ナポレオン・ボナパルト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
ナポレオンは世界で初めて戦争にバイクを使用した。
日本にも同じようなポーズをするような奴がいた。
ナポレオン通行の注意を促す標識。今もどこかで見かける。

ナポレオン・ボナパルトNapoléon Bonaparte, 1769年8月15日 - 1821年5月5日)は、18世紀末から19世紀初めにかけて活躍したフランスの偉大なる軍人皇帝である。戒名は乾癬院胃癌失脚居士。フランス領のコルシカ島にイタリア系フランス人の田舎貴族の子として生まれた。

目次

[編集] 概要

ナポレオンは、紀元前からつづいたローマ帝国皇帝の後継者ではない初めてのヨーロッパ皇帝であり、ナポレオンの戴冠は事実上の神聖ローマ帝国の滅亡を意味した。

「フランス語に不可能という言葉はない」という有名な名言を発したとされる。しかし、「不可能」を和仏辞書で引くとimpossible(発音は「アンポスィーブル」に近い)とでてくるので、ナポレオンが言った言葉はウソとなる。仮に、不可能という言葉が存在しなかったとしても、『無理』という言葉として存在していることになる。弘法も筆の誤りという諺のとおり、偉大なるナポレオンも、フランス語の言語スキルは落第点と言わざろうを得ない。ド田舎のコルシカ島で産まれたためであろう。

[編集] 功績

缶詰の誕生
ヨーロッパ各地へ遠征する際、手軽に大量の物資を運ぶために開発された。設計/製作はカプセルコーポレーション。大きさや重さに関係なくひとつの缶に納まるため非常に重宝された。
フェラチオの発展
マルセイユ兄ジョゼフと出張った折、クラリー家のジュリー姉妹をナンパし、お持ち帰り~♪その後、兄はジュリー姉と結婚。ナポレオンもジュリー妹と恋仲となった。しかし、フェラチオの陵辱発展系であるイラマチオをジュリー妹と開発しようとした折、ジュリー妹がこれを拒否。怒り狂ったナポレオンは婚約を反故にし、総裁政府総裁のポール・バラスの愛人で未亡人でもあるジョゼフィーヌ・ド・ボアルネと結婚してしまう。だが、フェラチオの発展には一人や二人の協力では埒が明かないことを悟った彼は総裁バラスに協力を仰ぎ、まんまとイタリア方面軍の司令官に納まる。そして、フェラチオの興亡をかけたナポレオン戦争が巻き起こったのである。のちに滅亡を歩むナポレオンはこう語っていた。「スペイン人の口は最高だった。何故なら、彼女たちの舌は二枚あったんだ。

[編集] タブー

以下の行為を行うと即刻処刑される。気をつけること。

  • 理由は不明だが、大人は彼の横に並んで立ってはいけない。子供以外で彼の横に立てる者はhydeだけだったと言われている。なぜ彼がその資格を得ることができたのか、これはフランスの歴史で最大の謎のひとつと言われている。
  • 名前を呼ぶとき、「ナポリタン|ナポリタン・スパゲティ」などと間違えてはいけない。ちなみに正しい発音は「ブゥォナパルトゥ」である。正しい発音が出来なかった者も即刻処刑される。
  • 豚に「ナポレオン」と名付けてはいけない。なお、この法律は現在でも有効である。

[編集] ナポレオンに関する逸話

掠奪に侵略に暴行に大活躍したナポレオン自慢のグラン・ダルメ(大陸軍)
  • 一日三時間しか寝なかった話が有名だが、彼は昼寝をしっかりと取っていた。但し、真似して睡眠時間を縮めると寿命まで縮むので注意が必要。彼は王であり、軍神という偶像化された立場も持っていたが、実は全くそんなイメージには似合わない人物であり、夜遅くまで酒を飲み、脂っこい飯を食べ、昼にグーグー寝るというのが死期を早めたと思われる。
  • ジャック=ルイ・ダヴィッドによるアルプス越えの絵画で彼が乗っているのは白馬だが、実際に乗っていたのは河馬だった。
  • ナポレオンがロシア遠征の際に、兵士達が袖で鼻水を拭くと顔がズタズタになるようにという意地悪から服の袖口に鋭利なボタンを付けたが、これがファッションセンス的にもナイスだったため、現代のブレザーのデザインにも継承されている。
  • 痔であり、胃下垂でもある。
  • 友人に宛てて書いた手紙があまりの悪筆で、戦場の地図と間違えられたことがある。
  • 打たれ弱い性格であったため、重大な失敗を犯して2回自殺未遂をしたことがあった。
  • 妻のジョゼフィーヌに、毎晩寝る時に絵本を読んでもらわないと寝られなかった。
  • 読書好きであるが飽きっぽく読破できたことがない。特にゲーテの「若きウェルテルの悩み」は7回以上読み直しているがいずれも最後まで読み切れなかった。
  • ナポレオンは臭いフェチだった。例として戦場から恋人に、「今から帰るから、風呂にだけは入るな」という手紙を書いたこともあった。ちなみに、ナポレオンが寝ているところにブルーチーズを持って行ったところ、ナポレオンは「おお、ジョゼフィーヌか」と起床したという。(ジョゼフィーヌ大好き!
  • 異常なほどの音痴であり、「フランスのジャイアン」という異名を持っていた。また、当時としては珍しいギター弾きでもあったが、腕前は歌のセンスと大して変わらない。
  • 落ち着きがなく、1秒以上同じ位置に留まることが出来ない。常に歩き続けていないと死んでしまうことから、「フランスの本マグロ」という異名を持っていた。
  • 幼少学校時代イタズラを教師に咎められ「貴様は一体何様のつもりだ」と言われたナポレオン少年は、威厳をもって「私は一人の人間である」と応じた。(天才ナポレオン~~。)
  • 青年時代の学業成績は、実は中の下レベルで、彼が陣頭指揮を執った雪合戦で大勝利を収めただけである。しかし、近代民法典を構築したのは確かに同一人物のナポレオンであるため、二重人格者であるという説がある。
  • 性病持ちであり、若い頃に最前線で部下の兵士にうつされたらしい。
  • ナポレオンは、左手にコインを持って、右手のフライパンで焼けたクレープをうまくひっくり返せたら1年がうまくいくというクレープ占いにハマっていた。周囲に広めてブームを起こそうとしたが、流行らなかった。
  • 背が低いとされ、バーゼル大病院のリュグリの研究によると身長156㎝と推定されている。帽子を戦闘中に打抜かれたことがあるが、背がもう少し高ければ戦死していたかも知れない。
  • 妻ジョセフィーヌとの情事の最中に愛犬フォーチュン(パグ)から金玉をかまれたことがある。
  • ナポレオンはポルナレフと関係がありそうで無い。
  • ナポレオンは蒸留酒製造にも造詣が深く、彼が開発した酒こそ「ナポレオン」である。
  • ナポレオンフィッシュと言われている魚は、ナポレオンが釣りをした際に発見したことから命名されたものである。

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ナポレオン・ボナパルト」の項目を執筆しています。
Quqpacmanlogo3.png
後世の物好きのためにナポレオン・ボナパルトが放った発言は、有志たちによって「Unquotable/君主」へ収録されています。

   

Hitlerefficiency ハイル・ヒットラー! このナポレオン・ボナパルトは、偉大なる我らがアーリア民族の築き上げた最高の文化的作品である!
この記事を書き上げてこそ、ユダヤ人を殲滅できるのだ!
この記事をつまらなくする者に宣戦布告を! ジーク・ハイル! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語