ネタバレ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』 民明書房『現代用語に見る食文化』
「ネタバレ死ねよ!」
ネタバレ について、駒形由美
「こんのぉ~!」
駒形由美 について、相楽左之助
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ネタバレ」の項目を執筆しています。

ネタバレとは、にぎり寿司(特にウニやイクラなどの食材)を食べる際に誤って銀シャリを付けてしまい、シャリが崩壊してネタまでバラバラになってしまう(バレる)、という危機的状況の事である。

解説[編集]

食通を気取った人間が仲間を連れ出して寿司を誘うも、寿司を食べる際に本来の作法ではなくシャリに醤油を含ませてしまい、醤油皿は銀シャリだらけのネタバレ、なんだこいつトウシロかと興ざめをしてしまう光景を見受けるが、これから転じて「知ったかぶりの人間が、機嫌を良くしてやらなくても良い事までやってしまい、知られていなかった実情が晒されてしまう、という恥かしくもあり迷惑でもある事」を指すようになった。

「バレる」は「ばらす(分解する、暴く)」の受動的で、かつ「ケ(褻)」の意味を持つ言葉だったが、知る権利等の権利意識が浸透するに伴い、次第に「疑いが晴れる」の転用「晴れ」と表現するようになった。これは「ケ」から「ハレ(晴れ)」へのイメージ一新を狙った何者かの巧妙に仕掛けた罠である。

このように、元来は「台無しになる」という趣旨を持った戒めの言葉である「ネタバレ」だが、近年においては安易に用いられやすい環境に成ってしまった為、誰も何の恥じらいも無く用いるようになってしまった。 これは現代社会における人間の「忙しいから面倒な事は教えてよ」という合理的な思考回路、「みんなが持ってるのに自分だけ持ってないのは何か損をした気になる」という一億総中流階級意識など、様々な原因に起因している物と思われる。

寿司は元来は港や魚河岸に行けば食べられる漁師料理であったが、現代に於いては高級料理であるかのように扱われる。 これも、「ネタバレ」のような食文化から起因した用語が現代用語に浸透するのとは逆向きの動きをしており、今後の研究材料として興味が引かれるものである。

(以上、民明書房『現代用語に見る食文化』)

ネタバレに関する考察[編集]

本来は戒めの意味を持つ為か、或いは近年の傾向の影響か、以下のような現象が見受けられる。

  • 「べ、別に見なくてもいいんだからね!見れば興味を持つかもと思って掘り下げてあげただけなんだから!」という言い訳
  • ネタ晴らしして金儲けをする手法にインスパイヤされ、敢えてネット上で自分をネタ晴らしして有名人を目指してみる魔物



スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、セブルス・スネイプは二重スパイであり裏切っていないことや、神聖ブリタニア帝国皇帝がギアス能力者であることや、スカルマンの肉体がBG総帥に流用されたことや、平沢憂が中野梓に対して抱いた第一印象は「ちっちゃくて可愛い子」だったことや、ドルアーガを倒さずにドルアーガの塔の60階に行くとZAPで1階に戻されてしまうことや、イリッチはマルコフの親友で敵側のスパイであることや、石原麗子は仙命樹であり第二次世界大戦中に強化兵を作ったことや、俺こそが伝説の怪物(I am Legend)だったことや、50億の民ごと怪魔界が滅びることや、ヴァニラとファングはグラン=パルスのルシであることや、カシムは詐欺師であることや、フィーナ・ファム・アーシュライトの母が探していたのはトランスポートシステムであることや、ローウィンはオーロラによって闇の世界シャドウムーアに変化することや、ポーラスターは未完成で後に『シュプール』に完成されることや、クリア・ノートは「シン・クリア」の術が破られるごとに完全体へ近づいていくことや、ウォルター・オディムは深紅の王の部下であることや、アンサイクロペディアウィキペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

関連項目[編集]


この項目「ネタバレ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)