ドラゴンボール改

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
ドラゴンボール > ドラゴンボール改
Wikipedia
海外安全情報
ウィキペディアの「ドラゴンボール改」周辺は治安が悪化しているため、渡航の延期をお勧めします。

ドラゴンボール改(-かい、Dragon-Bowl Customs)とは、ドラゴンボールシリーズのエッセンスのみを抽出したアニメ作品である。2009年4月から2011年3月まで放送された(時間枠は毎週日曜日朝9:00~9:30)。その後2年間ほど似たようなカッコのマッチョに放送時間を譲り、2014年4月から第2期(ブウ編)が放送開始。

概要[編集]

ドラゴンボールと言えば引き延ばし、引き伸ばしと言えばドラゴンボール。」と言われるくらいにこれまでのドラゴンボールシリーズは戦闘シーンがヒジョーーーーーーーーーーーーーーに長く、何度クリリンをして


悟空はやくきてくれー.png


の名ゼリフを言わせしめたことだろうか。それと同時にファン(視聴者)の期待と焦燥感を最大限に高めた挙げ句の果てに「え~っ? また来週まで悟空おあずけかよ……」とか「もういいよベジータとかピッコロ(=時間稼ぎ)はさぁ……」というため息をもって毎週水曜日の夜7時30分は過ぎていくのが定番だった。また、原作コミック(少年ジャンプ)においても同様の展開がダラダラと続き、延々と繰り広げられる過剰な(それはもう、テレビ画面に{{Ugly}}を貼りつけたいくらいの)演出でありながら、ワンパターンなため非常に退屈な戦闘シーンは、そのことごとくがいわゆる「悟空待ち」の状態であった。

さすがにいくらなんでもそんな状態が何年も続けば、どんなに熱烈なドラゴンボールのファンだって「何ヶ月かに1回、たった30分ほど(それも実際は10分にも満たない時間)のワクワクのために、毎週30分間もテレビ画面を凝視し続けることのバカバカしさ」に気づいてしまうのである。ひたすらエスカレートするだけのパワー。ひたすら速さを演出するために殴り合っている瞬間はほとんど見ることができず、放たれるエネルギー波(弾? 砲?)みたいなものはますます毒々しい色を帯びて太く大きくなって……そこまで来ると、純真な青少年であっても「こんなの、生身の人間が修行して習得できる訳がない(ドラゴンボールも、まだ最初の方は修行によってなんとか身につけられそうな気がしたものである)。しょせんはフィクションに過ぎない」としてそれまで熱心に通っていた空手のお稽古をサボるようになり、彼(女)らの興味もドラゴンボールからK1などの格闘技へと移行してしまうのであった。だって、悟空みたいに強くなろうと思って始めた空手なのに、その夢が破られてしまった以上、ただ疲れるし興味ないし、実際使おうとすれば先生に怒られるし……とにかく、それもこれもドラゴンボールが無駄にダラダラ長いのがすべての原因なのである。

と考えたアニメディア急進派であるドラゴンボール改革委員会(略称{{db}})のスタッフによって作られた「カッコいいとこどり」の妄想具現化、それがこのドラゴンボール改(この「改」は「改革」の「改」であることは言うまでもない)なのである。

改革[編集]

かくしてファンとクリリンの「悟空ーっ! 早く来てくれーっ!」を実現するためだけに制作されたこのドラゴンボール改であるが、その改革の実態はひたすら無駄のそぎ落とし、まさに鳥山明ライフワークでありアイデンティティでもあったまるで我が子であり生きる意味と言っても過言ではないドラゴンボールにおける事業仕分けと言っても言い過ぎではなかった。とにかく削除、削除、削除。寝ても覚めても削除。改革委員会を除く誰の意見も聞き入れることなく、ひたすら「さっさとやらせろ、戦わせろ。孫悟空の出番(すなわち戦闘シーン)こそがドラゴンボールそのものであって、孫悟空の復活待ち時間など、テレビをつける電気代さえもったいない」とばかりに孫悟空をひたすら酷使し、傷ついてもせいぜい1~2週でアッサリ復活、それはすなわち時間稼ぎ要員(おおむねベジータ、ピッコロ、たまにクリリンや孫悟飯)のヘタレぶりを必要以上に強調することにもつながり、彼らのヤムチャ化が懸念されるとして個々のファンからクレームが来たけれど、そんなの改革委員会の誰も気にしないのであった。とにかくさっさとケリをつける。悟空こそが最強。最強は悟空一人で充分、二人も要らない。それがドラゴンボール改クオリティなのである。

そんな横暴とも言えるやり方に、各個キャラクターのファン(サイヤ人の王子はこの俺だー!ちゃぁー!うぉぉっヒュードゴォン♪ポコピー!パーパーパパーパパーパー、パッパー!♪は元より、ヤムチャ餃子(チャオズにだってファンがいない事はないのである)から痛烈な批判と抗議が寄せられたのは言うまでもない。「何でもかんでも縮めてしまっては、ピンチだというハラハラ感に欠ける」「悟空の出現・復活を待ち望む、あのファンの胸のときめきや、やっと現われた悟空にフリーザとかがボッコボコにされる時のカタルシスが理解できないのか」などなど……しかし改革は断行され、ピーチクパーチクさえずっている偽通どもを抵抗勢力として一掃し、ますます悟空の活躍はより過激に、よりカッコよく演出され続けるのであった。かくしてじっくり作品を味わう、古き良き時代は終わりを告げようとしているのだった。

あえて言おう!Zの時代は終わったのだ!


ただし、、、、、原作である鳥山明のDRAGON BALLの戦闘はドラゴンボール改より戦闘が短く戦闘引き伸ばしもほとんど無い・・・・・・・・・・・・・・・・・

要するに今までの無駄な戦闘はZのアニメスタッフの強引な引き延ばしでありあちらこそ本当の意味でドラゴンボール改である。

なお、放送中の改もフリーザ戦から以前の引き延ばしが戻ってきた・・・・・・・・・・・・・・

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

スーパーサイヤ人3 おっす!オラ悟空。みんな!この記事「ドラゴンボール改」に元気を分けてくれぇぇぇ!!! (Portal:スタブ)