ニセコイ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ニセコイ」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ニセコイ」の項目を執筆してくれています。

ニセコイとは、古味直志による読者を暴力団化させるためのラブ漫画である。

概要[編集]

ニセコイとは、暴力団組長のヘタレ系一人息子と元気いっぱいのこわーい転校生が親の命令でラブコメを繰り広げさせられる週刊少年ジャンプ掲載の漫画である。

一応この恋愛は見せかけのみとされているが、一人息子がほかのヒロインと常にイチャイチャラブラブしているようにみえるため、暴力団志願者の集う学校裏サイトでは主人公は暴力団顔負けのヘイトスピーチを浴びせられている。

基本的にこの漫画を読んだモテない男子は主人公にいらいらし始め、一話が終わるごとに編集部に向けてニセコイこそ「最もつまらない漫画。打ち切れ」と読者アンケートしている。しかし、それにも関わらず腐った勢力の陰謀で2期でアニメ化されたため、その努力はジャンプ編集部へのただの上納金と化してしまった。

登場人物[編集]

一条楽(いちじょう らく)
暴力団・集英組の元締めの息子だというのに、まともな喧嘩さえできない弱弱弱弱弱ダメ男君の主人公。この物語は口先だけは立つ「もやし」一条が、実際に腕を振るうことなく女子の間で名声を確立し、ヘタレ勢力へまっしぐらのリアル暴力団にどれだけ貢献できるかを問うものである。この視点が暴力団の道に見切りをつけた今どきの不良たちに斬新な視点を提供し、アニメ化への決定的要素となった。
演歌を愛するところが、金を持つ古参ジャンプ読者の心を引き寄せている。
桐崎千棘(きりさき ちとげ)
アメリカのマフィア界からやってきた一人娘。喧嘩は推理漫画の凶暴ヒロインや零崎一族と渡り合えるほど撃強で、一条を指先一つであべしできる。この二人が親の厳命で恋愛関係を演技する。この設定は、戦後日本の勇ましき暴力団が実際にはずっと米国様の言いなりだった真の戦後史を反映したものである。
アメリカの風土にどっぷり染まって育ったらしく、料理は食うにたえない代物ばかり。しかし、アメリカにいた頃はそれでも神級に上手いと一切の圧力抜きで褒めそやされてきた。その嗜好が料理好きの一条に「不味い」と判定され、「こいつ、ただのヘタレと思っていたが、女に意見するとはやはり暴力団の息子だったか」と少し本気になる契機となった。
小野寺小咲(おのでら こさき)
優しい優しい優しい優しい和菓子屋の優等生。しかし、実の顔は必殺仕事人で、三ツ星シェフでもつくれない料理に毒を盛るアサッシンとしての才能を持つなかなかの悪女候補である。
「実は両想いなんだけどお互いヘタレで言い出せない」という甘酸っぱいシナリオを持っていたはずが、単に空気の読めない女に成り下がり「一条くんとも桐崎さんとも仲良くしたい」と三角関係の延長を望む悪女になった。
橘万里花(たちばな まりか)
病弱で警視総監の娘なのに、小学1年生の時から暴力団幹部の息子・一条の許嫁だったスゴイ人。警視総監と親交するなんて、集英組は本当にヤクザだったのだろうか?と突っ込んだら粛清されました
ファンのトラウマとなった九州編のせいでヒロインの座を失うが、その後次元を超えてゴールイン
奏倉 羽(かなくら ゆい)
楽にとって姉のような存在。中国のマフィア「叉焼会(チャーシューかい)」の首領(ドン)という裏の顔をもつ。料理は餃子しか作れないというのがある意味すごい。歌唱力は剛田武なみにヤバイ。
鶫清四郎(つぐみ せいしろう)
千棘に付き従う少年と思われていたが、まさかの女の子。クロードに男だと思われてつけられた名前が悲劇を呼ぶ。しかもラスト数回に本人が言うまで男だと思ったままだった。楽と千棘の本当の関係を今も知らず、クロードの命により2人を別れさせようとして失敗し、女であることがクロード以外の人には明るみに出る。それ以降も楽を敵視していたが、彼の優しさや気遣いに触れ、当初の目的を忘れる。実はかなりの妄想女。
宮本 るり(みやもと るり)
見た目小柄でメガネっ子とは裏腹に、非常に短気で極度の暴力癖があり、たびたびセクハラ発言をする集に制裁を加える。
舞子 集(まいこ しゅう)
楽の親友。日頃からセクハラ的な発言をしている変態キャラクター。モテている楽に対しては他の男子生徒と違い、嫉妬するどころか逆に面白がっている。世のモテナイ男子からはかっこいいヒーローと称えられる。彼の存在が、この漫画に対して怒っている人々の心を抑制していると言ってもいいだろう。
小野寺 春(おのでら はる)
小咲の妹。シスコン。入学式の時に助けてくれた王子様を妄想する。万里花降格後ヒロインになるかと思ったが、あまりにも面倒な姉のせいで自ら脇役の道を選んだ。
クロード
自称千棘のボディーガード。あまりの過保護さはストーカーの領域を超えている。
は次元を超える。でも行先ちょっと間違ったね…。
千葉のYさん
ある意味真の主役。その溢れる愛で全てを超えたお前らの親類。万里花への次元を超越した執拗なファン攻勢を繰り返した挙句に、見合い相手としてニセコイ世界へ。そして多分そのまま次元の壁のようにアレも突き破ったことだろう。
どうぞ末永く爆発してください。

他にも一条に惚れる女の脇役が山のように登場する。弱いくせにやたらモテる一条に対して、喧嘩に強いのにまるでモテないフツーの暴力団員からは怨嗟の声がこだましている。かくなる初版執筆者もそれが原因で事件を起こして懲役3年のため、刑務所にて執筆中である。

オチ[編集]

な~んて、全部嘘っぱちだったんだけどさ~~~~~!!!
え?! 学生時代って普通こんな感じじゃ?

関連項目[編集]


書きかけだ 記事は面白ければいいんだ。面白いものは削除されない。当たり前だ。
だが この「ニセコイ」は面白くない
面白さを視野に入れるなら特に内容だな。誰でもいいから面白い記事を期待しているぞ。 (Portal:スタブ)