に二分された。冷戦と呼ばれる時代の幕開けである。 ドナルドの師匠、ザ・店長がKFCに亡命。ドナルドに下された任務は「ザ・店長の抹殺」と「マックラップの製造方法を知ってるソコロフ博士の奪還」だった。KFCラスヴィエット店の潜入に成功。その後ドナルドは、オセロット店長との戦いに打ち勝ちながらもKFCグロズニィグラード店に向かい、ソコロフと接触するが、敵に捕まり捕虜となる。が、ジョニーの助けを借り脱獄に成功。ザ・店長の元にたどり着く。ザ・店長との戦いを制したドナルドはザ・店長からマックの本とマックラップのクーポン券を手に入れ、ザ・店長を殺害し、表彰された。これにより、ドナルドが教祖を降りる事はないと考えられる。と、伝えられている。

その他

一度、警察に逮捕されていた。
こんなうわさも存在していた。

ドナルドの布教活動

ドナルドは毎日全国の子供らを集めて「ランランルー~」と唱えながら洗脳し、マクドナルドの信者にしている。まれにCMで洗脳している様子を見せるときがあったが、現在に於いてそのCMはマクドナルド側が放送を終了している。洗脳された子供は、殆どが男子である。男子が大好きな事から、彼はではないかと一部地域では噂されている。その証拠に「ドナルドは男子に夢中なんだ」「掘らね?」 「自然に体が動いちゃうんだ」などの発言をしている。

近頃は「ドナルドと一緒に」という曲を作り、その曲を使っての布教活動も行っている。

ドナルドにまつわるうわさ

子供たち
「ランランルーってなんなんだ?」

一見平和そうにドナルドが子供たちと戯れ、一緒に遊ぶ事を関連付けさせるCMだが、実はここでドナルドが子供たちと一緒に戯れている映像は、ドナルドが子供たちを正しい道へ導いている(洗脳)ところなのである。やがて視聴者から「変に意味深で何か恐ろしい物を感じさせられる」等と言った苦情を受けた為、CM放送は終了され近日では教祖様の姿がマスメディアにおいて公表されることも減った。

画像


訳注

  1. ^ キャラクターについて | よくあるご質問 | McDonald's Japan

関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ドナルド・マクドナルド」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「ドナルド・マクドナルド」の項目を執筆しています。

外部リンク


Gedou baby.jpg
歴史的文書
ドナルド・マクドナルドは、何故か見逃されていた記事として、アンサイクロペディアの創設に尽力し、歴史的な意義があろうと「面白くないものは全部消してしまえ」という乱暴な人たちと、全く面白くなかろうが、「歴史的に価値があるなら残してしまえ」という横暴な人たちとの、血で血を洗う醜い抗争を残した記事です。
どうかこの文書を汚さないで下さい。