ニンテンドー3DS

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ニンテンドー3DS」の項目を執筆しています。

ニンテンドー3DS(にんてんどーすりーでぃーえす)とは、かつて任天堂が発売していた携帯ゲーム機である。

概要[編集]

ニンテンドー3Dメガネ

ニンテンドー3DSは名前から分かる通りニンテンドーDSの後継機であるが、かなりの違いがある。

初めに特筆すべき特徴としては3D機能が挙げられる。この3D機能はゲームのプレイヤーが付属品である「ニンテンドー3Dメガネ」をかける事でプレイ画面のキャラクターが2次元から飛び出して見えるという物である。ただこの3D機能は使用者の健康に害を与える事が判明しており、使用は非常に危険である(後述)。

もう一つの大きな特徴は計6のタッチスクリーンである。これは旧型機であるニンテンドーDSの「ダブルスクリーン」をさらにパワーアップさせた「トリプルダブルスクリーン(3DS)」と呼ばるシステムである。このトリプルダブルスクリーンによりいままでのゲーム機には無かった躍動感のあふれるクレイジーな操作が出来るようになっている。

発売日は2011年2月26日で、その時の希望小売価格は2万5000円。本体の発売と同時に多くのソフトが発売されたがどれも大コケし、その後ソフトをエロくしてヲタクにターゲットを絞るものの主力購買層の一つである親たちの反感を買ってしまいさらに苦しい展開になった。発売からわずか半年で値段を1万5000円にまで落とした(ちなみにこの時の売り上げ数は約2000台)。その後も様々な要因が重なり売り上げは減少。最終的には経済産業省によって販売差し止めになってしまった(後述)。これによりニンテンドー3DSは総売り上げ数3000台という過去最低の記録を作り出してしまうことになった。

主なソフト[編集]

主なニンテンドー3DS対応ソフトを挙げていく。

  • nintendogs + cats シリーズ
  • ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D
  • 剣と魔法と学園モノ 3D
  • 閃乱カグラ-少女達の真影-
  • スーパーマリオ 3Dランド
  • 萌え萌え大戦争☆げんだいばーん 3D
  • スマイルプリキュア!レッツゴー!メルヘンワールド
  • New スーパーマリオブラザーズ 2
  • 閃乱カグラ-紅蓮の少女達-
  • とびだせ どうぶつの森
  • オレ様キングダム イケメン彼氏をゲットしよ!もえキュン?スクールデイズ
  • NEWラブプラス
  • 初音ミク and Future Stars Project mirai
  • 女の子と密室にいたら○○しちゃうかもしれない。
  • 大乱闘スマッシュブラザーズ For Nintendo3DS


こうして並べて見てみるとゲームソフトのジャンルがかなり偏っていることが分かる。タイトルも最近のライトノベルみたいにバカ丸出しである。

発売中止騒動[編集]

任天堂はこのゲーム機の一番の特徴とも言える3D機能に大きな欠陥があることを発売開始から1ヵ月して発表した。

下の文書は製品の欠陥が判明してから任天堂が発表した文書である。都合により多少原文を編集してあります。

 任天堂からのお詫び

日頃より弊社の製品をご贔屓にしていただき誠にありがとうございます。

今日はお客様に、この度発売しました「ニンテンドー3DS」に重大な欠陥が見つかったことをご報告させていただきます。

その欠陥は発売前よりお客様より多くのご質問を頂いていた「3D機能」とに関するものです。多くのお客様から「3D機能を使うことによる健康への影響はないのか?」というご質問を多く頂き、弊社では発売後にゲームと健康との関係を再調査しました。その結果3D機能が若干ではあるもののお客様の健康に影響をもたらす可能性がある事が判明しました。今日は主な2つの影響についてお伝えしたいと思っております。


まず一つ目はわが社より発売したいくつかの3DS対応ゲームソフトについてです。弊社から発売するゲームソフトには全てCERO(コンピューターエンターテイメントトレーディング機構)によるレーティングが行われております。しかし今回の調査で、このレーティングは2D画面での場合と3D画面の場合では異なってくるという結果がでました。そのためレーティング調査の再実施およびレーティングの変更が必要という判断に至りました。特に弊社の主力ゲームソフトである「NEWラブプラス」や「女の子と密室にいたら○○しちゃうかもしれない」などのゲームソフトがレーティング変更が行われる可能性が高いものになります。いま発売されている「閃乱カグラ シリーズ」を例に取って説明いたします。このゲームには乳房の大きい女性(一般的に巨乳と呼ばれる)キャラクターが多く登場します。これを2D画面でプレイした場合はCEROのレーティングDにあたります。しかしこれが3D画面になりおっぱいバインバインになった場合は完全にCEROレーティングZです。その為このゲームを3D画面でプレイすることはお子様(特に思春期の男の子)への刺激が強すぎてしまいます。この様に今現在パッケージに示されているレーティングと新基準でのレーティングが違うゲームソフトが多く発売されていますので、この問題に対しては一旦すべてのゲームソフトを回収することで対処することにしました。お客様のご理解とご協力をお願いいたします。

二つ目は長時間の継続したプレイによる影響です。調査の結果ニンテンドー3DSの3D機能は目の神経に影響を与え、それが脳にも影響する事が分かりました。主な症状としては「ゲーム機に触っていないと手が震えてくる」「ゲームのプレイが止められなくなる」「現実の世界とゲームの世界との区別がつかなくなる」などといった事が挙げられます。これらの症状は3D画面を長時間見ることによる目の疲労からくるものだと考えられていますが現在も調査中なので結論付ける事はできません。ただ長時間の連続したプレイが影響の原因になることは明白ですので5分に1度1時間の休憩をとる事をお願いします。


お客様にはご迷惑をおかけいたしますが何卒ご理解とご協力をお願いいたします。

 任天堂社員一同

この文書の内容を要約すると…

  • 3DSの3D機能にはいくつかの重大な欠陥がある
  • それらは主に2つ
  1. いままではギリギリセーフだったソフトが3DになることでCEROレーティングZ(18歳以上のみ対象)に相当するものになっているけど、こどもでも買える
  2. 長時間3D画面を凝視しているとゲーム脳になってしまう
  • ご理解とご協力よろしく!

という事になる。


任天堂はこの文書を発表してすぐに対応に取り掛かったものの、各学校のPTAマスコミなどの各方面からのネガティブキャンペーンの影響で返品が急増。ついには最も恐れていた健康被害がでてしまい、日本では死滅したとされていたゲーム脳患者の存在が確認された。これによる影響で日本中でニートが増えたり、ゲームと現実の境界線が曖昧になったアメリカ人患者が小学校で銃を乱射したり、ゲームの中ではチョコレートが貰えるのに実際には一つもチョコレートを貰えないイスラム教徒がバレンタインを禁止にしたりと世界規模で被害がでてしまった。これには流石にビビった任天堂や各ゲームメーカーはゲーム脳とこれらの被害との関係を否定し始めるものの、最後には経済産業省から販売差し止め命令というダメ押しに倒れてしまう。こうしてニンテンドー3DSの波乱万丈な人生は幕を閉じるのであった…。

ニンテンドー2DS[編集]

2012年7月28日にニンテンドー3DS LLが発売される予定だったが、3DSが発売中止になったことを思い出したのか、なんと、2013年7月28日にニンテンドー2DSというニンテンドー3DSの問題点をすべて改善したゲーム機が出たのだ。海外では、2013年10月12日に発売された。 2DSという名前に恥じぬように、3D機能は廃止となった。 価格は、高い方でも10000円という安い価格で、問題点の改善も相まって、安心して遊ばせられるゲーム機として期待されていた。 3DSのソフトも使えるが、2D表示になる。

日本では宣伝されなかったためかほとんど売れず、黒歴史化してしまい、ホームページがなくなって日本では完全に消えた扱いになっていたが、海外では大人気であり3か月で211万台も売れた。それを受けて2016年になって漸く日本国内向けに販売を開始。さも新ハードであるかのように売り出しているが、上記の通り三年前のハードである。と言うかその直後に任天堂が据え置き機と携帯機を兼ねる新型ハード「ニンテンドースウィッチ」を発表したため、話題はそっちへ行ってしまった。

ニンテンドー2DSの特徴[編集]

問題点の改善はもちろん、様々な特徴がある。

  • 3D機能の廃止
  • 折りたたみ機能が廃止されたが、それに合わせて持ちやすいように改善されている。
  • 2画面だが、液晶自体は1枚で、上手なコスト削減ができている。
  • ソフトウェアは、DS、3DS、2DSのものが使える。3DSのソフトが無駄にならないある意味良い仕様である。
  • スリープはスイッチ式になった。

など、子供にも安心仕様である。

  • 価格は2種類
    • スピーカーがステレオ、全てのDSシリーズのソフトが使えるバージョンは、10000円。
    • スピーカーがモノラル、2DS専用ソフトしか使えないバージョンは7500円。

と、面白いハードである。なのに日本では宣伝がされず売れずに消えたのが悲しい。

ソフトは、3DSよりだいぶ改善されており、大乱闘スマッシュブラザーズの新作が出ることも話題になった。

関連項目[編集]