ネクタイ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ネクタイ」の項目を執筆しています。

ネクタイとは、社会や組織の奴隷走狗、家畜、パシリ、下僕、捨て駒であることを顕示するステータスシンボルの一つ。オスカー・ワイルド曰く、「人間専用の首輪」。

[編集] 概要

首に巻いて結ぶ布製の装飾品であり、さながら犬の首輪。人々に自分が社会の奴隷であることへの自覚、束縛感を与え、組織への帰属意識を抱かせることを目的として19世紀末頃に正装として普及、定着した。ネクタイを付けている人間はその殆どが社会の歯車としていいように使役されている、あるいは社会に馴致させられながら使い走りへの階段を一歩一歩登っている奴隷同然の連中ばかりである。特に警察官自衛官などの公僕、すなわち政府ないし権力者の犬共には正装としての着用が強制されており、警察内ではネクタイつけてこない奴は射殺しても良いという不文律がある。会社の重役や政治家総理大臣など、奴隷を顎で使っている人間もネクタイを身に付けていることがあるが、これは「自分も所詮社会の歯車に過ぎない」という彼らの自嘲の反映である。近年ではサルチンパンジーもネクタイを着用しており、地球上のありとあらゆる生き物が奴隷化への道を歩んでいる。

ネクタイは首輪の範疇に入るが、首輪を「つけられる」犬や家畜と違い、ネクタイを付けている人間の中には、着用が義務付けられていなくても能動的に進んでネクタイを身につける連中が意外と多い。これは彼らが奴隷になり酷使されることを望むマゾヒストであることの証左と言えよう。しかし、彼らとて一日中ネクタイを着用しているわけではなく、仕事を終えて帰宅し、奴隷の立場から開放されれば、翌朝、出勤して再び奴隷に戻るまでの間ネクタイを脱ぎ捨てる。

高邁な知識人や反骨心の強い人は奴隷のシンボルたるネクタイを身につけることを忌み嫌い、ネクタイをしないことがあるが、それは同時に「俺は社会や組織の言いなりにはならないぞ!」という意思表明をすることでもあるため、上司や先生からは要注意人物としてマークされたり、面接で落とされたりする。ちなみに普段はネクタイをきちんと結んでいる謹厳実直なサラリーマンも、酩酊状態になると奴隷の証であるネクタイをハチマキのように頭に巻き反社会的なポーズを取ることがある。

驚くべき事に、家畜の象徴たるこの人間用の首輪をファッションの一つとして見做しているおめでたい連中がいる。彼ら曰く、ネクタイはハンカチと並んで紳士のキーアイテムなのだそうだ。彼らにとって紳士とは、社会の言うがままになる奴隷の事を指すのだろう。実に正鵠を射ている。

[編集] 自殺の道具として

ネクタイには自殺としての用途もある。自殺衝動に駆られた時、飛び降り自殺などして他の人間に迷惑を掛けないように、ネクタイをきつく締め、気管を圧迫しての自縊が推奨されており、グモッチュイーーンへの抑止力となっている。

「まさしく、帯に短し襷に長し、首吊りするのに丁度良しと言うわけですね。」
ネクタイ について、糸色望
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語