ドワーフ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

ドワーフDwarf)とは、ファンタジー世界には欠かせないチビのガチムチである。 主な所在地は中つ国や四川省、シリコンバレー北海道道央地方など。 一日中洞窟に引きこもっているが、筋肉に包まれている。

目次

[編集] 種族による特徴

小さい見かけによらず強靭である。

もともとドワーフは、北欧の最高神(笑)オーディンが兄弟と一緒に検閲により削除して工作の材料にした曾祖父の死体の中で、神々が気がついた時には既にウジウジ(虫的な意味で)していた。これが非常に見苦しかったので神々はどう対処すべきか蜂蜜酒片手に一晩ダベり、人に似た姿を与えて洞穴警備員に昇格させたのである。それが今では、お姫様の棺桶担いだり世界を救う旅に同行したりするのだから、時代は変わったものである。

[編集] 強烈な筋肉

ドワーフは一般的にデカイ(ヒートホークでも!)をガンガン振り回せるほど筋骨隆々だと言われている。 なぜ日陰の洞窟などに引きこもっているドワーフに筋肉がついているのかは諸説ある。

  • 地下洞窟の拡張工事を繰り返している(帝愛グループの関与が疑われている)
  • 健康器具マニア
  • プロテインガバのみ
  • 地下洞窟にエレベーターがない

[編集] 異様に器用

またドワーフは器用である事が知られている。 これは神々の武器のパワーアップから半導体産業までさまざまなところで活用されている。 エルフなどのようなオーバーテクノロジーに比べ扱いやすいとされている。

[編集] 性別による特徴

[編集] 男性

ドワーフ男性

ドワーフ男性は大変な人気を博しているゲイの萌えキャラである。 もともとドワーフは穴倉などに住んでおり、人前に出なかったが、 あるとき、北海道にあるドワーフ医科大学講師の男性が末期がんに侵された ライバルに助教授の席を譲るために新宿で開業医をはじめたのが起源といわれる。

その瞬間、東京西部のおしゃれな街・新宿二丁目のそっち方面の人々に電流が走ったと いわれている。ドワーフ男性がバーのテレビ画面に映し出されるや、酒を酌み交わす のをやめて「あの素敵な男性は誰なんだ!?」「北海道からやってきたドワーフの ドクター(医者)らしいわ」「オゥ! ホットガイ!」という驚嘆の声が上がった。 もともと、オカマバーの店長はナヨナヨしたオネエ系の人材が多かったが、これ以降 急速に「男性的な、がっちりとしていて、それでいて適度に脂肪があり、包容力のある男性」 すなわち「ガチムチ」、ドワーフ体型が急速に普及していくこととなる。

[編集] 女性

ドワーフ女性は「あまり」美しくないと言われていたが、 ドワーフ側の尽力により、最近は「健康的」などといわれ 多少は認められるようになってきたといわれる。 しかしながら、気は優しくて力持ちで頑丈で働き者で器用さをも併せ持ったドワーフは 現代のひ弱な日本人男性にとって最適な「嫁」ともいえるだろう。 (ただし夫婦喧嘩を起こした場合にはを覚悟しなければならない) 無論の事ながらドワーフの嫁は気にしているので「お前、男みたいな筋肉だな」などと 発言してはならない。この場合、脳天に斧を振り下ろされても文句は言えない。 時々、髭がはえていることもあるが、見て見ぬ振りをしてやるのが礼儀とされる。 寝ている間に電気かみそりなどでそっと、剃ってやろう。 また筋肉は(一般の女性が多く身に着けている)脂肪よりも重いので お姫様だっこなどを試みる場合には、一定のトレーニングが必要とされている。 また一般にドワーフは筋肉はあっても身長は低いので、一緒に歩くときは補導されたり、 ロリコンと間違えられないように留意する必要がある。 ドワーフ女性の体の仕組みなどは人間とほぼ同じだが、 母乳にはかなりプロテインが含まれているのでその点は注意が必要である。

明治時代にはドワーフ女性が米価上昇のため、米倉を襲い、 片手で米俵を担ぎ上げるという大騒ぎを起こしたといわれる。 いわゆる「米騒動」である。

[編集] 準惑星

冥王星のような惑星は、惑星として定義するには小さすぎると言うことで、準惑星(ドワーフ・ブラネット)と呼ばれるようになった。

[編集] 関連

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語