にゅーすぴーく

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

'にゅーすぴーく わ、++よいことば。

目次

[編集] せつめい

ふ'きそくだ'ことばわ、ふ'かんたんだ'て+よい'ない。

'じしょ がないと、よむ'れる'ない'て、かく'れる'ない。

だからみんなでみらいのことばおよいことばにする。 これが、'にゅーすぴーく 。

ふ'みらいのことばわ、いまより+ふ'きそくだ'て、++ふ'かんたん'た。

それわ、'おーるどすぴーく とよぶ'られる'た。


[編集] 'にゅーすぴーく わ、3つにわける'られる。

「えー」
ふつうのことば。
「びー」
あたらしい、つくる'られる'たことば。たとえば、'じんきゅうほう 。
(このことばお'おーるどすぴーく でわ、じんけんきゅうさいほう(人権救済法)とよぶ'た。ながい'て、よい'ない。)
「しー」
しごとのことば。

[編集] ことばおとてもかんたんだ'に

[編集] ことばがかわる'ない。

'おーるどすぴーく でわ、ことば'するとき、ことばがかわる'た。

たとえば、

  • 「つくる'られる'た」…つくられた
  • 「はしる'ない」…はしらない
  • 「はしる'れる'ない」…はしれない
  • 「たべる'ない」…たべない
  • 「たべる'れる'ない」…たべられない・たべれない
  • 「みる'れる'ない」…みられない・みれない


でもこれらわどれも、'じしょ にない。うえのたとえばのほかにも、ぜんぶのことばが+ふ'きそくだ'て、+よい'ない。

[編集] ひとつのものにひとつのなまえ

'おーるどすぴーく わ、ひとつのものにおおい'くのなまえおつける'た。

たとえば、「じょせいき」わ、

  • しきゅう
  • ばぎな
  • くりとりす
  • くりちゃん
  • まんこ
  • おまんこ
  • まんまん
  • おしっこのでるところ
  • あそこ
  • おだいじ
  • おんなのこのたいせつなもの
  • かんのんさま
  • ひだひだ
  • びらびら
  • じょうねつのかべん
  • にくよくのつみぶかきみつつぼ
  • よもつひらさか
  • なか

ほかにも+ある'た。

これわ、++よい'ない。

[編集] あたらしいよいなまえ

なまえがふ'かんたんだ'なら、あたらしいよいなまえおつくる。

うえの3つにわける'られる'たことばにある「びー」わ、こうしてつくる'られる。

たとえば、'はろーわーく 。

(このことばお'おーるどすぴーく でわ、しょくぎょうあんていじょ(職業安定所)とよぶ'た。よい'ない。)

[編集] ていどのあらわす'かた

ぷらすまたわ+おつける'て、つよいer、

だぶるぷらすまたわ++おつける'て、つよいestの、

いみおもつ'させる'られる。

また、「より・さらに」「もっとも」わよい'ないのでつかう'ない'て、「er」「est」おつける。

[編集] ぶんにあてはめることばのかえる'かた

なまえやもの、ことをあらわすかたちと、うごくをあらわすかたちわおなじとする。

もの・こと・なまえのようすおかくときは、「だ」お、うごくのようすおかくときは、「に」おつける。

たとえば「はたらく」わ、なまえ「はたらく」、うごく「はたらく」、なまえのようす「はたらくだ」、うごくのようす「はたらくに」となる。ぶんでつかう'てみると、「はたらくわいきるにひつよう」「かれわはたらく'た」「はたらくだわかいひとは++よい」「はたらくにこうどう'せよ」となる。

===ふ'かんたんだ'もじ

[編集] よいことばでよいひとに

'ぷろーる わ、'にゅーすぴーく おことばない。

よい'ない。

あなたわ、よいひとだ。

[編集] 'にゅーすぴーく お'おーるどすぴーく にすると

  • 「ぞうわ、はながながい。」⇒「ぞうははながながい。(象は鼻が長い。)」
  • 「きょうわ、くもおあらう'ながす'たよう'だ'よいてんき。」⇒「きょうはくもをあらいながしたようないいてんきだ。(今日は雲を洗い流したような良い天気だ。)」
  • 「ははわ、ばば わっぱわ、はっぱ ぱぱわ、はば」⇒「はははばば わっぱははっぱ ぱぱははば(母は婆 輪っぱは葉っぱ パパは幅)」
  • 「かんたんわ、よい。」⇒「むちはちからである。(無知は力である。)」
  • 「あなたわ、よいひとだ。」⇒せんせいしゃ「なんじ、するなかれ。(汝、するなかれ。)」 / ぜんたいしゃ「なんじ、すべし。(汝、すべし。)」 / われわれ「なんじ、かくなり。(汝、かくなり。)」
  • 「いくさわ、へいわ。」⇒「せんそうはへいわである。(戦争は平和である。)」

[編集] 'にゅーすぴーく のふ'みらい

'にゅーすぴーく わ、ふ'みらいのおおいことばのなかより、よいところおあつめる'てつくる'られる'た。


どいつことば・にほんことば
ことばおつなげる'てあたらしいことばおつくる。'じしょ がかんたんになる'て、よい。
たとえば、いぎりすことば・あめりかことばでわ、
「finger」「thumb」「toe」と3つのことばがいる。
しかし、にほんことばでわ、「ゆび(おやゆび、あしおやゆび)」と1つですむ。
いぎりすことば・あめりかことば
ふ'みらいにないあたらしいことばおつくる。かしらもじおとてもつかう。
ふ'かんたんなことばおかんたんにするのでよい。
たとえば、'てぃーぴーぴー 。
(このことばお'おーるどすぴーく でわ、かんたいへいようせんりゃくてきけいざいれんけいきょうてい(環太平洋戦略的経済連携協定)とよぶ'た。+よい'ない。)
かんこくことば
もじお、ちゅうごくもじ(かんじ(漢字))からかんこくもじ(はんぐる(한글))にかえる'た。きそくだ'てかんたんだ'て、++よい。

[編集] 'にゅーすぴーく おつかう'た'つくる'される'だ'もの

'にゅーすぴーく おつかう'はじめる'た'はじめる'+よい 'かくひと がよし。Yoshi

かれのかく'た「でぃーぷ・らぶ(Deep Love)」わ、みらいの'にゅーすぴーく につながるがおおい。++よし。

ほかにも'にゅーすぴーく おつかう'た'つくる'される'だ'もの おしたにかく。

「こくごにゅうしもんだいひっしょうほう」 しみず よしのり
ことばおかんたんにするやりかたをあらわす'た。+よい。
「いんのうろく」 つつい やすたか
これわ、よい'ない。+よい'ない。
「あるじゃーのんにはなたばお」 だにえる きいす・おび ふさ
ふ'かんたんだ'ひとがかんたんになる。かんたんわ、よい。

[編集] かんけいきじ

Wikipedia
ゆーもあ'ないひとのために、うぃきぺでぃあのひとが「にゅーすぴーく」おかく'た。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語