ニカラグア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ニカラグア(Nicaragua)とは、アメリカが排泄物を垂れ流す便器としてこき使ってきた、現在もこき使っているラテンアメリカの国家の一つ。大腸みたいにクネクネしている中米の中間に位置する。西にホンジュラス、東にコスタリカがある。

概要[編集]

中米の中で一番の貧乏国家として知られる。長年ソモサ一族と言われる独裁者が独裁政権を敷いてきたが、その独裁体制が極左勢力の革命軍が起こしたクーデターによって崩壊した。しかし、極左勢力に政権を握られるとアメリカとしては色々都合が悪いので、アメリカは内政干渉して内戦を起こした。その内戦が長引き、ニカラグアは荒廃した。ところが1990年、左派で革命軍出身のオルテガ大統領が選挙で敗れ、ビオレータ・チャモロ女史が大統領となると、アメリカの息がかかった右翼勢力は途端に大人しくなった。誰が裏で糸を引いていたか明白である。オルテガ大統領も色々乱暴な政治をやって私服を肥やしていたようだが、内政干渉して内戦を引き起こしたロナルド・レーガンの悪辣さに比べたら大したことはない、というのがニカラグアの若い衆の間では共通見解となっている。

その後はアメリカが押し付けてきた新自由主義政策を推進したが、ラテンアメリカの風土と国民性にはマッチしていなかったので、頓挫した。というかアメリカに一方的に搾取されるだけで終わった。相変わらず治安は悪く、人々は犯罪と貧困に悩まされ続けていたが、やがてこうした構造に若者を中心に気付くものが増え始め、2006年の選挙でオルテガ大統領が復権した。オルテガ大統領はウゴ・チャベスエボ・モラレスなど中南米の反米政権と仲良くし始め、アメリカにとっては厄介な眼の上のたんこぶがまた一つ増えてしまったが、身から出た錆である。

経済・産業[編集]

中米一の貧乏国家なので経済は振るわない。他の中米国同様コーヒーの生産が盛ん。近年パナマに対抗して運河の建設に着工した。成功するかどうかは不明だがオルテガを失脚させるためにアメリカから妨害が入る可能性は大いにある。

パナマに対抗して運河の建設を計画中だが、成功するかどうかは不明。ただでさえ貧乏国家なのでコケれば経済が深刻な打撃を受ける可能性がある。オルテガ大統領はこれでニカラグアの繁栄間違いなしと自信に溢れているようだがあまり信用しない方がいいかもしれない。

なぜこんなにも貧乏なのか[編集]

中米は貧乏国家ばかりだがニカラグアの貧しさはその中でも抜きんでている。クーデターなどで政情が不安定な隣国ホンジュラスですらニカラグアよりは今少し豊かである。何故ニカラグアはこうも貧乏なのか。統治者であるオルテガ大統領の顔もなんだか貧乏臭く、大統領というよりは田舎のおっさんという風貌である。ニカラグア国民たちの間では、実はオルテガ大統領はキングボンビーで、彼の呪いでニカラグアはずっと貧乏なままなのではないかという風聞が飛び交っている。しかしオルテガ大統領の支持率は高い。多分他にろくな人材がいないのだろう。

内戦が長い間続き、その疲弊から未だ立ち直れていないせいだという指摘もある。では、ニカラグアと、同じく内戦が長期間続いていたパナマを比較してみよう。

……どうやら内戦から立ち直れていないのが原因というわけではなさそうだ。パナマシティの発展が著しすぎるのかもしれないが、それにしてもニカラグアはあまりに貧乏である。やはり貧乏神に取りつかれているとしか考えられない。

治安[編集]

中米はどこも治安が悪く、ニカラグアもその例に漏れない。しかし、ニカラグアよりは経済的に発展しているホンジュラスエルサルバドルグアテマラと比べると良好である。オルテガ大統領がアメリカの息がかかったギャングの皮を被った工作員を根気強く粛清しているおかげだなどと言われているが詳細は不明。しかしメキシコのマフィアが勢力圏を伸ばしてきているのでいずれニカラグアも修羅の国になると思われる。

周辺諸国との関係[編集]

かつてアメリカと敵対した革命軍のオルテガが大統領をやっており、彼は反米的な姿勢を公にして憚らないのでアメリカとの仲は悪い。しかし、レーガンがやりたい放題やっていた頃のように暴れることは最早アメリカには出来ないので緊張しながらも衝突しない微妙な関係が維持されている。その他、東隣にあるコスタリカは中米で一番裕福な国なので、多くのニカラグア国民が嫉妬を抱いており、領土問題もあって関係はあまり良くない。時々ニカラグアがコスタリカの領土を掠め取ろうと軍事行動を起こしている。コスタリカ側はニカラグアに対抗するべく宗主国様にすり寄っており、ニカラグア側はそれに対抗するべく東側の宗主国様の援助を仰ぎ、事実上の戦争(規模はとてつもなくショボイ)が続いている状態である。

国名の由来[編集]

かつてニカラグアの地に住んでいたインディアン、ニカラオ族に由来するとされるが、インディアンの文化は殆ど失われて久しく、国名の由来がインディアンであることもニカラグア国民の殆どが誰も気にしていない

有名人[編集]

ただでさえ貧乏で荒廃している中米の中でも一番貧乏国なので著名な偉人をなかなか輩出出来ていない。有名なのはオルテガ大統領と、詩人ルベン・ダリオ程度である。ダリオはパブロ・ネルーダオクタビオ・パスなどと並んで、ラテンアメリカ文学の巨星として名高いが、ラテン人とか麻薬と暴力に溺れた蛮族の集まりだろうと偏見を抱いている日本人からは評価されていないどころか認知すらされていない。なお、そのダリオ以降、ニカラグアは文学界で名を馳せた人物を輩出できていない。