ニンテンドーゲームキューブ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ニンテンドーゲームキューブ」の項目を執筆しています。

ニンテンドーゲームキューブ(NINTENDO GAMECUBE)とは、任天堂により開発された兵器の一つ。四角くていかにも殺傷力がありそうなボディと、その後部についている持ち手が特徴的。

ファミコン色のゲームキューブ。
特に深い意味はない。

概要[編集]

ゲームキューブはゲーム機の中で最強の兵器と恐れられている。遠近両用、攻防一体、軽くて丈夫と全く弱点が無く、日本を始めとする多くの地域で標準装備となった。しかし最終的にはPlayStation 2XBoxがバージョンアップを繰り返して多くの機能を追加したため、ゲームキューブは最強であるのにも関わらず、三者の中で最もマイナーとなってしまった。現在ではWiiでゲームキューブのソフトが遊べるようになっている。

スペック[編集]

攻撃面[編集]

  • 光ディスク発射装置
しかし、PlayStation 2等と比べてもディスクのサイズが小さく、あまり威力は出ない。
  • コントローラ
付属のコントローラは多くの突起があり、更に他のゲーム機用コントローラより重いため当てると相当な威力が期待される。振動機能も標準装備されており、相手の手元を狂わすことも出来る。
  • 持ち手
ゲームキューブを最大限に活用するためのもの。持って振り回せば相手に強烈な打撃を与え、勢いをつけて投げれば投擲武器となる。どちらにしても威力が高く回避が難しく、相手にとっては厄介なこと極まりない武器だと思われること間違いなし。
だがあまりに強く振り回すと外れる可能性があるため注意が必要。
殺傷能力は屶や斧や鉄製の金槌には及ばないが少なくとも木製の金槌以上の威力はある。

防御面[編集]

  • カラーバリエーション
当時としては消失の傾向があったカラーバリエーションを採用。初期は主に夜間に向けての戦闘を意識し、バイオレット、ブラック、オレンジの3色をラインナップ。数年後には森林での戦闘用にエメラルドグリーン、雪原での戦闘用にシルバーの2色が新たに追加された。
  • 耐久性
軽くて高い耐久力を持つため、敵の兵器の防御にも使う事が出来る。2階から落としてもハンマーで思いきり叩いてもまだまだ使用可能なレベルである。耐久性の高さについては以下の実験映像を見れば分かる。PS2がF-14なら、ゲームキューブは・・・
  • 動作時間
他社のゲーム機よりも消費電力を抑えたため、少ない電力で長い作動時間を実現した。この動作時間については、次世代のWiiにも引き継がれている。

起動音[編集]

ゲームキューブは最強兵器だが、起動音がとてつもなくショボい。 全部で3つある。

  • トゥン! トゥルトゥルトゥントゥルトゥントゥン トゥルトゥルトゥルルトゥルルトゥン トゥン!
  • キュッ! キュキュッキュキュッ キュキュッキュキュッ キュキュッキュキュッ! ボヨヨーン ワッハッハーハハ!
  • イヨョォォ ココカッソコカッソコダッココソコダッココダッソコダ ホォォッ ドゥン チーン

主なラインナップ[編集]

ゲームキューブにおけるラインナップは戦争を意識したものが多い。

相手をひたすら吹っ飛ばすゲーム。状況を瞬時に読み取り、やられるまえにやっつけろ!
奴隷を最大100匹まで引きつれ、敵を倒したり財宝を集めたりするゲーム。色によって得意な能力が違うのでそれを生かす必要がある。主従関係を理解するのには最適。
戦場は一人だけでは生きていけない。仲間の癖を読み取って、誰よりも強いチームワークを作るのが目的。
言わずもがな。人は死んだら生き返らねぇんだよ!

類似品[編集]

猫ちゃんも大好き。

ゲームキューブには、数多くの類似品が存在する。一例として、カラフルなゲームキューブが世に広まっている。これは、カラーバリエーションであり 他の商品ではない。ディスクを入れる場所はお察し下さい

関連項目[編集]

この項目「ニンテンドーゲームキューブ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)